LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


おもしろいなぁ〜♪


 良く眠ると心身ともに快調になることは間違いない。夕べ、あんなに早く、といっても10時近くに寝たのに起きたのが9:00、熟睡だ。今日の土曜日、ひょっとして昼から出掛ける破目になるかも知れぬと心つもりはしていたのだが幸いその必要がなくなり、静かに時間が流れる。あくせく動き回らなくとも、だんだんと時間を過ごせるようになってきたなぁと思う、一歩前進だ。

click

 深夜にスタンリー・キュブリックの映画「バリー・リンドン」が放映されるのを知り、めずらしく計画的に早い夕食をとり一度寝る。2時間ほど寝て、0:30から延々と3時間超のこの大作を目を凝らして観た、いくら受信税は払っているとはいえ、なんとなく申し訳ないような気もするね。映像、特に色彩の深みには感激してしまう、手間暇かけるとはこういうことだ。最近の映像はわざとなのか意地悪なのか暗く作りこむ手法が多くてかなわないから。
 たかみから見る18世紀のイングランドやヨーロッパの階級社会の風情は実に良いものが目に付く。あーいった環境から今の音楽が定まってきたことを、さもありなんと納得したり、つい200年前のことなのだと思ったり。
 そして、ヒロインのリンドン伯爵演じるマリサ・ベレンスンの美しさといったら例えようもないなぁ。
 お城の中で領主が支払の決済などのシゴトする場面があるのだが、拙者はつい、領地内の収穫や出荷業務に携わる下っ端のことを想像して見えないドラマを作りあげていることに最近気が付いた。いろいろな愉しみ方があるわけで、この受動的な娯楽のなんと楽しいことかと、最近はつと思う、なんといってもラクチンだ。

click

 TVのCMの悪口をさんざん言っておいてなんだが、あのインタバルがないということは放映前にトイレなど済ましておかなくてはいけない。

 どうやらシーリーズで連夜あるようなので、ここはひとつ調べて名作については視聴予定すべきかと考えた。30代とはずいぶん違う見方が出来るものだ。人類の文化遺産として残ると良いなぁとつくずく思う。

STOP_click そういえば今日、オリンピック見てない。明日、というかもう今日になる日曜日で終わりだ、閉会式は見てみよう。関東は雨模様だし。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月23日(土) No.1906 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen