LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


名峰。


 釣りが好きなこともあって海や川、湖と水辺であれば見境なく心安らぐお気楽な拙者は昔から孔子さまの言われる「知者楽水、仁者楽山」とそれに続く「知者動、仁者静。知者楽、仁者寿。」ってぇのが、うまいこと云うなぁと思いながらもその実、知者と仁者というのがどのようなしとなのかと長いあいだ考え続けてきたのだが、未だに確たる認識が出来ないでいる。おぼろげに感じるに知者については凡そ腑に落ちる感覚があるのだが、仁なるしというのが解らない。山、静、寿に例えられるのだからして多分調和のとれた穏やかな資質を持つ方なのかなと、しかし寿が長寿ということであれば予言というか仁者は長生きするよと言っているようで妙な感じなのだ。はたして孔子さまの説く仁徳は長寿のために必要だと言っているのか、それとも長寿が仁徳なのか、、ん〜、解らない。

 んなことグダグダ書いたのはハイビジョン映像番組で「日本の名峰」を見たせいだ。2006年に制作されたシリーズ全4巻、5日の深夜から再放送されている。実際の登山道をたどって頂上までの風景を空撮も交えて編集してあり居ながらにして山に行くような、横着な登山嫌いには嬉しい映像なのだ。

 山に親しむ人生というのはどんなかなと想像してみるのだが、どうもピンとこない、やはりこれは好きにならなければ分からないことなのだということは解る。それで現在、わが国でどれだけの登山愛好家が居るものかと調べたところ、いろいろな統計の出し方があって定かではないのだが2007年度でおよそ900万人の登山人口というデータが得られたが如何せん根拠があいまいで、他に一年間の延べ登山人口が4,500万人などという数字や団体所属会員数8万人などという数字もあった。感覚的には、きちんとした装備で登山をされる方は100万人に満たないようにも思うがどうなんだろう。そしてここ10年近く減少傾向にあるともいう、そういやぁ学校登山などもめっきり減っているのだろうな。
2008年08月05日(火) No.1873 (文化)
Trackback(0)

感心しない。


 今朝は5:30起床、早起きついでにブログ更新。昨日来のニュースで知るシナの西域での恐れていたテロ、痛ましいことだ。また昨日の北京の空模様、不気味にもやがかっていてなにやら不吉な感じだ。オリンピックは純粋にスポーツの頂点を楽しむものと大好きで期待が大きいのだが、なんとか無事に最後までもってほしい。

 先日、新内閣発足の際に総じて人品骨格卑しからずとまでは言わなかったものの、あまり悪口は叩かなかったのだが日曜日の報道番組などで見た新財務相となられた方の発言のいくつかが引っかかり、その割にはここ数年、あちこちと大臣を渡り歩いていることに関し、いかほどの能力の持ち主かと調べてみたところ過去問題発言として「お殿様は国民だ。国民が使っているものに年貢が追いつかない場合は、国民が年貢をもう少し増やすのは当たり前のことだ」というものがあって、税金を年貢に例える無教養さ加減もさることながらこの意味不明の物言いがどんな環境から生じるものかと興味湧いたのだが、やはり45歳くらいまで大蔵省におったのだねぇ。出自はというと京都の代々続く商人なのだという、妙に納得してどぉ〜するのと突っ込んでみるがなんとも空しいことだ。。。

 さて、雨の日は久し振り、手元にあるDVDはいずれも近未来を描いたSFアクションスペクタクル、気晴らしにもってこい、かどうかは解らない。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月05日(火) No.1872 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen