LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ん? 「無際限」って。


click
♪〜期せずしてヘルシィー朝食。と思う。

 ふとした拍子に「無際限」という語を見て、違和感を覚え調べてみた。もちろん、言わんとすることは解るのだが、吟味され、こなれた言葉ではないなぁと思い、どのような使われ方をしているものかネット上で検索したところ、得心のゆく文章には出会えなかった。際限という単語に「無」という接頭詞をつけ、間違いとは言い難いものの、文章そのものが貧弱に感じていただけない、まぁ個人的な受け止め方なのだが。この歳になって初めて目にする単語などあると、さすがビックリして、拙者は今はやりのオバカサンきゃらかと一応疑ってみるのだが、辞書にもないような単語を述べるときには余程注意深くしなければ目的から離れてゆく、新語・造語は自由だ、が左様に心得ようと。

 今朝は9:00起床、起きてしばらく日付を一日間違って14日だとばかり思っていて15日と気付き、ちとアワテル、いや別にたいしたこたぁないのだが、ぐふぅ。

 気を取り直し、午前中はキッチン回りの整理・整頓、普段ダラシナサ自慢しているが根はきれい好きなんだと思う、これは昔から変わらないことだが日々コツコツというのが出来ないのだよなぁ、こういうのはキレイ好きとは言えないか。
STOP 石原慎太郎さんのご著書のせいでもないが、時の移りゆく様を客観的にせよ主観的にせよ、しみじみと眺めうるのはしとのしとたる所以だとツクヅク感じているこの頃なのだが、50代後半に至るまでの壮年期にはあんまり深くは考えていなかったなぁと、これはおそらく大多数のしともそうだろうと憶測するのだが、若い時にそれを実感することははたして可能なのかと考えた時、いっひっひ、そりゃ無理というものだと、今にして不遜にも心の中に不思議な優越感のようなものがあることに気付いている。こんなとこを口に出さないのが行儀の良いこととは思うが、なぁ〜に、誰もが思うことだと想像しているのだが、若いころ対峙したたくさんの年長者にも尊大臭をぷんぷん撒き散らしている様な方とそうでもない方が居り、また自信ありげな方とそうでもない方混在していてそのどちらにせよ、その時々でこちらが良しとする内面の現れ方があるわけで、よくぞあれだけ突っかかっていたもんだと、こればかりは誰とも話すことなく、自分だけの基準があった。多くのメディアで拝見する群衆のみならず、文化人・知識人という方々、すべてにそれを見て取って見えるのだもの。それで、時にトンデモニンゲンとでも言うか、食品偽装なのでピックアップされる何人かには驚愕を禁じ得ないものがある。しかしあれは周りの方々も責任の一端があるのではとも思う、逆らえなかったという弱者を装う言い分に同情はしたくない。しかしマスコミはなぜか彼らも被害者として取り上げていることが多いのはなぜだろう。
 近代の企業倫理を考えるとき、ことさら経営陣にのみモラルを要求するのは時代錯誤だと思う、今日は辛口だ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月15日(火) No.1839 (ぶつぶつ独り言。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen