LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


初体験、かかり釣り。


click

 清水の次郎長で名高い静岡県静岡市清水、早朝5:30に予約しておいた「山本釣船店」に入る。後で調べたところ次郎長の生家のすぐそばだったのだ。道具は借りずに持参の旅行用のものを使うこととしたもののいくらなんでもビジネスシューズじゃあ様にならぬと長靴を借り、さっそくボートに乗り込む。二人乗りの小舟で十艘くらいを纏めてエンジンボートで曳航してポイントに行き一艘づつケーソンに係留してゆくのだ。2畳ほどの畳表敷きの座があるこの釣り舟にはお茶のお盆などもセットしてあって風情がいいなぁ、純和風ってなとこだ。途中、隣あった舟のお客さんからいろいろ情報をお聞きしていざ実釣開始。撒き餌となるダンゴはおからをベースに集魚剤や砂利を混ぜて適当なばらけ具合になるように煉るのだがその加減がどうやらミソらしい。釣り場所は「貯木場」と呼ばれる湾の奥まったほうで意外と水深が浅いと感じた、約5〜6mといったところ。チヌ針3号、ハリス1号で竿はだんご釣りのものとは違い太目なので遊動の沈み浮仕立てで投入を繰り返す。

click

といっても、穏やかな太陽のもと、まぁのんびりとしたもんで富士山を見ながら小道具の整理してみたり畳の上に寝転がったり、そうこうするうちにギュンッと竿先が引き込まれ待望の一匹が掛る。少しづつリールのドラッグを締めながら慎重に取り込んだのは35cmのチヌだ。うぅ〜ん♪、ラッキー。来たかいがあったと喜ぶ。お昼には注文してあったラーメンが到着し、その気になって追加の餌なども貰い午後に備える、が、その後はあたりもなく3時の終了を迎えた。船宿に戻るとさすが地元の釣友会メンバーか、5枚くらいも上げてるしともいたが、さすがだ。宿のおかみさんや船頭さんが、遠くから来たかいあってよかったねぇと喜色が心地よいものであった。いけすから出して絞め、内臓を出して持ち帰ることにし荷造りのあと車を呼ばずにぶらぶら歩いて東海道本線清水駅に向かった。けっこうな距離でこんなに歩いたのは久しぶりだ。

click

click


 「乗り換え検索」などで調べるとすべて一度静岡まで戻って新幹線に乗るようになっていて所要時間は横浜までで一時間半ほど、しかし時間もあることだしとあえて「鈍行列車」にと決め来た上り電車に乗り込む。さすが各駅停車で東京までのものはなく、途中、沼津、熱海と乗継横浜で夕食をとり家についたのがもう22:00を回っていた。とりあえず黒鯛を冷蔵庫に入れメールチェックもそこそこにバタンきゅーと横になる。

2008年03月22日(土) No.1623 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen