LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


アカデミー賞。


 あぁ〜、今日は一日中良い天気で湘南の海で遊ぼうとしていたのだが、なかなか起き上がれず昼ちかくまで布団の中にいた。特に疲れているというわけじゃぁないのに、まぁ誰に迷惑かけるでなしと自分に言い聞かせる。で、月に一回ペースの洗濯をと、思うにこのため込んでおいて洗うのはどうも衣類には良くないことのようで洗い上がりが芳しくなく2回洗ったりするものだから痛みが激しい。せめて週一回くらでローテーションを組まなくてはダメかもね。
 夜、偶然だが今年のアカデミー賞授賞式の総集編を見、助演女優賞に英国のティルダ・スウィントンが選ばれていて、拙者が大好きな女優さんなのでちょと嬉しかった。近年のアカデミー賞の音楽部門で良いものが無くつまんないのだがひょっとしてデジタルの進歩が本来人間の情感に訴える音楽そのものの質を落としているのかも知れないなぁなどと思ったりしている。天からの贈り物とさえ思える万人の心を揺り動かすようなメロディはやはり楽器演奏の修練の過程で培われる感性から生まれるのではないかと思っているのだが、いわゆる陳腐な旋律というのは作曲者本人が一番苦痛を感じ自己嫌悪に陥るものでそれが賞賛されたりすると罪悪感でいたたまれないだろうなぁと、あらぬ想像をたくましくしてしまった。特に映画は共同作業で時間の制約もあり優れた楽曲をなどというのは至難の技だろうと心痛む。
 ニュースで防衛省の全体会議というのか、錚々たる位の方々であろうみなさまのお顔を窺い見ることができた。いや〜、良い顔つきだわ、サムライ然としているとでも言おうか、きっと国民が誇れる軍隊になることだろうと期待してしまった。TV映像は恐ろしいものだと再三記事にも書いてきているが、特に国家の要を担うしとなどは顔で判断しても間違いないと思っている、別にイケメンでなくともね。今までチンケナ問題をおこした輩の顔つきを思い出すにその思いは強くなる、上は総理大臣から閣僚、各省庁幹部まで、品性は否応なしに顔に出る。

2008年03月08日(土) No.1601 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen