LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あと二日、今日は釣り納め。と、ならなかった一日。


 残すところ今日と明日の二日間になった。午前中は良い天気ということで早起きして釣り納めとしよう。
--------------------
 先日必要があって所謂「ブログ炎上」につき調べた際、あのパソコン通信以来の老舗でもあるN○ftyさんところのブログサービスで、信じられないページにアクセスしてしまった。

 なかなか表示しきれないのにいたたまれず、ページの詳細を見たところ5メガバイト以上の容量なのだ。5メガバイトのテキスト原稿というと、日本語で250万字、400字詰め原稿用紙に換算して3750x5/3=6250枚分に相当する。htmlページなのでたとえ半分はタグだとしても3000枚分も読む人などいるものか。
 まぁ、「炎上」しているページということだったのだがそのコメント書き込み量が5〜6000件にも及ぶらしいのだが、それを全て表示する仕様のようだ。

 動的なインターネットのページとしてこれは拙いでしょ。承知の上で放置しているのだとしたらこれは悪質なブラウザ・クラッシャーやウイルスにも匹敵する常識はずれの行いだと思った次第。
 「炎上」しているサイトなど、まず見にゆくことなどなかったのだが、今回ちと考えることがあって一箇所だけ覗きにいったのだが早々に退散である。かいま見た文章はいずれも然したるものでもなくまた標的となった元の文も到底論議の対象とは思えないものでもあったからだ。そんなことより、このページ容量の垂れ流しに驚いたということで、書き残しておこうと。

 今回、この「ブログ炎上」という現象になぜ興味を持ったかというと、希望的かつ肯定的思いとして、将来このような手軽な手段が時の権力に対する一揆のように機能することは無いものだろうかということなのだ。

 情報公開が体制を変えたという事実があるのだからまんざら夢物語ではない。今のところしょうもないゴシップや突出した有名人へのやっかみ半分みたいなものでしかないが、これが国の重要法案に対してであったりオチャメな議員やズルしていても槍玉にあがらない行政犯に対してであったりするなら民主主義の新たなる手法だ。衆愚とばかりあなどれないのだ、100万人の集会が大騒動になるのと同様、賛否両論でも100万件のブーイングがあればちっとは考えるのではないだろうか、というのは妄想に過ぎないか。

 あぁ〜、久々の天候読み違い、天気図からそれほど風は吹かないと見て海に行ったのだが国道から見えるのは吹雪のように舞いあが波のしぶき、こりゃだめだとそのままトンボ帰り。そのまま買出しに行ってきた。 昨夜考えていたことにお正月をどう過ごしてやろうかというで、どうやら最新の気圧配置が大荒れの様相で外出はあまり気乗りしない、一つひらめいたのがおせち料理を作ってやろうということ。おせちを食するのは長い間の習慣ということで出来合いのものをとも考えたがそれでは芸がないというものだ、なんで出来ないわけがあろうかと。 時間帯は午後2時前後だったがいつもより少し賑わっているいつものスーパー店内でメモに沿って買い物をする。出来合いの物は蒲鉾と伊達巻だけ、他はすべて素材だ。はたして上手く出来るのかはやってみてのお楽しみだ。それとついでに電子レンジも購入、昨日持っていかれたからだ、ぐふぅ〜。しかし改めて思うのは、拙者は買い物を楽しむという習慣がまるでないようだ。電化製品にせよ食材にせよほとんどあれこれ選ぶといったことがない、手にしたものを大抵そのままバケットに入れる。良いことなのか良くないのかは分からない。精神的には貧しいことのようにも思う。 
 なにはともあれ除夜の鐘がなるまでは大掃除とおせち料理に精を出すことにした。どこまで片付くかが自分の来年を占うような気もする。

2007年12月30日(日) No.1470 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen