LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ジャズ談義。


 今日は立冬ということだったが朝からカラッとしたまさに小春日和、昼から茅ヶ崎海岸へ出向き3時間ほどボラと戯れる。仕掛けと釣法がはまって良く掛かるのでいい運動になる。帰宅後、サーバー機のパケット・モニターをしてやろうと思ったところツールをすべて外していたことに気がつき改めてインストールする。Etherealも手軽なのだが拙者は昔からSapporoWorksさんのVISILが好きで、今回もそれを入れたのだがライセンスが有効だったのに感激してしまった。ずい分前にシェアウエアとしてわずか1,000円で購入したソフトだ。
XPはなんなく動いたがVistaはちょっと手間取った。どうやらWinPcapを動作させるのに権限の制約がきびしいようで、うまくマッチさせることでキャプチャーできるようになった、ふぅ〜♪


♪お店のほ〜むぺいじ

 そのあと、サイトのブログを見たところ昨日の記事に思いもかけず「KAMI」さんのコメントがあり、とてもうれしく拝見した。「KAMI」さんは埼玉県久喜市の『珈琲パウエル』の店主さんでジャズ鑑賞会なども精力的になされるそれこそジャズづくしのお方で、さすればこそ、その蘊蓄には拙者にとっても溜息が出るほど味わい深いものがあり、たまぁ〜にではあるが横から口を差しはさませていただいたりもする。我がサイトを立ち上げた頃にご訪問いただき、近くに行った時にはおいしいコーヒーを飲みに寄りますと言っていながら未だしなのが気にやまれる。

 ジャズに関するブログで拙者が良く訪問するのは4438milesさんの「Fのブルース」、dukeさんの「デューク・アドリブ帖」、Bassclefさんの「夢見るレコード」などなのだがどなたもジャズについては一家言あるくせもの(?)ぞろいで記事もさることながらコメントの応酬がじつに楽しいのだ。それにしても感心するのはホントに良く聴きこんでいるんだよなぁ〜♪

P.S----------------------
昨日の日記にはウソがあった。記事を修正しようかどうか迷ったが記録のためここに付け足しておくことに。

それは、
≪ 引っぱり出したジャケットのライナー・ノートに次なる一文があった。
曰く、
『これはブルースであり、ブルースとは何であるかという曲である。−−−つまり絶望した希望なのである。これはバドの感謝の念であり、バド自身がそう言うのをきけば、私たちは、バドとブッファマンに感謝しなければならぬ沢山のことがあることを思い知るのである。(デービッド・ホガース/訳・相澤史郎)』
うん、まさしく思い知る。≫

と云うくだり。

 言葉を良く知らない若かりし頃ならふんふんと耳に入る一文なのだが今ではごまかされない、はじめの一行だけで十分だ。以降の言葉はそれこそ取って附けたというか持って回った言い方とでもいうか意味の無い内容であるし、断定してはいけないことを言っている。天才の頭に感謝の念などというものがあるわけない、断言できる。創造する人間が聴き手に感謝することなどあり得ないことだし、そんなことを考える聴衆は傲慢に過ぎる。一日経ってあまりにも無難で当たり障りのない日記であることにやや腹を立て突っかかる、オサエテオサエテ。



2007年11月08日(木) No.1384 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen