LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


怯えてしまう。



今朝、ゆっくりと宿をチェックアウトして帰ってきたのが11時過ぎ、それから資料整理を少ししてメールチェックとサーバーの手動バックアップなどもしながら、歯科の予約治療の夕方まで過ごす。ここ数日、メールブロックを解除していたこともあり、昨日の朝、PC2台のウイルスチェックをかけて居たのだが4個のトロイが見つかっていて駆除に成功。動作の痕跡はなかったのでひと安心したが油断も隙もあらばこそだ。

そして夕方からは覚悟を決めての歯医者さん。怖いんだよね〜、あのキィ〜ンていう音。先週に続き歯の掃除ということで結構長い時間かけて歯垢をけずりとる。痛くはないのだがでもたまに瞬間的ではあるがピリッっと神経に触るような感じがなんとも恐ろしく目をしかめ続けているのだが、ふと思ったことに、洗浄水が飛び散るので顔にかぶせるマスク、あれはきっと歯医者さんが患者の表情を見ないようにする役目もきっとあるにちがいない。

click
♪〜画像は「素材屋じゅん」さんの背景用。

いつも拝見しているブログ「Fのブルース」、久々に更新された記事が秋色満色といった感じでおもわずうなってしまった。スタンダード曲の「枯葉」をキーワードに書かれていたが確かに「Autmun Leaves」と聞くと「枯葉」がまっ先に頭に浮かぶ。いろいろな辞書などでの訳例を見てもそんなのはほとんど無いから曲と原詩からつけた名邦題としかいいようもない。この曲が「紅葉(コウヨウ)」とかだとまるでピンとこないもの。

仏語の原詩から相当に感傷的に翻案されたという英語バージョンはジョニー・マーサーの手になる詩でこれが喝采を博し「枯葉」がグローバル・スタンダーード(?)になったといわれるほどの優れた歌詞だったわけだが、最後の方の一節、
♪〜But I miss you mast of all,darling,when Autumn leaves start to fall.
この「mast」が気になっていたのだが、落葉樹ブナ、ナラ、クリなのどの実の総称という意味と、日本語にもなっているマスト・帆柱の意味を重ねて使っていて、意味深なものになっているのだねぇ、アハハ。英詩にはこういったものが多い。

枯葉・・・やっぱさびしい感じのする単語だなぁ。歌詞にあるとおり枯葉とくりゃぁあとは落葉だもん。そして北風ひゅぅひゅぅ吹いてくる〜♪



2007年10月14日(日) No.1333 (ぶつぶつ独り言。)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen