LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


国語。


click

先日、とあるTV番組で著名な国語学者であられる方の講座を垣間見た。

それは日本語でいうところの比喩とか暗喩にあたるメタファに関しての話であったのだが聴き進むにつれ頭の中になにか解せぬものが湧きあがり近年の国語力低下はこのあたりに起因しているのではないかと思ったのだ。

メタファについての論文や解説や議論がたくさんあり、その概念からの切り込みが日本語からあってもおかしくはないのだが、日本語を教えるのに「メタファ」をことさらキーワードにすることの滑稽さに気がつかないのかというのが違和感のもとなのだ。アカデミズムの頂点がこんなんじゃぁ情けない。拙者は国粋主義者でも民族主義者でもないが、外国語を国語のキーワードとするような卑屈な状況はとても不愉快なだけなのだ。それでなくともマスコミに現れる我が国の政治家やアスリートのコメントの低級ぶりにやきもきしている矢先でもあって国語教育には文化的にも一本筋を通してほしいものだ。
メタファに合致する日本語がないのなら創りなさいよ、ホントに。
拙者が考えるに、「喩葉」なんてどうかなぁ、プッ。



2007年09月20日(木) No.1292 (文化)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen