LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日のお料理。


正確には昨日の夜、台所のラップに包まれていたキャベツを見て急に食べたくなった。生ではなく火の通ったやつををだ。そして閃いたことがある、それは素材があって調味料があれば別に名前のある料理などにこだわらず好きなように調理してもかまわないということをだ。
食したいと思ったのは油通しして少ししんなりなたキャベツ、早速作ってみた。温野菜を冷やしてドレッシングで頂くってぇのは良くつくってもらったが今回は思いつきで味付けしていった。キャベツだけじゃさびしいかと気が変わり玉ねぎもピーマンもパプリカもぶちこんでサラダ油とバターで炒め塩・胡椒を少しだけ加え、味噌仕立てにしいてみた。出来栄えはなんとなく中華風なのだがこれは違うだろうな。

click

このところ出来合いの中華料理の調合ソースとレシピで作る料理、美味しいのだが作る過程がつまんないのだ、やはり拙者は料理に向かないしとのようだ。飽食の時代に育った実に不埒な人間であると負い目すら感じてしまう。おそらく料理というものを生活の一部と考えていないのではないかと自問してしまう。時間が来たら食事などというのは脅迫感さえ覚えるというのがひょっとして人間失格?そこには世の健康志向に逆らって長生きしてやろうという天の邪鬼精神があってどうにも穏やかな爺さんになれそうもない。
2007年09月08日(土) No.1259 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen