LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ひたすら、書く。


今日が締め切りだったシゴトが終わらない、ぐひぃ〜、まいったなぁ。
ちょっと読みが甘かった、
きっと効率が落ちているんだ、
まっ、しょうがない。

延ばそう。

click



----------------------------------

click

どんより曇った日曜日、ぼぉ〜っとしてるとき、TVのドキュメンタリー番組で「水素立国・アイスランド」を見た。
太陽光発電>電気分解>水素燃料で現在個人・家族が必要とするエネルギーがまかなえるんだ。各段階での効率など詳しくは調べていないが今知っている限りの知識でも不可能でないのが判る。費用について思うに、30年間で支払う電気、ガス、ガソリンの代金の合計を考えると1,000万円くらいなら同じじゃぁないかな。発電のみについて言うと月500Kwh程度の容量をまかなうのに約350万円の装置で良い。あとはガス器具と車。わぁ〜、目からうろこだ。確かにハードウエアに関してはもうそれだけの性能のものを作る技術はある。
国家レベルで方向性を決めるかどうかがカギだな。100年先では手遅れだ。

そうなると炭火焼きの料理などは贅沢の極みとなってしまう、ぐふぅ。

想像するだけでも楽しいや。

一番のネックは巨大メジャーや電力会社やガス会社になるのかなぁ。これらが守旧にまわるのは現在の先進国と呼ばれる垂れ流し国家ばかりなのが問題だ。
まずは、ズルしてる今の公的機関をなんとか白日のもとに晒した後、全て水素燃料で法案など、いいと思うけどなぁ。




2007年06月10日(日) No.1099 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen