LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


コンピューター将棋。


今日も一日、工場での実験。切り上げたのは夜の8時過ぎ。
ホテルに帰って夕食後、部屋のTVでコンピューター将棋「ボナンザ」と渡辺竜王のガチンコ対決を途中から見た。いやぁ〜、面白かった。

ボナンザは一秒間に400万の局面を読んで有利か不利かを判断するのだという。

結果は竜王の勝ちであったが改めて習熟された人知の凄さを見た思いがする。

このボナンザの作者は特別に将棋に精通している人ではないらしいが計算機を動かすことで竜王と互角に近い勝負をしたわけで竜王が勝負の後いっていた「いやだけれどこれからはこういう勝負もせざるをえないでしょうね」というコメントが感じよかった。

しかし、チェスやオセロゲームなどと同様いずれ計算機の将棋が無敵になる可能性を感じたりもした。

思うにそうなったとしても「ああ、そう」というだけで棋士の対決がつまらなくなるわけでは無い。いうなれば列車や車と人が速度を競うような段階にはいるというだけだ。

2007年04月21日(土) No.1009 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen