LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


開眼?んなわけないけれど。


click
虫さんむしさん。

気温はあがらないものの、晴天続きで春という感じが脳裏にでんと居座る。どこもかしこも桜が満開で風に舞う桜吹雪が黄砂も温暖化もかき消す勢いだ。自分はこんなに不器用かとあきれけぇっていたコンデジの撮影なのだがここにきてようやくポイントが解ってきたようだ。要するにピントにつきるのだねぇ。今頃こんなこと言っているのが一本抜けている感じがして嬉しい。ちゃんとした映像を撮るしとはきちんとぶれないようにしてシャッターを押しているのだ。そもそも、シャッター速度が一秒近い露出で手持ちカメラがぶれないほうがおかしい。万一を期待したってそりゃぁ無理なことだ。あはは、、
だから、ぶれるような状態でシャッターを押すということが愚かなことなのだ、っということに思い至った。
しかし、そうとうな頑張りが必要なのだ。今日の接写画像、手持ちで太陽光なのでやっと写せたのだが、遠景の場合を考えると、カメラが1/100mm動くだけで写像のドットがいくつもづれてしまうわけだから精緻な映像など写せるわきゃぁない。例えば10m先の直系1cmの花びらを太陽光のもと1/1000秒のシャッター速度で写す場合、カメラが固定されているとしても花びらはゆらゆら動いているのが普通だ。その動く速度によってピンボケの度合いが計算できる、と新たな興味が湧いてきた。しょうがないしとではあるなぁ。
2007年04月05日(木) No.984 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen