LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


シャル・ウィー・ダンス


この一週間くらいTV中継されるシンクロとフィギュイアの世界大会を垣間見ていてそのトップクラスの演技の表現力には本当に圧倒される。
 これらの競技に共通する採点方法で優劣を競うという文化にとても違和感を覚えるのだ。スポーツはより早く、より高く、より強くということを競うものだと思っているせいだ。この競技でのプロ集団もあることはあるが決してメジャーなものではない。そうするとスポーツ競技として裾野を広げるしか手立てはないか。シンクロ・ソロのデデゥの演技などはとてもスポーツとして観戦するようなものでないと居心地が悪くなってしまうほどだ。

click

そして今日の地上波TV・日本テレビの特番「シャル・ウイー・ダンス」での杉本彩さんのルンバ。大人になった彼女には根強いファンが大勢いて実は拙者も大好きな女優の一人でもあるのだが、その生き様もさることながら表現力の豊かなことにはいつも驚かされる。アルゼンチンでの国際競技会にチャレンジしたわけだが惜しくも2位、銀メダル(?)だったのは残念。拙者の見た目ではダントツ優勝とおもったのだが。競技ではなく舞踊として見せてくれる彼女のタンゴは実に情感あふれる優れた表現だと思う。

click


というわけで、片付けがさっぱり進まない。

2007年03月25日(日) No.960 (メモ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen