LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ホントに桜が咲いている。


click

今日も少し風があるものの、日差しがいっぱいの良い天気。シゴトの合間にデジカメを取り出しあれこれやってみる。マニュアルでのフォーカスがなかなかスムースにゆかない。打合せ先のエントランス・ロビーで前からお気に入りの大きな水槽のネオンテトラなどパチリパチリと、

click


そして家の近くの桜並木ではもう、本当に桜の花が一部咲いていたのに驚く。2週間くらい早いんではないか、嬉しいけれど加速度的温暖化という言葉が頭をよぎる。杞憂であることを祈るのみだ。

click


帰宅してから画像を見ると案の定ほとんどピンボケであった。集中力のなさが如実に現われている。グヤジィ〜。

二週間ほど前からあれこれページで遊んでいるGoogleのAdSense広告スクリプトだがこれはGoogleのクローラーがページを正確に読み込んでくれないと当然ページにマッチするリンクが出ないようで、うまく行かないページはどうやらcgiなどでの動的なページとフレーム使用で読み込みに時間かかるぺージがそうなるようだ。それとどうもページの言語も関係するようだ。拙者のサイトはWindows環境にあわせShift-JISで統一していたのだがこの日記スクリプトはEUCということで同一サイトに言語が混在するというのは芳しくないということも感じられる。日本語と解釈してくれない場合もかなりある。さーって、どうしたものか。

----------------------------------------メモめもメモmemo
アクセスカウントの考察。
ホームページを始めた頃、ご多分に漏れずサイトへのアクセスカウントがとても気になったもので大袈裟に言うと毎日一喜一憂していた覚えがある。そしてその頃の常識としてはユニーク数こそ価値があり、同一人物が一定時間内に何回閲覧してもカウントはひとつ、また検索エンジンのアクセスは数に入れないなどということがまことしやかにもっともらしく吹聴されていたことを割りと真に受けて、拙者もそれは一つの統計として意味あることとは思っていたがページの人気(価値とは別にして)という観点からそれは違うとずーっと考えていた。ここ2〜3年、Googleの大躍進でページビューこそwebサイトの価値(人気?)をはかるバロメータなのだとなりつつあって我が意を得たりと一人喜んでいる。
考えてもみなさい、自分が興味あるサイトのページを詳しく見るときあちこち何回も同じページを見るわけだが、それと通りすがりでタイトルも見ず抜けていくビジターを同じ一回とカウントするのはどの様な意味があったのだろうかということ。いや、ユニーク数至上主義も否定するわけでは無いのですがね。
2007年03月09日(金) No.912 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen