LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


パーソナル・コンピュータ。


夕べから2時間ほどの仮眠のみでオフィスへ行き、最後の打ち合わせと確認をした。昼ころに我が長姉に連絡をとり晩御飯をいただきに行くこととなった。
ぐふぅ〜、遠慮のないこと。

その前に最後になる病院へゆき軟膏を少し処方して頂く。

長姉夫妻はもう70歳代の老夫婦といってもよいのだろうが、元気なんだよなぁ。札幌ドームの近くとあって、当初から日ハムのファンクラブに所属し笑っちゃうほど盛り上がっている。人の内面は見ることできないが傍目にもハッピーに見えるとこちらも楽しくなる。

しきりに、来い来いといっていた訳が実はあったのだ。それは、夕食を頂いた後、暮れに導入した光ブロードバンドのパソコンでメールの送受信がどうしても出来ないのだというではないか。購入してからもう3ヶ月以上経つ。

見ると、拙者などヨダレを流しそうなノートPCの最高級機。LANケーブルが繋がっていないので無線LAN?とたずねると違うという。実際は無線LANで、インターネットには接続設定がなされブラウジングは可能になっていた。OCNさんのサービスで全ての設定を係りの人がきて、2万円の支払いでやってもらったという。

早速outlookの設定を見てみるとプロバイダからの接続情報ではどうしてもメールサーバーにログイン出来ない。聞くとセットに来てくれた方に13桁の暗証番号を決めてくださいといわれ、作った番号を接続情報シートにメモしてあったがこれを何に使ったのか解らない。ひどいものだ。

結局、かのサービスマンはメールクライアントの設定をせず、シカトして引き上げたのだ。

こういった場面をもう何回も見ている。「出来ません」とか「お客様の機種が特殊で」とかウソばかり言って逃げるのだ。

大概そういう場合、当事者は己が理解できないのが悪いのだと引き下がる。そして、姉などは毎週、パソコン講座などに通ってインターネットの世界を少しでも体験したいという意欲にもえ、先生にこの3ヶ月間、どうしてメールがつながらないのか質問をなんべんもして、そのメモを見るだに腹立たしさが沸きおこり、IT関係の人種の平均的無責任さ、軽薄さに残念な思いが拭いきれない。恥を知れということ。現場で出来ない場合、プロバイダに問い合わせればまず100%解決することなのだ。それでこそお金を得られる訳でしょ。設定できなきゃ返金しなさいよ。プロバイダの社会的責任の志の低さも大いに影響しているなぁ。

拙者はモチロン仕組みを知っているからインターネットに繋がっていればメーラーのアカウント設定など、なんでもないことではあるが、それは決して一般的な知識とは別物だと思っている。

それにしてもF社のFMVノートPC、いいよなぁ。しかし、例によって使う可能性のないソフトとサービスが気持ちわるくなるほど走っていて、のったりと画面表示がされるひどい状態で設置されていた。F社もN社ももうイイカゲン方向転換すべきでないのかなぁ。過剰サービスで高額なものをユーザーの信頼をよいことにいつまでも売りつけるもんじゃない。
2007年02月23日(金) No.880 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen