LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


BabyMaker


引きこもってシゴトなぞしているとろくでもないことに考えが及ぶ。先般の柳沢厚生労働大臣の「子供を生む機械うんぬん」発言、当初、あぁ〜バカなことをいってしまってと嘆いたものだが、昨今の報道番組などで散見する女性議員やぬえのような批評家連中の話を聞いているうちに俄然反発心が起き、彼を援護しようと考えた。確かに人を機械に例えるのは見識のある人のすることではない。しかし例えとしては良い使い方もなきにしもあらずで、機械のように正確だなどとはよくゆう。そして人間に限らず生物には種の存続ということが愚かしい思想や能書きとはまるで別な次元での大命題なのであって、少しばかりの知恵をつけた人があーだこーだ云えることではない。そして人間には男と女という性別が厳としてあり、出産は女性にしかなし得ないということは誰が決めたわけでもない自然の摂理というものだ。女が子供を生む機械というなら男は原料をセットする機械だ。解りやすい説明かと思ったというのがやや滑稽なだけで大上段に「出産を機械的生産と同列に捉えておる」などというのは被害妄想風でいただけない。原始女性は太陽だった。菩薩であったり母親であったり、男が羽目はづそうが間違えようが母なる女性は許してくれたもんだがねえ〜。えっ、アマイ、ってか。やだね、あげあしとり。
2007年02月12日(月) No.864 (雑感)
Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen