LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ドリーム・ガールズ


click
  >>>Youtubeへ(メンバー専用です)

ドリーム・ワークス。
てっきり公開済んでいると思っていた映画だったのだが、機内で読んだ週間誌の映画コラムに批評が掲載されていて、エッという感じで調べるとどうやらのの2月に日本で封切りだという。そのコラムでも詳しく賞賛していたのだがこの予告編見るだけでも十分に伝わる。あのシュープリームスやダイアナ・ロスにぞっこんだった人には絶対受けること間違いない作品だ。サウンドがいい、役者さんもヒップ感満点、ストーリーのテンポが抜群に良いのだ。アメリカン・ミュージカルの底力なのだろうなぁ、これぞエンターテインメント。

今日は嬉しいことがあった。30年前の音楽仲間の笛の名人「横田」さんから電話があったという。あいにく拙者は八王子方面に出かけていて受けられず帰宅してから電話帳をめくり早速コール。懐かしい元気な声が聴こえてきた。話すことしばし、話題は当サイトにアップした「分水嶺」なるアルバムの音源のこと、かれももう手元に無いのだという。そして彼のファン(横田さんは音楽のプロなのです)から購入したいという要望があったのだというではないか。
さっそくCDに焼いて送ると約束した。横田さんのフルート演奏は杓子定規の洋楽演奏とはまるで違う、日本古来の情感、フィーリングが根底に流れていて聴く人にドキリとさせるものがある。あの永六輔さんも絶賛するほどのといえば解りやすいかと思うのだが、多分霞みを食らって生きていると思われるほど欲がない仙人のようなしとなのだ。春にはコンサートも予定されていると聞いた。逢おうと思えばいつでも可能なのだが拙者にとっては頻繁に会うわけには行かない極めてナイーブな問題を抱えているのだ。それは言葉であらわせない極端に精神的なフェンスとしかいいようがない。
参照音源

2007年01月31日(水) No.811 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen