LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あはっつ!


夕べはバタンキュー〜っと寝てしまい、今朝6:00前に起床、いやはや熟睡というか昏睡というかやはりほどほどに疲労するのが正しい人間なのだとつまんないことを思った。

拙者の場合、幸いというか普通というのか、シゴトからみでは社会全般と関わらざるを得ずそのため自分の好きな様には全部立ち行かない部分があり、其の分汗をかくということなのだろうね。・・・すると良く眠れる訳だ。

世に引きこもりとかいう言葉が氾濫したり古くはネット中毒などという状態は当人にとっては100%イッショウケンメイなんだと思う。でも自分だけの世界は無意識に自己規制していて生物的な疲れはないんだろうなぁ。不眠というのはそういう仕組みでないかなと。

休日なのに早起きしたので修理できたノートPCのセットアップしながらのんびりとサーフィン。旧聞になるかも知れぬが、とあるブログでこんな記事を見つけた。

---------------------------------------------------
【労働者へ果たし状】人材派遣ザ・アールの奥谷禮子社長、「過労死は自己管理の問題」と労働者批判 労基署は不要とも 。
---------------------------------------------------
ホワイトカラー労働者の時間規制撤廃に関連しての話しと思うがこれに対するコメント、書き込みもたくさん見た。みなさん怒っていたネ。正論だと弁護する意見もかなりあったがそれはやはり「出来る」人達だ。

拙者はここ数年の女性の社会進出やパッツと見渡して若い人材に男性以上の
能力を持って行動・発言する人を大勢みている。おお、我が国の文明も少しずつ進歩しているのだと喜んでいるのだがこの発言は彼女の携わっている商売でのトップが口に出してはいけないことなのだ。あぁ〜、古来女が力を持つとき国は滅ぶといわれ続けたのはこういうことなのかなぁ。

これが何かを生産したり作り出している企業のトップならまだ可愛げがあるのだが、「人材派遣」という困っている人の間を仲介して便宜を図るという商いをしている者なのだよ。物品を仲介して利を得るという商の正当化には便宜を図ったお礼を頂戴するということなのであくまでも腰を低く分をわきまえなければ社会の害毒となることは人類の長い経験で知っているはずなのに。ましてその扱うモノが人なのだ。酷な言い方をするとその延長には人身売買があるのだよ。まぁ、卑屈になることもないがひっそりと行動するとか、大通りを偉そうに歩いてはまずいや。名コラムリストの故山本七平さんの言では「お天道様の下」を歩いてはいけないのだ。

もうひとつ気になったのは人生をボクシングに例えて話している部分。アスリートの勝敗やチャンピオンになるということは一種、芸能の世界なのであって人の一生に比べるものではないだろうと。

額に汗するような労働を無碍にしてはいかんのだ。我が国の歴代の天皇や名君を見なさい、「労働は貴い」ということを大衆にアピールし続けその個人差などは口にしないのだ。それは偽善ということでなくそのほうが「良い」から。

かくゆう自分はグウタラとはいえ面白いと思えば労働時間とか気にもしたことがないので、それがシゴトで死んじゃったら「過労死」だと思われるのかも。

おー、長い日記になったこと。まだ朝なのに。。。
------------------------------------------------
というわけで、今日は久々にPC遊び、サーバーのリモート制御に挑戦した。
昔、確かcossetion32などというソフトがあったと思うがwindows になってからのmmcコンソールなど、まるで使っていなかったのでいろいろ解らないことが多い。あとlinuxでのリモートwindows操作なども感激したものだが今ほど速度が出ていない時代だったのですぐあきらめた。あれこれやっているうちにヒョイとリモートのPC画面が出て、なるほどと納得。そして現在運用中のBJD簡易サーバーのリモート制御。これは随分前にも実行していたのでバージョンが変わってはいるものの、なんとかクリア。このリモート制御を半端な知識で稼動させることには極めて危険な感じがしていて使っていなかったわけだが、特定アドレス、ポート、ID、Passという具合に関門を多くして繋ぐ分には絶対とはいえないが、そこそこ大丈夫ではないかと思い始めたからだ。安全に使えればこんな便利なことはない。これらネットワーク〜アプリケーションの技術・手法の奥深さ、広大さというのは際限のないようにも感じる。


2007年01月13日(土) No.762 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen