LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ビック・ディッケンソン〜♪Trb


今日は年の瀬も押し迫り溜まっているシゴトを少しでもやっつけようと午後から出社する覚悟をしていたのに、まっ、明日でもいっか、と休みを決め込む。

毎週日曜日にきっちりと更新を続けておられる北の大地の「超絶変態ジャズマニア」(本人いわく)であられますところの「duke」さんブログでなつかしやVic Dickensonさんのアルバムがとりあげられていた。トロンボーンは地味な楽器といえるがその音色や奏法に魅せられるとたまらないものがあって、それに気付いた人にとってはある意味密やかな楽しみとなる。拙者もそのくちではあるが神様J.J.ジョンソン以前のプレイヤーは各人じつに味のある演奏を残してくれていてそれぞれにディキシー〜スイング〜モダンジャズと解りやすいのだ。そういえば数日前には火の国熊本の「なんちゃってピアニスト」さんもなぜかジャック・ティーガーデンなどという名人をとりあげていて真鍮楽器フリークとして俄然うれしくなったのである。Trbってのは金ぴかの割に極めてシンプルで原始的構造をしていてその演奏者はなぜか皆控えめで表に出ず、ジャズバンドでは圧倒的に作・編曲や指揮などの裏方作業をする人が多いという妙なポジションなのだ。
アル・グレイ、トミー・ドシー、ベニー・グリーン、ケイ・ウインディング、アービー・グリーン、ジュリアン・プリースター、カーティス・フラー、ボブ・ブルックメイヤー、などなど新旧とりまぜてつい聴き耳をたててしまう。
ケントン楽団で朗々とソロをとっていたミルト・バーンハートさんなどは拙者が心底憧れた音色であったなぁ。
例のYoutube映像、大画面での視聴方法が解ったので紹介してみる。
こちら。ビリー・ホリディと美空ひばりさんてのはこんなに似通っていたんだ。おどろいたなぁ〜。各人のアドリブを見る目の優しさったらないねっ。

2006年12月17日(日) No.703 (ジャズ)
Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen