LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


よくぞ取材された、現実を見てしまった。


今日は丸一日休もうと決めていたので日がな一日ゴロゴロ。
昼過ぎに報道特集のようなTV番組で続発する幼児虐待に関するドキュメンタリー映像が流れていて、想像はしていたもののあまりの現実に空恐ろしくなってしまった。

特に本人の許可を得ての家庭内の24時間監視カメラでの映像。その若い母親の行動は本人の自覚や意見はともかく、麻薬中毒の人同様、悲惨なものであった。我が子である三歳足らずの姉妹とまともにコミュニケーションがとれずなにやらパソコン(ブログ?)に夢中になっている様子がありありと映し出されている。
インタビューでのコメントなどではごく普通の知能は持っているような会話である。拙者も趣味・道楽のたぐいに没頭する性質でもあるので偉そうなことはいえないが、それでも最低限の普遍的な倫理観の範囲にあると思っている。

確かに先進のIT技術やインターネットは面白く感じる人にとってはかけがいのないオモチャではあるけれど子供を育てることと比較した時には唾棄して当然なくらい下らぬことだと正常な人は考える。ジャンキーとは良くいったもので当人が思い込むような生産的なことはなにもしてないのだ。

ブログやホームペイジは確かに面白いことでもあるけど、サラッと遊んでいないとこのような中毒患者は必ず出てくる。麻薬同様小児期からの教育・指導が必要な時代であると痛感した。

そして、例によって行政の怠慢、というより拙者に言わせると「犯罪」。
せっかくの「幼児虐待法案」が出来て、なにこれは。

立派な建物(税金)や役人(税金)が整っているのにその言い訳のチンプンカンプンさといったら酷すぎる。責任という言葉を知らないとしか思えない。当然「恥」などという言葉も。まっとう出来ない仕事なのだからヤメロよと云いたい。明らかに民事で訴えられれば有罪となる状態だが当人はたいして負担なしでまた税金が使われるだけという仕組み。殺人に関与してこれはない、刑事罰があって当然なのだが。信賞必罰こそ公平な世の中なのに。

どうにもこうにも嫌なものを見てしまって気分は最悪なのだがこれが今の世の現実なのだねぇ。我が社でも残念ながら少しだけPCに達者な人ほど生産性に欠けるきらいがある。目的と手段の優先順位につきるのだが、例えていえば刃を研ぐのが上手なだけでカンナ掛けの下手な大工さんみたいな、プッツ。

気分をかえてクリスマスだ〜い♪
出典は[www.animaatjes.com]さん

2006年12月16日(土) No.700 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen