LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


英語教育。


今朝は7:00起床で出発はやや遅めの8:30過ぎ。今週は本業がらみで少しだけ気合をいれてやろうとしていることがあり、あらぶる闘争心がむくむくと頭を持ち上げて、んなわけないか。(シコシダケホント)

朝のラジオ・ニュースで小学校での英語教育をどったらこったらと、まだこんなことを論議していたのだ。言いだしっぺは誰なんだろう。

言葉は精神そのものなのだ。今の小中学生に満足な言葉が教えられていると、だれが思うのか。単純に順番の問題で言葉知らずが外国語をしゃべってなんの意味があるのか不思議でしょうがない。

もうひとつ、「住基ネットから個人情報を削除せよ」という訴訟の判決。そもそも原告は国家における「戸籍法」を否定しての訴えなのだろうかと疑問を持ったのだ。住基ネットの個人情報などそれほど重要なデータがあるとは考えにくいし、システムの欠陥から情報が漏洩する恐れがあるという論点からだと、現行の紙データの帳票でもそれ以上に漏洩しているわけであるし、良く解らん。拙者も過激なオープン化思想に燃えてはいるものの「戸籍」や「住民票」が国の骨格をささえる基礎データであろうとは容易に想像がつくし、これらを否定したとたんにアナーキーな無国籍者となる感じがしている。また、そういう人は裁判などに救いを求めないだろうとも思うのだが。

click

国民総背番号制度がどうのこうのといった話をあまり聞かなくなったが、これも単に事務処理の円滑かつ国民サービスの一元化ということでは必然だと思っていたが、そう考えない人も大勢いたようで不思議である。例えは良くないがインターネットの世界ではそれこそIPv6に移行して総背番号が実現しつつあるというのに。なんせ今の世で「人権論者」ほど理解不能な集団はない。確かに男女平等や差別撤廃の牽引力となっていた事実は認めるのだが、そうとうな部分でそれが実現したあとも無理筋を通そうとしているのがおかしいのだ。結果、あほなジェンダー・フリー論や逆差別を創出してしまっている。繁華街の監視カメラのほうがよほど人権侵害にも思えるが、それで確実に犯罪が減少しているというのがちょっとくやしいやね。

自由に生きようとするのもなかなかにシンドイわ。

P.S
ついでにもうひとつ毒づいておこうっと。それはやや旧聞になるが都知事の海外出張での宿泊費。くさっても一千万メガロポリスの首長だぜ。拙者は威張れるくらいのビンボウ人ではあるが我が首都の長に外国でもどこでも一般客室には泊まってもらいたくはないがねぇ。一泊48,000円はねぇだろう。この突っ込みをいれた都議会議員の歳費のほうがもったいないなと感じた。

わー、止まらない。もひとつ、「匿名掲示板の是非」なんてのも以前からとり沙汰されていたのだが、これだけ迷惑をこうむっている拙者ですら「今のままで良いんじゃない」と思っている。匿名でなければ発言できないことも多いのだしその手段があるということは百害あっても貴重で重要なことだと思うのだ。かの巨大掲示板「なんとかチャンネル」にしても千にひとつくらいの貴重な情報が出てくる。悪用を減らす努力としないマナーは少しずつでいいじゃないか。交差点の信号だって無条件に守った方が事故を無くせると皆が思うまでには相当な時間がかかっている。

言論や表現の規制は全て文明の退化になるということを散々見てきているではないか。





2006年12月11日(月) No.693 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen