LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


思考停止。


雨の休日、ひがな一日、今世界はどうなんだろうと久々のwebリサーチ。
10年ほど前ならmsnやyahooの掲示板などのぞいて見たのだが今回は
『Youtube』にしぼってお国柄のチェックである。
世界中からの投稿映像がありなかなか面白い。

そして思ったこと。それはかの中国という国。叡智ということでは尊敬して止まぬお国ではあるのだが、エンターティンメント、芸能・芸術という面では民衆の思考力はもはや完全に停止してしまっているのではないだろうかと思うことしきりなのである。やはり抑圧された期間がある年数以上になるとその民族、国民の自由な精神の発露は無くなるのではないのだろうか。

click


舞踊劇や最新のCG、アニメなどどれを見ても陳腐の一言につきる。ある程度の比率、確率で優れた創作品が出現すると考えるとき、あきらかに共産主義や軍事政権国家ではそれが出てこない。そういう時代が50年以上続くと遊び心などというのは消滅するのではないだろうか。

おなじアジアでも我が国は幸運にも連綿とその遊びを奇特なものとして規制と緩和がうまいぐあいに繰り返されてきた。

all denialで一部恣意的に許すというのは文化を後退させる。こういったことを熱く語る政治家が出てほしいものだ。


click

「Fのブルース」ブログ。ここはモダンジャズをこよなく愛する4438milesさんが当初は「ブログ小説」と銘うってはじめられたものだが、合間にジャズはもとより舞踊、絵画から文芸全般にわたりピリッとしたエッセイもちりばめるようになり世代も近いせいで共感することも多く、しばしばおじゃましてひょっとすると「常連」となっているのだが、このところの更新のさかんなところで名だたるジャズキチの皆様がおいでになっており、その博識や傾倒ぶりに圧倒されっぱなしなのであるが、先だってはあの「白洲次郎」さんに叱られたことがあるなどと聞いてビックリしてしまった。なるほど、趣味が良いわけだと納得。「DUKE」さんや「KAMI」さん、「BASSCLIF」さんや「25-25」さんなど本当に皆さんジャズのことを熱っぽく語ります。ジャズ好きな方、一度いらしてはいかが。
2006年11月23日(木) No.659 (文化)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen