LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


セキュリティ・リスク。


今日は普通に6:30起床、7:30出発、社へ。このところの景気の持ち直し感が少し現れだしているのか皆忙しい、人手も足りない。取引先の保険会社から個人保護法に基づくセキュリティ・リスク・チェック・アンケートなるものが回ってきた。それに基づき診断とアドバイスをしてくれるというのだ。

ぎょえぇ〜〜っ、といったところだ。利便性を第一に考え、電子化データは全てオープン、取られようが改竄されようがかまわないと割り切り、ずぶずぶのイントラネットなのだ。各人のPCもメディアも繋ぎたいほうだい、注意事項は伝えてあるものの、今頃、漏洩がどうしたって感じ。

外部からは一応ルーターで遮断しているのでファイヤウオールは個々の端末に好きにさせている。ウイルスソフトも同じ。

念のため、取り掛かっている仕事を中断し、主なPCに置かれている電子データの内容を口頭尋問、プッツ。

経理、技術部門では特に問題あるデータないのだが客先からお預かりしたような設計図面類の漏洩は好ましくないな。

庶務部門での社員名簿や協力会社情報は個人情報の再たるものなのだが年中外部に提出したりもするデータである意味公開されていると言っても良いものだ。こんなものハッキングなどで探られたとしても、電話帳で番号を知られるのと同じことなのだ。まっ、電話帳には家族構成までは載ってないけど。

一番やっかいになりそうなのが、守秘義務を負ったデータの扱いになるのだが
今の利便性と守秘の重さのくらべっこになる。暗号化についても同じで、拙者の基本思想としてネットワークは完全にオープン、性善説を前提に利便性を考え、悪意あるなにがしかにはそのリスクを全面的に受け取ってやろうという、ゆるゆるの考えなのである。

あとは不正中継基地にさえならなければ良いとパケット監視をしている。

なにせ、世の皆様は情報漏えいがどうのこうので、シゴトとはいえ、実に不便な端末を使われている。時速40km/hでロックする車を与えられているようだ。

孫さんはカックイね。そもそも通話料金は高すぎる、バッカみたい。基本料金で十分やれるだろうに。まあ、払えるしとがいるのだからイイケドネ。


2006年10月24日(火) No.567 (メモ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen