LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


オン・グリーン・ドリフィン・ストリート


click

この曲、アップしてから妙にこれが主題歌として使われた映画「大地は怒る」という作品が気になりあちこち調べるも、1947年度米国映画興行成績大10位ということと、製作スタッフ、出演者のこと以外に物語は英仏海峡に面した英国の小さな港町での恋物語としか分からない。この曲の演奏ではエバンス、マイルス、ロリンズ、ピーターソン、そしてドルフィーやJJ,ポール・スミス他たくさん残されていてそれぞれの演奏に物語性を強く感じるのは自分だけではないとおもうのですが、原作を読んでみたい衝動にかられています。
今のところ分かった内容は街中の「グリーン・ドルフィン通」で芽生えた恋物語で、最後のほうで大地震が起きて。。。ということまで。うぅーん、気になる。どなたか原作本のあるところ教えて。
2006年03月13日(月) No.31 (ジャズ)
Comment(3) Trackback(0)

日本のジャズも健在。


管理人の見聞の狭さで、トップページにSJ誌のPRを載せてはいるけれどこの20年間で2回くらいしか購読していないし、近年のジャズ・シーンについてはさっぱりなのですが、ブログでブックマークしている「土屋賢二」さんの掲示板で紹介されていた「音遊人」のライブ映像をみてとても感心したので紹介します。土屋賢二先生はご自身でもジャズピアノをよくされているのですが、自作を「プロ・ミュージシャン」と一緒に演奏された時の様子なのですが、ご自身おっしゃっているように「プロとは凄いものだ」というコメントがしみじみと伝わる演奏です。ちなみにメンバーは土屋先生に加え

click


中川英二郎 : Trombone
クリヤマコト : Piano
納 浩一 : Bass
岩瀬立飛 : Drums
エリック宮城 : Trumpet
つづらのあつし : Saxophone といった方々です。


このメンバーの演奏も素晴らしいがシャイな土屋先生が演奏するブルースの好感度といったら、言いようもないのです。画像は中川英二郎さんのCDアルバム。
2006年03月13日(月) No.30 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen