LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


昨今.....


 あの偽作曲家といい細胞実験屋いい、ここんのとこ本当に「知」の分野で周辺を含めて、不祥事が相つづくが、心が安まる暇もない感じだ。

 記者の面前で昔あった体験談でよよと泣き崩れる様子が報じられると言ったことは少なくてもドクター階級じゃないわなぁ。

 腐った徒花は摘み取るが良いのは兎も角、茎も根も信賞必罰、許して置くことは人類の前進にとって極めて有害だ。偽作曲家の話はさておいてなんでこの手の○○がアカデミックの世界に棲息しているのかが問題でしょう。


2014年03月16日(日) No.4378 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

やっぱ、可笑しいよね!


 今日のニュースで2020年の東京五輪が決定したことを受けてツイッターの非難の声がハンパない。ふぅーん、僕がほとんどの場合、少数意見だと思ったけれども、そんなこたぁないね。ネットの世論は選挙統計をみるまでもなくタコなんだよなぁ〜(^^;; 全然変わんないや。

 そりゃ〜、あえて少数意見を聞きたくてフォロー、フォロワーの数を絞っていることは有るにせよだ。スマホ時代になって全世界での文化の同時性っていうか、わぃわぃ文化は国を二分しちゃう、.....が、日本はそんなことはないよね。
2013年09月08日(日) No.4265 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

ついに動き出した。


 35の首長が賛同して孫さんの提唱するメガ・ソーラ電力が始まった。まだまだ旧守の制度に縛られたオバカさんの頭に依存せねばならないが、まぁ750人にも及ぶ国会議員さんはホントひどいは。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年07月13日(水) No.3851 (今日のニュースから)
Comment(4) Trackback(0)

二番手。


 夜更かしのせいで今日は朝寝坊の自堕落な一日、日も差して良い天気ながらまだまだ空気は冷たい。こんな日に見るニュースはどれも滑稽に見えて野次馬的には突っ込み所満載といった按配になる、いい気なもんだと思うが今更だ。

 もう終わっている自民党から飛び出した鳩弟、相変わらずだなぁと見ているのだが、なになに、あの外添さんとは赤門の同級生だったんだ。今拝見してもお二方とも負けん気が旺盛だったようで努力家でもあったようだが結局トップじゃなかったらしい。芸事やスポーツでもどうしてもトップになれないというしとは居るもんでだからといって咎める筋合いの事でもないのだが、平凡ということに想い至らなくちゃぁ滑稽なだけだ。

 あれだけ優秀なしとが在籍する霞が関の官吏、使命感や責任感の欠如からか個々の持てる能力の5%程度しか発揮していないと言ってる方がいた。腐った組織はリセットしなきゃダメだとつくずく思うのだが、地方はもっとひどいかも。斬新な市長の出現での名古屋市議会の様子など見るとどこが恥の文化かと情けないねぇ、なにが市民のためだというのかフザケテル。STOP
今日のアクアリウム。

photo




web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年03月17日(水) No.3250 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

やはり書かずにおれない。


 昨日の国会での施政方針演説の喧しくもイギタナイ野次の洪水、情けないったらありゃしないね。民放TVの映像で数人の議員の顔が確認できたがいずれも野次馬というにふさわしい品性をさらけ出す方々ではあった。なるほど、職業別で国会議員の犯罪率がずば抜けて高いのはこういう事ではあるなぁ。そしてこれだけ無意味な野次を大声で叫ぶことを恥ずかしいと思わぬような人間性の持ち主が、選ばれてこの言論の府に送り込まれているという現実はなんとも悲しいものだ。
 どこかのメディアで、この恥っさらしをクローズアップしてドキュメント仕立てで公開してくれないかなぁ。下手な野次打ちゃ落選するとでも思い知らさなきゃ治りそうにもないからね。
 品性を求められるのはなにも横綱ばかりじゃない。STOP
【ジンクスに挑戦】
 今日は満月、よって汐回りは大潮でしかもブルームーンと称して一月の内に二度目に訪れる満月でラッキーな日なのだ。天気は晴れ、風もないとのことで大潮回りの南伊勢ではちっとも釣れないというジンクスを破るべく神前浦・吉津漁港に向かった。もちろん、弟と一緒だ。

 朝5時半に出発、ゆっくり走り着いたのは8時頃か、汐は下げ3分といったところ、気温は7℃もあり無風状態で日差しが暖かい。赤堤防のいつもの場所に釣り座を構え、早速支度にかかるも昨日用意していたらしい弟はすぐに竿を出していて次々と木っ端グレを掛けている。いままでの磯のグレ釣り仕掛けから細い仕掛けに変えたとあって上手に当たりを取っているのだ。

 こちらは一から仕掛け作り、15尺の1.5号竿のスピニングリールに巻いてある2.5号の道糸を20メートルほど解き、0.8号の道糸を50メートル足して0.5号中錘の遊動浮き仕掛け、ハリはグレ7号でハリス0.8号、ハリ上8cmのカミツブシを付けたもの。アミエビのSサイズの半分をハリに付けふたヒロから釣り始めた。

 普通、グレは撒き餌にパッと湧きあがるように群がるのだが、今日は一定の所にタムロする感じで、撒き餌には付き合い程度に寄ってくる感じだ。しかしそこは研究のセイカで手を変え品を変えて絶え間なく釣りあげることが出来たのだ。手の平大に混じって20cmクラスのも竿を引き込み、なかなかに楽しめた。

 午後3時頃から底のほうにやや良型の姿がちらほら見えるのでタナを底すれすれにして投げると23cmから25cmのグレが連続で4枚も掛る。その時にはハリスを0.6号まで落としてあったこともありスリル満点、大潮でも釣れるじゃんと顔を見合す。日が陰る頃までやっていて大きな活かしバケツが一杯になるほども釣れた。弟の友達にあげるといっていたので大き目なものを6枚残し他は放流。弟はスカリに入れたものをそっくり渡すのだとビニール袋に入れる、なかなかに大漁だったようだ。

 暗くなって帰路についたのだが見事な満月、ただブルームーンといっても今日のお月さまは少しオレンジがかったイエロームーンといったところ。低い位置にあって大気の状態によるのだろう。と、ここまで書いてブルームーンといやぁジャズの話だろうと思いながら、もう眠い。

web拍手_履歴




2010年01月30日(土) No.3138 (今日のニュースから)
Comment(2) Trackback(0)

いろいろ意見は聞こえるが・・・


 今朝は8時起床、外は冷たい秋雨だ。今週はどうやら引きこもって居なさいということらしい。五日目になるのかな、政府の事業仕分け中継の音声を流しながらいろいろな思いが頭を巡る。

 席に連なる方々はいずれも錚々たる学識なり見識の持ち主であるはずだが、際立って守る側の論調には道を踏み外した論理の破綻があり半世紀の間にこれほど官吏の水準が低下してしまったのかとあきれるばかりだ。雨後のたけのこのごとく増殖させた独立法人や振興財団、コッソリ蓄財に精を出していた財務省、ひどいもんだ。いっそ全部廃止して意義ある事業には直接予算を回す方法を工夫すりゃぁいいのにと、血税を食いつぶしてきた罰としては全員解雇し、ハローワークで職探ししてもらったほうがいいな。

 既得権益を守ろうとする地方自治体の首長連中も自民党議員同様、ひどい論理を展開しているのにはがっかりだ。性急に過ぎるという言い分はどういうことなんだろう、改めるに早くていけないことがあるもんか。

【奇妙な時効論議】
 事業仕分けではないが司法に関する議論で現在の時効制度の是非を問うものがあったが、我が国の最高裁が突出して道理から遊離しているのかと思っていたら日本弁護士会もずい分ずれた話をするものだとがっかりだ。現在の時効制度の合理的な意味合いをまともな論理で討論できないというのはどういうことなのか、まるで三百代言丸出しだ。

【米国のエスタブリッシュメント】
 我がニッポンのエスタブリッシュも相当にチープな精神構造になっていると日々明らかになっているのだが、ニュースで見た米国の報道で「大統領のお辞儀が丁重に過ぎるのではないか」という論調。ほんの一部かも知れぬが有力紙の記者でさえこんなあほな感想を持つというのが歯がゆいことだ。世界をリードしようって国ならもっと勉強して文明や文化に思いを寄せろよと腹立たしくもある。だいたいがあのウオール街に巣食うエスタブリッシュからして人類をミスリードしているという自覚に欠けていたが、ディベート術なんぞにうつつを抜かす奴らゆえ礼節とか敬意という言葉の概念は無いに違いない。
STOP
 一日延ばしにしていた雑用と買出し、雨で嫌だったがそんなことではいけないと己を叱咤し午後から出かける。最後に寄った大型スーパーで野菜中心であれもこれもと沢山買ったなぁ。中には初めて調理するものもあって、まぁ楽しみな事だ。

web拍手_履歴




2009年11月17日(火) No.2996 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

なぁ〜んかオカシイ。


 昨夜は遊び疲れでブログ更新はなったものの毎日曜日のサイトメンテナンスの途中でキーボードに頭を乗っけたまま熟睡、今朝は6時に何事も無かったかのように起き出す。

 昨日耳にしていた前財務・金融担当大臣死亡のニュース、暗澹たる思いで改めてニュース報道を見るが、やはり変だなぁという感じがして得心が行かない。この医療科学が発達した今、行政解剖で死因が明らかにならぬというのがふざけている。都合悪いときには耳が遠くて聴こえないとでも云っているようで気分が悪い。

 思うに、同一ポストに付いた政治家がこんな高確率で不審死を繰り返すということに多くのジャーナリストは疑問を感じないのかなぁ、まさか初代通産大臣であられた高橋是清以来の伝統なんてことじゃないだろうな。

 死者に鞭打つのは卑劣とはいえ、あの位にあっての睡眠薬常習者というのは昨今の覚せい剤騒動を見るに付け違和感が付きまとって奇妙に見えた事を思い出したが、戦後の農林水産行政の胡散臭さとあいまって真実を知りたいところだ。正論らしきものは一切聞こえてこない。
STOP

web拍手_履歴



2009年10月05日(月) No.2910 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

[1][2] [3] [4] [5] [6] [7]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen