LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日は逃せない。


click

 春の不安定な天候もどうやら今日だけは安定した晴れとなりそうなのではやぁ〜くから起きて一路、駿河湾を目指した。なんと静岡までいってきてしまった。残念ながら黒鯛は上げられなかったが、帰り道の東名高速はずぅ〜っと満開の桜が続いているようで、大きな富士と合わせ、絶景絶景という感じだった。
 静岡県は日本一温暖な土地だと聞いたことがあるが納得するなぁ。

click

残念だったのは、途中の富士川サービスエリアの建物、広い駐車場から本当は良く見えるはずの富士山をすっかり隠して恥ずかしげもなく建っていたということ。申し訳程度の展望台が横にあったが障害物だらけでしかも一部が見えるだけのおそまつさ。最高のロケーションなのになんともったいないことをしたもんだ。そういえば、この日本一の山の名を冠したこの市はヘドロなんて言葉を常識語にまでするほどの環境汚染先進地域ではあったな、と毒づいてみたり。

web拍手click  履歴も


2008年04月02日(水) No.1640 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

なんたる浪費か。


click

 今日一日、在宅ではあるが引き受けたシゴトがはかどりなぜかテンションが異様に高まる。で、週末の釣り大会のことに思いが行き、いつもなら船宿の道具一式を借りてやっているのだが、自前の道具を揃えてやろうと突然思い立つ。船釣りは年に数回しか、まぁつきあいでやるような感じでなりゆきでの釣りということで、あまり神経を使っていなかったのだがここにきて少し真面目に遊んでやろうと考えたのだ。で、楽しみはお金に代えられぬとばかり一式を大人買い、あはっ、すんごい浪費。ようやく整理しつつあったガラクタに性懲りもなくまた付け足してやんの。
 だいたいが40m以上の深場の釣りは性に合わないと思っていて、今までは道具を揃える気にならなかったのだが今回はなぜかその気になってしまったのだ。
 行きつけの釣具店でごく標準的なものをとそろえたのだが、船竿、電動リール、バッテリー、竿受け、ついでにクーラーと大枚をはたいてしまった。ちょっとシゴトに精を出したからってなにも使っちゃうことないのになぁと思いながらも使うこの神経、我ながらあきれるばかりだ。つつましくという言葉は我が辞書にないのか。
web拍手click  履歴も


2008年04月01日(火) No.1638 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

えっ、満開?


click

 どうにも天気予報が微妙にずれて、割合と良い天気なので落ち着かない。今日は昼から八王子方面での仕事に出かけるので表に出て桜並木を見ると、これがもう満開に近いような咲きっぷり、もっとも陽の当たる通りなのだが。この分では週末には辺り一帯が満開となりそうだ。これと直交している道路の桜はまだ一分咲きくらいなのにずいぶんづれるものだ。今週は今日と明日、そして土曜日の三日間をシゴトにとられる。年度末ということでどちらさまも忙しそうなのだが、巻き込まれぬように用心しなくちゃと情けない知恵を発揮する。我儘だ。

click





2008年03月25日(火) No.1626 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

大河ドラマ、篤姫。


どうやら今週は日本列島を雨雲がゆっくり通過するようで天気はよろしくない、よって少しシゴトに精を出そうと予定を組む。貧乏といやぁ聞こえはよくないが清貧なら気分は上々、いくつになってもシゴトをしてりゃぁ遊びも一層面白い。願わくば週に2〜3日というのが望ましいのだが今週、来週はそうも行かず、それもまた良しと自分に言い聞かせる、天気も曇り勝ちだし、だはっ。
日曜日の夜、タイミングが合うと国営放送の大河ドラマ「篤姫」を楽しく拝見させてもらっている。主役の娘さんが時にコミカルで見ていて愉快だ。歴史劇としてあれこれご意見を耳にもするが拙者にはまるで頓着はない。
 原作がおそらくは鋭い視線で描かれたようで、明治維新となる直前の我が国の封建制度を分かりやすく表現していると感じる。よく言われるとおり西洋諸国の近代化における民主主義への変貌とは間違いなく異なる維新だったのだなぁとつくづく思う。依って立つべき錦のお旗はなんら変わっていないわけだから官吏組織を一新した時の制度改革ということで、民主主義とは名ばかりの一時の変化でしかなかったのだろうな、さすれば昨今の肥大化した税金の浪費ぶりにも納得がいく。しかし、この我が国の仕組みは官吏さえまともであれば民衆にとって幸いなものであると思う。妙な宗教者や極悪人がてっぺんにいたのではどうにも悲惨なことになるのだが歴史上では何度もそうであったし、今もある。畏怖すべきなにものかがあることがしとには必要なのだ、そしてそれはあからさまでないほうが民にとっては幸せだ。
んなこと考えているうちにこの「民」という文字が気になりだしてそれこそ根掘り葉掘り、いやはや西洋と東洋ではその曰く因縁が随分と違うものだと知った。瞳のない目に針を刺してあるのが「民」の文字だと聞いた日にゃ、救われないなぁ。比してデモクラシーの語源を構成するdemosは始めから人権らしきものがあったのだから、白人種にはかなわないのかも知れない。

2008年03月24日(月) No.1625 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

初体験、かかり釣り。


click

 清水の次郎長で名高い静岡県静岡市清水、早朝5:30に予約しておいた「山本釣船店」に入る。後で調べたところ次郎長の生家のすぐそばだったのだ。道具は借りずに持参の旅行用のものを使うこととしたもののいくらなんでもビジネスシューズじゃあ様にならぬと長靴を借り、さっそくボートに乗り込む。二人乗りの小舟で十艘くらいを纏めてエンジンボートで曳航してポイントに行き一艘づつケーソンに係留してゆくのだ。2畳ほどの畳表敷きの座があるこの釣り舟にはお茶のお盆などもセットしてあって風情がいいなぁ、純和風ってなとこだ。途中、隣あった舟のお客さんからいろいろ情報をお聞きしていざ実釣開始。撒き餌となるダンゴはおからをベースに集魚剤や砂利を混ぜて適当なばらけ具合になるように煉るのだがその加減がどうやらミソらしい。釣り場所は「貯木場」と呼ばれる湾の奥まったほうで意外と水深が浅いと感じた、約5〜6mといったところ。チヌ針3号、ハリス1号で竿はだんご釣りのものとは違い太目なので遊動の沈み浮仕立てで投入を繰り返す。

click

といっても、穏やかな太陽のもと、まぁのんびりとしたもんで富士山を見ながら小道具の整理してみたり畳の上に寝転がったり、そうこうするうちにギュンッと竿先が引き込まれ待望の一匹が掛る。少しづつリールのドラッグを締めながら慎重に取り込んだのは35cmのチヌだ。うぅ〜ん♪、ラッキー。来たかいがあったと喜ぶ。お昼には注文してあったラーメンが到着し、その気になって追加の餌なども貰い午後に備える、が、その後はあたりもなく3時の終了を迎えた。船宿に戻るとさすが地元の釣友会メンバーか、5枚くらいも上げてるしともいたが、さすがだ。宿のおかみさんや船頭さんが、遠くから来たかいあってよかったねぇと喜色が心地よいものであった。いけすから出して絞め、内臓を出して持ち帰ることにし荷造りのあと車を呼ばずにぶらぶら歩いて東海道本線清水駅に向かった。けっこうな距離でこんなに歩いたのは久しぶりだ。

click

click


 「乗り換え検索」などで調べるとすべて一度静岡まで戻って新幹線に乗るようになっていて所要時間は横浜までで一時間半ほど、しかし時間もあることだしとあえて「鈍行列車」にと決め来た上り電車に乗り込む。さすが各駅停車で東京までのものはなく、途中、沼津、熱海と乗継横浜で夕食をとり家についたのがもう22:00を回っていた。とりあえず黒鯛を冷蔵庫に入れメールチェックもそこそこにバタンきゅーと横になる。

2008年03月22日(土) No.1623 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ラッキー。


早朝6時のフェリーに乗り込み、いざ帰還と瀬戸内海の朝日の様子を観ながら柳井市に到着、ちと考えたのはこの時間でだと帰宅が昼過ぎぐらいで実に半端であると。そこで仲間と別れ拙者だけ4〜5時間ブラブラして帰ろうということ、最高の天気になったことだしと。手始めにフェリー港の側の埠頭で竿をだしたりし、地元の若者に餌など分けてもらい二時間ほど遊び、列車に乗り三つとなりの駅までいって漁港、・・・続く。


click

 ということでその後JR山陽本線在来線の各駅停車に乗り、神代という小さな無人駅に降り目の前の防波堤の先端へいった。風もすっかり弱まり青空が広がっていてホントに気持ちが良い。思い立ってデジカメのセルフタイマーでのんびりと釣り糸を垂れながら遠くに周防大橋を見ている拙者の後姿を撮ってみた。ユニークな記念写真だ。
 三月の海は水温が一年で最も下がる時期で海水の透明度は増して水中が良くのぞきこめるので、これで小魚の姿でも見ることができると言うことないのだが、あいにく海藻だけでそれはない、そしてもちろん釣り糸に掛ることもまずない。そんなさなか東京から思いもよらぬ電話が入り、約束を一週間延期できませんかというではないか、

click

これ幸いと快諾し、よ〜し、どこかもう一泊して本格的に釣りしてやろうとwebで調べる。荷物が少なければ北九州あたりまで足を延ばすのもいいと思ったが、今回は帰路の途中で、いままでやったことのない『カカリ釣り』なるものに挑戦してみようと静岡県は清水港に行き先を決め、宿と釣り船屋に予約を入れる。出船は朝6時と早いので今日は現地に入り一泊しようということだ。


 広島から「のぞみ」「ひかり」「普通」とJR東日本の列車を乗り継いで20:00頃、清水に到着、ふぅ〜っと一息。
 携帯電話でのweb閲覧、結構イライラするもんだ。いわゆる遅すぎる、こんなんでよく料金を取っているなぁと。ちょっと時刻表を調べるにもアクセスできたりできなかったり、表示がとろいので、なにしてるんだか忘れそうになったり、ひょっとして電車内やホームなどでじっと携帯画面とにらめっこしているのはこれなんじゃないかと納得、メールなんざ読むのにそんなに待つこともないし、ゲームなら指先が動くだろうし、ありゃネットに違いない、15年前のPC並みで一部のオタクがひっそりやっていた通信をいまや大多数のしとが公の場でやってるんだ、この待ち時間の総量を考えるとそらアホらしいことだなぁ。
 人類から生きている時間を費やすものとしてテレビが出現し一憶総白痴などと揶揄もされたが、いつの頃からか「ながら」ということがほとんどになったのでよしとしても、取って代わってPCやこの携帯でのネットサーフィンはなんと多くの空白時間をもたらすものかと改めて感じ入った。おおいなる暇つぶし文化の出現だね、他にやることは沢山あるだろうなーんてのはそれこそ天に唾するようなことで、コレデイイノダと納得しなくてはいけない、ぐふぅ〜。

2008年03月21日(金) No.1622 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

晴れるには晴れたけど。


click

 今日、春分の日、ここ瀬戸内の小島、平郡島は良く晴れたのだが風が強い。よってバッグに忍ばせてきた釣り道具の出番はなしということで日がな1日シゴト三昧となった、ザンネン。道すがらデジカメでカモメやハナバナを撮るもネット環境がいまいちなのでアップは叶わない。伝え聞く話しではNTTさんが通信網の全国的充実の一環として各地の離島についても採算性関係なしでADSL回線を2010年迄に整備するらしいのだが、それこそ衛星通信などを利用した方が手っ取り早いように思う。
 予定通り1日でシゴトは終えたがどうやら気圧配置がよろしくなく、風が弱まりそうにもない。予報の風速は3〜2m/sだが多分違う。土曜日の東京での約束も念を押したところ延期無しというし、ここは諦めて明朝6時出航のフェリーで帰京を決心、ざ〜んねん。

 それにしても携帯ブラウザでの日記の更新も慣れりゃそこそこ普通に出来るね、アップ出来るjpeg画像はサイズに制限があるようで保存した2Mbyteのものは駄目みたい、縮小したらアップ出来た、グフッ。


2008年03月20日(木) No.1621 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143][144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen