LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


パーソナル・コンピュータ。


夕べから2時間ほどの仮眠のみでオフィスへ行き、最後の打ち合わせと確認をした。昼ころに我が長姉に連絡をとり晩御飯をいただきに行くこととなった。
ぐふぅ〜、遠慮のないこと。

その前に最後になる病院へゆき軟膏を少し処方して頂く。

長姉夫妻はもう70歳代の老夫婦といってもよいのだろうが、元気なんだよなぁ。札幌ドームの近くとあって、当初から日ハムのファンクラブに所属し笑っちゃうほど盛り上がっている。人の内面は見ることできないが傍目にもハッピーに見えるとこちらも楽しくなる。

しきりに、来い来いといっていた訳が実はあったのだ。それは、夕食を頂いた後、暮れに導入した光ブロードバンドのパソコンでメールの送受信がどうしても出来ないのだというではないか。購入してからもう3ヶ月以上経つ。

見ると、拙者などヨダレを流しそうなノートPCの最高級機。LANケーブルが繋がっていないので無線LAN?とたずねると違うという。実際は無線LANで、インターネットには接続設定がなされブラウジングは可能になっていた。OCNさんのサービスで全ての設定を係りの人がきて、2万円の支払いでやってもらったという。

早速outlookの設定を見てみるとプロバイダからの接続情報ではどうしてもメールサーバーにログイン出来ない。聞くとセットに来てくれた方に13桁の暗証番号を決めてくださいといわれ、作った番号を接続情報シートにメモしてあったがこれを何に使ったのか解らない。ひどいものだ。

結局、かのサービスマンはメールクライアントの設定をせず、シカトして引き上げたのだ。

こういった場面をもう何回も見ている。「出来ません」とか「お客様の機種が特殊で」とかウソばかり言って逃げるのだ。

大概そういう場合、当事者は己が理解できないのが悪いのだと引き下がる。そして、姉などは毎週、パソコン講座などに通ってインターネットの世界を少しでも体験したいという意欲にもえ、先生にこの3ヶ月間、どうしてメールがつながらないのか質問をなんべんもして、そのメモを見るだに腹立たしさが沸きおこり、IT関係の人種の平均的無責任さ、軽薄さに残念な思いが拭いきれない。恥を知れということ。現場で出来ない場合、プロバイダに問い合わせればまず100%解決することなのだ。それでこそお金を得られる訳でしょ。設定できなきゃ返金しなさいよ。プロバイダの社会的責任の志の低さも大いに影響しているなぁ。

拙者はモチロン仕組みを知っているからインターネットに繋がっていればメーラーのアカウント設定など、なんでもないことではあるが、それは決して一般的な知識とは別物だと思っている。

それにしてもF社のFMVノートPC、いいよなぁ。しかし、例によって使う可能性のないソフトとサービスが気持ちわるくなるほど走っていて、のったりと画面表示がされるひどい状態で設置されていた。F社もN社ももうイイカゲン方向転換すべきでないのかなぁ。過剰サービスで高額なものをユーザーの信頼をよいことにいつまでも売りつけるもんじゃない。
2007年02月23日(金) No.880 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

雪。


今日の札幌は時折日差しが指すものの降ったり止んだりの雪、気温が-6℃ということで外を歩くと寒い寒い。舞い降りる雪の質が刻々と変わるのだねぇ。ふわふわした淡雪のようだったのが急に顔に当たると痛いくらいの粉雪になっている。前が見えないじゃない。。

ん〜〜〜、雪は雨と同じ原理で地上に落ちてくるのだけど人間生活に圧し掛かる負担は随分と大きい。

雪からの連想する言葉に良いものはないなぁ。
静寂、閉じ込められる、押し潰される、、、

雪はきらいだ。

思い立って、使っていなかった携帯メールを差出人限定受信することにした。
便利なものは便利に使わなくちゃ。
2007年02月20日(火) No.873 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

テキパキテキパキ、でもないか。


今朝、7:30にパッと起床、朝食などをまじめに戴き購入する車種を考える。
地球温暖化のこともあるし、維持費や出入りする場所のことなどあれこれ思うと、例によって麗しき優柔不断なことでナサケナイ。一本芯の通ったポリシーってなもんが一向に見当たらないのだ。車好きのしとではないということだろうな。

んなこと考えている間に先輩が時間とおりに迎えに着てくれ、出発。30年来ひいきにしているというデーラーで、かれこれ20台以上も買い換えている彼は昨日のうちに電話で拙者にピッタシの物を店長に用意させてくれていた。一番気にいったのは標準で装備されていた4スピーカーがそこそこよいサウンドであるということで当座はナビのデッキ、といっても30GBのHDD録音機能やi-Pod機能などついており時代の進歩を感じた。

ぐふ、選ぶも迷うもあったもんじゃない、あっ、これで決まりってなもんで、納車までのスケジュール調整とあいなった。

今は印鑑証明など市役所の自動発行器で日曜日でも取れるのでとても助かる。ああいう仕事はいくらでも省力化できるのだ。

予定では今夜、前のりで札幌に向かうはずであったが、夕食もゆっくり食べたいし、家で寝るほうがやはり心地いいようにも思い、明朝の出発に変更、イイカゲンなんだから。
2007年02月18日(日) No.870 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

バタバタ(その2)


昨夜は移動疲れかバタンキューと寝てしまい、今朝は6:00ぴったりにすっきりと起床。よほどよく眠ったのか疲労感がまるでない寝起きであった。いやぁ〜、やはり自分ちが一番やすらぐのだね。

早速、今日・明日の行動予定を決めて朝食後、例のステロイドの錠剤、これが相変わらずのむと気持ちが悪くなるのだが、今回の疾病には絶大な効力を発揮しているので飲まぬわけにはゆかない。

午後から会社にゆき山積みの書類・資料を仕分けて確認する。
遠く札幌から電話とメールでおねがいしていたあれこれを、皆がとても律儀にやっていてくれていた。おかげで6時ころには目処がつき、あとは飲み会と思っているさなか、約束の方から遅れるかもしれぬし、バタバタしているので日を改めませんかと電話あり、そおしようそうしようと、すぐ楽なほうに決め、一件落着。

3月にやむを得ず、マイ・カーを持たなくてはならなくなったので、先輩にデーラーの紹介を頼みますと電話したところ、よーっし、マッカセナサイ!と心強い返事でしかも明日、早速そこに案内するから一緒にいこうという。彼はとんでもない釣りキチでかつカーマニアでもある遊びの達人なのだ。いやはや持つべきものは屈託なしにお付き合いできる友人だと、つくずく感じた。拙者にピッタシのものを選んでくれるという。こういうのは、それに詳しい人にすがるのが一番いいと、いくつになってもアマッタレのしとではあるな(ナサケナァ〜ィ)。

2007年02月17日(土) No.869 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

なんとか復帰。


とんだ災難ではあったが、強力な薬のおかげで今朝は出社できるほどまで腫れが引いてくれた。でも眼帯に気をとられ出かけるときに眼鏡をし忘れてしまった。わぁ〜、ビルの名前も番地表示も見えやしない、ド近眼なのだ。
幸いデスクワークでいつも眼鏡をはずしてしていることなのでシゴトに差し支えはなかったが、やはり心もとない。寝不足気味だし、どうにもまぶたのあたりが腫れぼったく、うっとおしいので夕方早々に帰ってきた。今日の昼間は電話の洪水ってな感じなのだが、もう今までの流れでのシゴトには興味ないのでなんとも煩わしいのだが30年もやってきた事なのだからしばらくは引きずるのかなぁ。
自宅を留守にしていて原因不明なのだがサーバーが12時間近くダウンしていたことに今朝、早く気が付いた。停電でもあったのかリモート画面で見るとOSは稼動しているがサーバーソフトが閉じている。だれかに進入されたかなぁ、ドキッ。
2007年02月15日(木) No.867 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

BabyMaker


引きこもってシゴトなぞしているとろくでもないことに考えが及ぶ。先般の柳沢厚生労働大臣の「子供を生む機械うんぬん」発言、当初、あぁ〜バカなことをいってしまってと嘆いたものだが、昨今の報道番組などで散見する女性議員やぬえのような批評家連中の話を聞いているうちに俄然反発心が起き、彼を援護しようと考えた。確かに人を機械に例えるのは見識のある人のすることではない。しかし例えとしては良い使い方もなきにしもあらずで、機械のように正確だなどとはよくゆう。そして人間に限らず生物には種の存続ということが愚かしい思想や能書きとはまるで別な次元での大命題なのであって、少しばかりの知恵をつけた人があーだこーだ云えることではない。そして人間には男と女という性別が厳としてあり、出産は女性にしかなし得ないということは誰が決めたわけでもない自然の摂理というものだ。女が子供を生む機械というなら男は原料をセットする機械だ。解りやすい説明かと思ったというのがやや滑稽なだけで大上段に「出産を機械的生産と同列に捉えておる」などというのは被害妄想風でいただけない。原始女性は太陽だった。菩薩であったり母親であったり、男が羽目はづそうが間違えようが母なる女性は許してくれたもんだがねえ〜。えっ、アマイ、ってか。やだね、あげあしとり。
2007年02月12日(月) No.864 (雑感)
Trackback(0)

札幌シリーズ。


click


click

週末、帰京を取止めたのでこの3連休は気ままに過ごせる状況となり札幌を満喫してやろうと今日も昼からぶらりと。晩御飯を長兄宅でゴチになることになったのでそれまでのんびりとすすき野通りの氷柱見物。

目を惹かれたのは魚や貝類を氷に閉じ込めたオブジェ。以前、なんかの映画で人間がその状態なのを見た記憶があるが海産物だとまた別な雰囲気だ。おいしそうって感じ、プッ。

click

しっかし拙者は北海道弁でゆうところの「つらつけない」しとではある。いくら兄弟とはいえ、突然たずねていってご飯たべさせてって云うんだから。

なにもないっていってもさすが北海道、さりげなく美味しいんだわ、これが。

兄弟が多いって良いことだとつくずく思う。

味をしめて明日は長姉のとこ行ってみよう。ぐふふ。
2007年02月10日(土) No.862 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140][141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen