LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


Pasmo〜19日の続き。


click

今日は日中よく晴れ上がり東海道本線の在来線に乗る小さな旅はとても気持ちの良いものだった。気温も早朝とはうってかわり18〜19℃までになったようなぽかぽか陽気。静岡はじつに温暖な地域だなぁと実感した。シゴトは午前中に終わり帰路はぶらぶらと帰ってきたのだが、自動改札の状況が目に付いてしょうがない。19日の日記で、私鉄のものは全て同じではないかと書いたが、各社ごとに同じというのが実際のようだ。そして、拙者がおおいにブーイングした判りにくいというのはどうやらあの一社の路線に限られるようだ。それで少しホットした。

click   click   click






2007年03月23日(金) No.955 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

一休み。


click

怒涛の一週間を過ごし今日はようやくのんびりモード。昨日は旅装を解くのもそこそこに寝てしまったので今朝、バッグの整理。お土産にと頂いた「でこぽん」があったので記録。伊予柑や夏ミカンの類はオウチャクものの拙者は皮を剥くのが面倒であまり食することはなかったのだが、近年交配によりこの手のミカンが愛媛県や熊本の名産物として人気を呼んでいると知り食べてみた。
うん、外皮が簡単に向け実の薄皮が食べられるくらい柔らかい。甘さは十分でわるくは無いがかすかに特有の苦味を感じたのは気のせいかな。
光回線用のVDSLとルーターが届いていた。切替日は未定だが来週中には、ようやくブロードバンドになる、かな?
2007年03月18日(日) No.938 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

予想通り。


今朝の松山は曇りがちながらも日が差すまあまあのお天気で7:00には熟睡から起床。昨日の状態がぎりぎり限界だったようで、まぁ良かった。ホテルの朝食は苦手のバイキング(メンドウなので)だったが、不謹慎ながらしぶしぶ戴く。

そして9:00には工場へ行き気分もあらたにわさわさと作業にかかるも予想通り今日1日で目途つくような内容ではない。早々に今日の帰京をあきらめ帰路の航空券をパーにする。もったいないけれど止むを得ない。

夕方、宿泊先の手当てをしていないことに気がつき慌てて予約する。Hotel JAL City Matsuyamaにとり、皆と会食のあと22:00過ぎにチェックイン。御堀端の夜景のきれいな部屋だったがデジカメで取ったもののSDカードリーダーもUSBケーブルも持ってきていなくてアップロードできないのが残念。


2007年03月16日(金) No.935 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

冷や水。


うまいこと松山空港にたどりつき、途中でおいしいお蕎麦とミニ天丼なぞわさわさといただき目的の工場で同行者とともにシゴトを開始。

それにしてもなんなんだ、この寒さ、札幌よっか寒いんじゃないの?

と言っている間に急に体中ゾクゾクとしてきて、もうだめ状態。アハハ、やはり無理は駄目なんだよなぁ、なんべん繰り替えしゃぁ解るのかという感じ。

早めに切り上げてホテルへ、冷え切った体を温めようとお風呂をセットしたが30℃くらいのお湯も熱くて浸かれない状態。よほど冷えきっていたのだ。一時間かかりで徐々に温度を上げて行きなんとか普通状態に回復。風邪にはかからなかったようで一安心。そのあと10時間ちかく熟睡して、アハハ、快適に朝を向かえ、日記にアクセス出来たというしだい。ホテルのインターネットサービスだ。10分で100円だという、ふぅ〜ん。

コメントのRESはまたにしようっと。

2007年03月15日(木) No.932 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

えっ、東京の開花予報が間違ってた?


click

というニュースをカーラジオで耳にした。正式ではなかったと思うがたしか18日と聞いていて、うん、その位かなぁなどと一人ゴチしていたのだが何やら基準にする気温の値をミスしたのだそうだ。しかし定点観測している近くの桜は今にも満開になりそうな気配。そしてこの2,3日の夜の冷えることったらありゃしない。防寒コートをまた出す始末。

click

今日は朝から午前中は私用で車の交換、眼科医、税務署とまわり会社へはいったのが午後3:30ちかくなっていて、それから明日の四国行きの準備と打ち合わせでもう大変、わき目も振らずにたぁこのことだ。しかしシゴトにはそれなりに時間がかかるわけで結局退社したのはもう夜中の2時過ぎだ。9:30には飛行機に乗らなくちゃならないのだから大慌てで夜食をいただき、この日記を書き(プッ)、少しでも寝ようかなとしているが、なぁーに、どうせ機内で熟睡出来るしと考えるとまたまた呑気にデジカメを触ったりして何も写すものとてないのでサーバーマシンのノートPCの画面を接写してモニタの解像度を見ていたり、たしか標準的なモニタで92dpiと記憶しているが写したコンデジは180dpiとあったから、なるほど、モニタのドットが良くわかる。

わぁ〜、やっぱり眠くなってきた。ネヨット。


2007年03月14日(水) No.928 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

練習。


click

今週もちょっとばかり慌しくなってきている最中、デジカメでの水滴写真の練習など、カミさんに内緒でお風呂場で。我ながら・・みたいとは思うが、なかなか上手く撮れないのだ。まだマニュアルを見て無いのでもっとキレイに撮れるはずなんだけどなぁ。グスン;;

2007年03月13日(火) No.924 (雑感)
Comment(7) Trackback(0)

「おふくろさん。」


近年、モダンジャズ同様下火になったとは云え昭和の時代に生きた者として「歌謡曲」というものは大多数の日本人の感性・情緒を推し量るのに欠かせない芸能だというのが拙者のここ10年くらいで到達できた価値判断なのだ。ことさら持ち上げることもないのだが、ジャズファンやクラシックファンには拙者もそうであったようになぜか歌謡曲と聞くだけで拒否反応を示すしとが多いのも統計上では現実にある。それはそれとして、特に戦後の歌謡史を辿ると桁外れに信じられぬほど聴衆の心情に入り込むような表現・歌唱をなし得たミューズの申し子のような歌手が拙者の頭の中に何人か存在している。

芸能という言葉でくくられる一連の表現と、芸術と巷間もてはやされる諸々を思うとき、優れた芸能者の表現行為に比べ「芸術」といわれる活動など実に微力だなぁと思う。

良し悪しということではなく、一人の優れた歌手が熱唱する歌に感動する人の数と38人以上の一流演奏家集団でもあるオーケストラが奏でる名曲・名演奏に感動する聴衆の数を単純に比較しての話。演るほうも聴くほうも好き好きなのだから個々の価値観は知ったこっちゃないのだが、(聴衆の感動の総和/表現者数=その作品・演奏のパワー)ってなことを思い至ったのだ。

あはっ、前置きが長くなったが唯一無二の表現者である「森進一」さんのことを書きたかったわけで、元曲の作詞家で川内なんとかという多作かつ息のながーいお方がその表現者に妙なクレームを付けて一大騒動になっているという顚末の覚え書きを記したかったのだ。

ちとその川内さんについて調べてみたところお名前は「川内康範」さん。
著名な作品としては、「月光仮面」、「七色仮面」、「愛の戦士レインボーマン」の原作、「骨まで愛して」、「君こそわが命」、「誰よりも君を愛す」、「おふくろさん」の作詞などが。また「まんが日本昔ばなし」の主題歌作詞も。人物史によると相当な苦労人で「人情・情念」を根底に作品を書いているということだが「詩」だけを見るとそんなもの何も無い。何点かは唄う歌手の情念が表現されているということは明らかだ。そして今回の彼の主張にはまるでその辺が欠如している。

御歳87歳になんなんとされており、インタビューなどで見る限り背後で知恵を吹き込んだ利権屋さんがいるように感じられた。吹き込まれた理屈を本人が狭量で思い込んでしまうとあのような状態になるのだなぁ。

老害

というのはまさにこういうことなのだ。案の定、jasracさんもそれに乗っかって日本中を敵に廻す体たらく、ナサケナイ。
作詞家の思いあがり意外の何物でも無いというのが拙者の判決である。

大体、森進一さんの熱唱する「おふくろさん」ははっきりと頭の中に記憶されているが「歌詞」など最初の2行をおぼろげに思い起こす程度だもの。

ちなみに作曲は故・猪俣公章さんで豪放磊落な彼が存命であったならとふと思った。替え歌ならぬ、まるで別な歌詞で唄っても「森進一」さんであればおなじような感動を聴き手に与えることは間違いない。スキャットで唄う「おふくろさん」でも彼なら十分に訴えかけるだろうなぁ。
2007年03月12日(月) No.922 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138][139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen