LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


浮上。


 昨夜、夜更かしするも今朝は8:30起床し洗顔から入念に髭を剃る。髭といえば30年も前には伸ばしていたことだし、また伸ばしてみようかなと誘惑に駆られる。しかしあれもなかなか手入れが大変だし、整うまでの3か月位は汚く見えるので躊躇する。
 外は明るく晴れていて日差しもまぁまぁ、ベランダの鉢植えに水やりしたところ俄然テンションがあがってきてこまごまとした家事に精を出す。当初はもっと簡単に済むと考えていた身辺雑貨の整理が進むにつれ果てしなく難儀なことと解り最近は思い立った時に部分部分を攻めているのだが、思うように一段落すると思わぬ達成感でとても気分がいい。趣味、整理整頓と言った感じだ。
 なんといっても、大邸宅でもないのに、未だ手つかずで未踏の雑貨の山があるというのは楽しみだとでも思わなきゃやっておれない。
 日曜日ということで人出のことを思うと海や山には気が乗らない。

 午後からは近くのホームセンターに行くことにしたのだが、、STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月03日(日) No.1869 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

シャキッとする。


 今朝も9:30と遅く起きた、ついこの間までの早起きとはどうも調子が違う。この4,5日間なにかおかしい、自堕落という言葉が頭をよぎる、いわばグゥーたらだ。で、顔を洗い髭を入念に剃り髪をなでつけ身だしなみを整える。昔見たアメリカ映画で災害で避難した父子が野宿の後、父がその男の子に「大人は常に朝起きて髭を剃るのだ」と諭す場面があったことを思い出す。確かにミダシナミをめんどうだと止めちゃうのは自からを貶めることと強く感じる。

 夕方に買い出し、しかし日本のスーパーの買い物カゴは米国などに比べふたまわりも小さいと妙なことを思う。いつもは十分なのだが今日は大量に仕入れたこともあり積みきれなかった、「ドラエモン・ラムネ」なんか買うからだ。

 夜、シリーズで放映している黒澤作品の「生きる」を観る。3度目位になるかなぁ、これは黒澤映画の一番の秀作との評価も多いものなのだが拙者はそれほどとは思わない。しかし昭和30年代に生産性のないサービスで税金を食いつぶす公務員への痛烈な批判はキツイものがあって身につまされた方々も大勢おったかと思うのだが、昨今の様子を見る限りでは左程変わっちゃいないなぁ。つまんないと思うのだが、しとそれぞれで如何ともし難い、しかし作ることにこだわって30年来てもそれを止めたとたん「生きる」意味を自問すると似たり寄ったりだがあの主人公のようにその30年を無意味だったと思わないだけ救われる、それも自己満足でしか無いのだが。

 新財務相が昨日の記者会見で我が国の年金制度に言及され、制度発足当時の平均寿命が現在より20年近く短かったことから今の破たんがあるなどとほざいていた、まぁ正直なのだが年々伸びてきた寿命に対処しなかった責任を加入者である国民のせいにしているようで可笑しかった。保険会社ならどこでもやっている掛け金と支払額の統計的シミュレーションをまるでやっていなかったかのようだ。どうでもいいから全ての数字を公開しろよと言いたいね。ちなみに拙者の場合は73歳まで生きると積み立て分全額貰うこととなりそれ以上長生きすると「得」することになりますと以前社会保険窓口で言われた。事実にしてもけたくそ悪いものいいではある。

 最近とみに思うことに国民総背番号制度が実現していないという不合理、その実、縦割りで個別のカードや免許証がうんざりするほど発行されている。反対していた似非文化人たちの罪は大きい。志の高いジャーナリストやマスコミも皆無だ。これからでも遅くはない、誰か公平な社会保障を実現するために必要不可欠なことであることを訴える士が出ないものか。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月02日(土) No.1868 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

こりゃ旅じゃない。


 やはり目的地を決めずにやみくもに出かけるってぇのはダメだ。どこかいいところで逗留しようと西に向かったものの気持ちが定まらない、ただ走るだけ、迷った挙句、戻って娯楽にうつつを抜かすほうが好いように感じて帰って来た。とんだガソリンの無駄使いだ。STOP_ 戻る途中に去年までの仕事仲間から、偶然3人も電話があり近況の心配と現状報告とお礼であったが、まぁ嬉しいね。そういえば先週も後輩から相談をうけ解決できた案件もあったが、もう今の自分には瞬間的な興味でしかないなぁと驚く。ジタバタすることはない、耳従うということだがどうも壮年期の社会的活動は単に面白がってやっていただけのようで、確かに実業や実務、技術の関するノウ・ハウは蓄積されたと思うが、たいしたもんでもないというのが正直なところなのだが、今はもうそんなこともういいやと感じるのは社会性に欠けるのかなぁ思うのが物心ついて以来のコンプレックスでもあるが、しょうがない。STOP_ 第一回目を見たハイビジョン放送のドキュメンタリー「ハプスブルク帝国」、第3回目の「美しきドナウ」に間に合った。我が国が太平洋戦争の失敗を乗り越え連綿と文化を維持しているのにはやはり立憲君主の存在があるせいだろうなと想像がつく。帝国主義の時代、神に選ばれし王が少数民族をたばねて一大勢力としてきたのに、分散してちっちゃな国があちこちに出来たとたん醜い争いが後を絶たなくなってしまった、大衆の愚をまざまざと見る思いがした。ハプスブルク家の末裔のひとりが平和のために一番肝心なのは何かと問われ、Knowledge、Knowledge、Knowledgeと繰り返し言っていたのが印象に残る。事件を起こすアナーキストやテロリストにKnowledgeはない。それにしてもラテン語圏でのアートの熟成ぶりは見事だなと改めて思う、陳腐なものは皆無だ。

STOP_
近世のバルカン半島は○○としか言いようもないが、EUの目指す方向は善いと思っている。いずれにせよ官の腐敗を防ぐ仕組みが出来ればの話だが、4,000年間の課題だ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月31日(木) No.1864 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

遠出。


click

 今朝は7:30起床、唐突に2,3泊での遠出を思い立つ。強いてあげれば向こう一週間、日本の天気は好さそうというのが理由なのだが、さて、どこに行くのかは風まかせ。。。

 夕べ見たマクシミリアン一世の旅路に触発されて、ということでは絶対にない。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴


2008年07月30日(水) No.1859 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

朝寝坊。


click

 今朝はすっかり寝坊してしまい、起きたのは11時過ぎ、夕べ12時前に寝たのだがじき目が覚め、つい洋画でもやっていないかとTVを点けたのがいけなかった、昨年7月に他界された小田実さんのドキュメンタリー「遺すことば」を再放送していて、再々度見てしまった。小さな人間と大きな人間が存在する事実をはっきりと理解した上で大きな人間どもがやらかす間違いを小さな人間が止めたり修正できることこそが民主主義なのだと訴え続けた歴史に残る偉人だと改めて感じ入る。見渡してみてもこの時代に彼に匹敵するような思想家、哲学者、政治家は思い浮かばない、皆二番煎じでね、止むにやまれぬ思いがあったからと2,500万人もの署名を集めることなど誰がなし得るというのだろうか、すごい。終生野人として活動されたのだが、野に賢人ある国や時代というのは、やはり残念でならない。

STOP

click

_昼食もそこそこに昨日に続いて相模川へ、やや風が出ていたが3時間ほど仕掛けのテスト。2時過ぎにざーぁっとにわか雨があり、遠くで雷の音もしていたがじき止みのんびりとした午後のひと時だった。地元のヘラ師も釣り座を並べてしばし静寂のなかに溶け込んでいた。にわか雨の前に引き揚げていったのは流石だ。
 平日とは言え学校は夏休みなのに子供が遊んでいる気配もない、今は他に山ほど遊びがあるからとはいえ、お気に入りの場所が貸し切り状態でなんか悪いなぁとほくそ笑む、うふふ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月29日(火) No.1858 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

それにしても、


 よく寝たなぁ、昨日は1時前に寝て今朝9:30に起きるまでいちども目が覚めなかった、熟睡だ。
 昼から、試作品の和竿のテストがてら近くの相模川へ出かける。途中いつもの釣具屋さんでライフ・ジャケットを衝動買い、最近船やボートに乗ることもおおいので溺れぬ先の浮き輪ってとこ、昔ほどの泳力は無くなっているんだろうなと思うのと、場所によっては義務付けられている所もあることだし。
 相模川は水が澄んでいて水中にハヤの群れがたくさん見られ、楽しかった。なんせ今年孵化した2cm足らずの稚魚を釣ろうってんだからたいへんだ、たまに7,8cmの成魚が掛かると竿が満月のようにしなりスリル満点だ。ときおり1メートル近い大鯉がゆらりと通り過ぎたりしてドキリとさせられる、あんなの掛かった日にゃせっかく作った竿が折られてしまうとあわてて仕掛けをあげて通過待ち、まるでバケモノのようにも見える大きさだ。

click

 帰りに立ち寄った店の駐車場で見た空が素晴らしいグラデーションを見せておりデジカメで写したのだが画像で見るとそれほどのものではなかった、ぐふぅ。でも夕焼けには間違いないようで明日も晴れそうだ。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月28日(月) No.1857 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ドキュメンタリー番組。


 昨夜は夜更かし、で、今朝は8:30に起床、終日釣竿作りに費やす、といってもまるで集中してということでないのでさっぱり完成しない。

 午後、ハイビジョンTV放送でオリンピックを前にしてということか中国の特集を延々とやっていた、精緻な映像で見る世界遺産のすばらしい光景にはホント目を奪われる。
 この超大国はつくずく摩訶不思議だ、あれだけの歴史と人口を持ってして、こと空間的、時間的アートの分野ではおよそ感動得られるものがないということなのだが、黄色人種の特性なのかなとつい思ってしまう。東洋全体に言えるようにも感じるのだが連綿と続いている芸能や工芸品はあるにしてもおよそ深みのある精神性を表現するもののないことに驚いてしまう。後進ではあるが倭国が仏教を受け入れ作りだした仏像などに見られる圧倒的な精神性を思うとき、おそらく白人種が抱いている様な思いあがりを感じてしまうのが正直なところだ。岡潔さんが看破されていた個人の精神の独立性のあるなしによるものかなぁ、その点ではイスラム圏も皆無だ。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月27日(日) No.1856 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134][135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen