LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


帰路。


8月15日、今日も朝からギラギラの太陽で暑いこと暑いこと。昼2時発のフェリーで島を出るつもりで、ふと定員オーバーでの積み残しが頭をよぎる。

そういえば昨日、海岸の広報スピーカーで整理券をどうのこうのと言っていた。

気になるので1時間ほど前にフェリー乗り場へ行って切符を求めたところ番号137番でのこり11人といっていた。あ〜、良かった、あれ、でもフェリーの定員はたしか107人だったはずだが、あれは座席の数かな。

新幹線も指定席はとれなかったが自由席で適当に着席して何事もなく帰ってきた。便数も増強しているようでラッシュといっても押し合いへしあいといった昔のラッシュとは様変わりだ、いつもより多いといった程度。

途中、携帯電話でサイトやメールのチェックをしたのだが、なんともバッテリの持ちがヨロシクナイ。連続3時間OKなどと売っている電池パックが30分ももたない。

家についたのが夜23:00前、入るなりおどろいたね、足の踏み場もないほどのダンボール箱とビニール袋に詰め込んだ衣類の山、

ついに重い腰をあげたようでこの連休で遺品を処分しようってわけだ。旅の疲れもなんのその、拙者もさっそくその気になり自分の部屋のかたずけに手をつけた。明日の朝に出せるのが布、衣類ということで着なくなった洋服を片っ端から袋に入れる。

この分では夏休みが終わるころにはひろびろとした部屋になるんだろうなと期待に胸膨らむ、ぐふっ。


-------------------
今回の出張でのコンデジ写真、見てがっくり、レンズが海水かなんかで汚れていたようでとても見られたものでない。民宿のオカミさんの同窓会の集合写真なども撮ってあげたはいいが、こりゃダメだ。まだらに映ってしまってる。めげるなぁ〜。



2007年08月15日(水) No.1211 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ほんとによく遊ぶ。


 昨夜は盆踊り見物のあと少し遠くの堤防へ夜釣りに出掛けた。風もなく満天の星の下、海面はべた凪で、まぁ、釣れる感じはまるでない。さびき仕掛けで遠くへ飛ばしゆらゆら光る真っ赤な電気浮きをじーぃっと見ているだけ。
 2投、3投のあとすぐに仕掛けを別なものにして試みる。
そんな繰り返しで、もういいかと仕舞って帰ったのが夜中の2時になっていた。相も変わらず夜更かしだ。
そして持参のシゴトPCのWindowsMediaPlayerでお気に入りのジャズナンバーを小さく掛けながら就寝。


そして、早朝。

click

3時間も眠ったろうか、パッと目覚めたのが5時過ぎ、オーシャン・ビューの窓の向こうの水平線に日の出前の赤い薄雲が見え、またまた下駄を突っかけつり竿持って、今度はすぐそばの堤防に行く。

竿をだしたとたんサバっ子の大軍ですぐに釣りをやめ、群れる魚を見て楽しむ。コマセを少し撒くと子サバを先頭に小魚がぶわあ〜っと湧いてくる、

ここは驚くほど海水がきれいだ。そして真っ赤な朝日が顔を出してゆっくりと昇ってゆく。空の青色が早、秋を思わせる。何枚か写真なぞ撮り、かと思うと海の中を覗き込んだり、忙しいしとだ。

1時間ほどで戻り、朝食には少し間があるなとごろりと横になった途端、眠りコケ結局目覚めたのが10時過ぎ、のそりと食堂に行き遅い朝食をいただく。あまり気持ちよさそうに眠っているから起こさなかったのだと。

先に島に来ていた二人が14:00発のフェリーで帰路につくのでぶらぶらと桟橋まで見送りにゆく。夕方、本土側から電話でやりとりして最終確認しなければならないことがあり拙者が居残りというわけだ、

 シゴトだからしょうがない、でへへ。

Uターンラッシュはもう始まっているようで、フェリーもほぼ満員ではないかというほどの乗客数だ。お正月とお盆は人口が3倍になるというのは本当だ。

明日、帰るつもりだがニュースではUターン・ラッシュのピークで飛行機、新幹線の上りはやはり指定席がもう無いようだ。さぁ〜て、どうしたものか。



2007年08月14日(火) No.1208 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

「てつ」


1日づれこんだカミサンの初盆法要と後れ馳せながらの仏壇の入仏式をなんとか終わらせて、大急ぎで旅支度に掛かる。
今回は短期間なので手荷物も極力少なくし、出しなにホテルを予約、特急券などは出たとこ勝負だ。

しかし、住職はつらそうだったな、この時期十軒近くも回らなくてはならないらしい。

新横浜からのぞみ号に飛び乗る、折からの帰省ラッシュのピークで席などあるわけない。しか〜〜〜し、平気だもんね、いまの列車は車内の床がきれいだから座るなんてこった造作ない、幸い貸し切り状態のデッキで車窓からの景色を楽しむ、良く晴れ渡っていることもあって実に心地好い。

「乗りテツ」と言うらしい。文春の特集記事に汽車旅が取り上げられていて、鉄道マニア、オタクのあれこれがあり、どうも拙者はそんな感じだ。

ただ、時刻表に凝ったり全線制覇とまではいかないからマニアとはいえないな。

この行き当たりばったりの旅というのがなんとも楽しい。
指定席なしでの新幹線も何年ぶりかなぁ、そして自由席も満席以上だ。千キロ先まで行くのに無謀といやぁ無謀だ、でもそれが楽しいってえのは、御目出度いの一言に尽きるか。

そして姫路あたりからの備前、備後とゆく山陽新幹線、トンネルが多いのが難だが合間にパッと広がる瀬戸内側の風景の豊かなことと言ったらない。好天のせいもあるが山々や田畑の緑は数千年以上同じなんではなかろうか、と思える往路だった。

広島で在来線に乗り換え今日の宿には20:40に到着、明日の朝便で島に渡る。

2007年08月12日(日) No.1206 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

気晴らしに。


click
アッチッチ。

今週はなんとなくパッとしないし、記事もおもしろくない。今朝6:00に起きていかにも暑そうな空を見たとたん、海へ行こうときめた。

久しぶりの湘南は茅ヶ崎海岸だ。それにしてもすごい暑さだが、拙者はどちらかというと夏は暑いのが好きなのだ。

平日なので砂浜の人出はそれほどでもなかったが先月の小島の海岸とはまるで違う。ひとつ気がついたのは海水浴客の多いということでか砂浜があの人の少ない小島の浜辺より数段きれいなのだ。あそこは名勝といいつつも流木やゴミがかなり打ち上げられておりお世辞にもきれいな砂浜とは言えなかった。皮肉なもんだなぁ。



2007年08月10日(金) No.1202 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

立秋。


今年はたまたま居場所が良くて、7月いっぱい夏満喫といったところであったが早や立秋、、、秋、autumnだって。それにしても連日暑い日が続いている。

7月は別として今年は家に居ることが多いのでクーラーの電気代がすごいや。地球温暖化の元凶だ。ポケェ〜っとしている時に快適な環境を求めるというのはいけないことなのではないかと罪悪感を持つのだが、クーラーを止めない自分がいる、確実に地球環境破壊に寄与している愚かな文明人の仲間だ。

世の全てのしととは言わないが、想像するに大多数の人間は言葉とはうらはらに100年後の地球のことなど興味もないのだと思う。たとえなくなっていても関係ないやとね。おそろしいことだ。そういう社会を我々が造ってきたということかな。

エタノール燃料にせよ原子力発電にせよ正確に数字をあげると間違いなく温暖化を促進しているのだ。

永久凍土が溶け始めているとか世界中の川や湖が消滅しつつあるという事実を目にするたびに、この100年、人間は取り返しのつかない行動をしてしまったのだと思うことしきりだ。中国故事にある杞憂は一国の浮沈を危惧するだけだがこと温暖化に関しては本当に地球の生死の問題だ。変化は加速度的に進行する。

いろいろなシュミレーションを見るが、この温暖化をストップさせ得る具体的な数値をあげているものがない。例えば世界中の近代的発熱を止めれば可能なのだろうか。電気も車も飛行機も使えない世界だが、拙者の感じるところ、それでも駄目だろうという悲観的なものだ。これを刹那主義、アナーキーと呼ばずしてなんというのだろう。ペラペラ話す政治家や評論家の話を聞いていても、まぁとりあえず生きている間、快適に過ごせればというのが見え見えで我々民草とおんなじだもんなぁ、親しみさえ覚える。



2007年08月08日(水) No.1200 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

なにもなし。


今朝起きて2件ほど電話で用事をすますとポッカリと予定があいた。さぁ、なにから手をつけようかと順番に項目を挙げてみる。

1.新たに購入した旅行用の釣り道具の整備。
2.譲り受けた150W出力のオーディオパワーアンプのセットアップ。
3.書き出した「StormyWeather]の続き。

来週には再度、瀬戸内海の島に2,3日ゆくことが決まったのでやはり1.の
釣り道具の整備をする。道具を触っているだけでわくわくするのだから世話ないや。

ところで、このvistaの日本語FEP、IME2007、なんとも動きがよろしくない。
「せいび」とか「せつび」が漢字変換されない。単語登録でも読みを「せいび」とか「せつび」ではエラーになる。辞書が壊れているのだろうかなぁ、しっかしこんなこと調べる気にもならないや。簡単に修復する方法知っているかた、教えてくれないかな(他力本願)、でへっ。




2007年08月07日(火) No.1199 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

またまた不幸が。


 こりずにやってしまった昨日からぶっ通しのドキュメント作り、約束の13:30ジャストに間に合ってしまった、うふふ、やりゃできるじゃん、などと一人で満足しているのだが、友人の奥さんの訃報が一昨日入っていて今夜がお通夜だった。それで資料一式渡した後、世田谷から浦和の方へ出向いた。3時過ぎには斎場に着いたのでヒト寝むりのあと着替えをして記帳にあがった。まだ52才だったという。長らく看護婦さんをされており3人のお子さんを育て上げての逝去だ、無念だろうな。帰りはなんとなく下をゆっくり走りたくなってアルビニーノの「アダージョ」とワーグナーの「トリスタン&イゾルデ」を繰り返しかけながら2時間かけて帰ってきた。

このアルビニーノの「アダージョ」、50の声を聞くまでは嫌いとまではいわないが決して好きな曲でも感銘を受ける曲でもなかった。作為の目立つ厭味な作りだなどと失敬なことを思っていたのだが、ここ数年は耳にして素直に聴き容れるようになった。若い人は純粋だなんて嘘だね、無知なぶん偏見が多いもの・・・自分の場合、だはっ。

黒川紀章さんをあらためて見直す、反骨のしとだわ、すごいなぁと感じ入る。政治の貧困さの原因は世襲にこそあると断言されていた。よく歴史を見ているなぁと。利点もあるなどととぼけたこという輩もおるが、利点はない。とんちんかんが位を占めるほど国民にとっての不幸はないのだが、せいぜい芸事や商家止まりにしておいてほしいなぁ。人類がようやく見つけた答えかもしれないこの民主主義への道は遠いや。



2007年08月05日(日) No.1195 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128][129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen