LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


春宵十話。


 冬になろうってのにこのお題は季節はづれだが本屋さんで目に入りつい買ってしまった。稀代の数学者で教育家でもあった岡潔先生の口述による随筆で40年以上も前の物だが文庫本として復刊されていて不遜ながら拙者もようやくその歳になったと再読したくなったのだ。

 すっかり内容を忘れて居て最初からまるで初めて読むかのように嚙締めたのだがはたと思い当たる節が隋所のあり、それはそれとしてふと思い浮かんだことがあり、それはあの突然辞任して世間を驚かせた前総理大臣がキャッチフレーズにしていた『美しい国日本』をという訴えかけ、ひょっとしてこの岡先生に心酔されていての志だったのではないのかなぁと胸が痛んだ。

 幼少期における精神の発達、人格の形成についての考察は実に的を得ており昨今の事件の数々をもし目の当たりにしたならその嘆きはいかほどかと慨嘆した次第だ。

 拙者がかの大先生に惹かれるのは何より歴史的に連綿と受け継がれてきたよって立つところの思想がギリシャ文明以来の西洋的なものと我ら東洋、日本的なものとのでどうにも根源的とさえいえる部分での違いを的確にとりあげて評論されておることでまったく同感するのだ。どちらが優れているなどとは言及していないものの、かなわないなぁ〜というニュアンスとこちらのほうが上等だよといった部分がほんわりと感じられて好きなのだ。

 御当人は観念的などという批難に対しまるで意にも介さなかったようだが本業での偉業があればこそだが凡百の民にも幼少なものをいつくしむ感情さえそなわっておれば邪悪な事件などは発生しないと思う反面、分子・原子レベルでさえ存在する微量の変異体、集大成のようなシトに現れないと考える方が不自然かとも思うがそれを最小限に食い止めるためにあるべき教育は何かを説いておられるのだと受け止めて居る。

 考えてもみりゃぁ、40年前にこのように慨嘆されていたわけだが今聞いても同じように、シトは文明発生以来数千年、延々とおなじように憂いてきたに違いない、おそらくはこれからも。人類が存続する限りだが。

----------------------
今日は西高東低の冬型気圧配置で湘南はよく晴れ渡り、予定のシゴトが一週延びたこともあり、朝早くから海へ行ったのだが夕方帰宅して7時のニュースを見たあと急に眠くなりつい寝てしまった。そして目を覚まし時計の短針と長針を見違え飛び起きたがなんのこたぁない、夜中の12時前、それでやっとブログ日記を更新だ。
2007年12月04日(火) No.1429 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

景気がいいんだろうか。


年末のごく個人的つながりでの仲間数人での忘年会の幹事を拙者がやることになっていて、例年予約など簡単にとれていた所が今年はもう埋まっている。5件目に電話してやっと予約できたが年末の新宿はにぎわいそうだ。世の中、おかしな事件ばかりのようだが、なんだかんだ言いながらも世間は好景気が続いているようだ。不快を増幅させる謝罪会見ばやりでいささかうんざりしているのだが話題になれば良いとばかりこんな輩を露出させるマスコミというのはジャーナリズムに著しく反しているように思えてしかたがない。反骨精神はあんな稚拙なものでは決して有り得ないことだ。第3の権力とまで持ち上げられてるのだからピリリとしたところを見せてほしいね。



2007年12月03日(月) No.1428 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

さぁ〜って、12月。


ずいぶんといろいろな事のあった一年もあと一か月となった。師走なのだが今年は少し違う、忙しく感じないのだ。これはおそらく誰からも自分からも急かされてやらなくてはいけない事が少なくなっているせいだろうか。そして生来の知りたい病がこのところやや下火になっていることもある。これは拙いや、対象となる、何か面白いものがなければどうにもならない。読み物はつまらない感じが先に来るのでここは映画かなと、金曜日から数巻のDVDを借りてきて見てみた。主に未公開作品の新作でSF風やサイバーテロ、サスペンス、アナザーワールドなど見境なくだが、ううぅ〜ん、やはりメジャーで公開されないものに秀作を求めるのは難しいなぁと。まどろっこしいものが多い、息をもつかせぬ展開など、どこにもありゃしない。やはり映画は映画館でということか。でも見たくなるタイトルがなかなか無いし。。



2007年12月01日(土) No.1424 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

横浜、崎陽軒のシューマイ。


 JAS法の表示違反で立ち入り検査、製品回収だというのでなにごとかと思ったら、なんと原材料表記の順番が法律通りでないのだと。
 一言注意で済む話だろうに、アホな役所はどこまでもやることがトンチンカンだ。査察に入る大の大人が、実際のところなにを考えるシトだろうかと興味さえ覚えた。崎陽軒は300店舗から製品を回収するというのだからもったいないといえばこれほどのことはない。賞味期限の表記にも大きなお世話を感じるが肥大化した役所にもっとシゴトらしい仕事はないものか。

 ここで問題になった表記というのは原材料の多い順(重い順番との報道もある)に書かなければいけないということなのだそうだ。そして崎陽軒のシューマイは数年前から「1.豚肉、2.ホタテ貝柱、・・・」との表示で実際は「1.豚肉、2.たまねぎ、・・・」なのだという。どぉ〜でもいいじゃん、てぇのはこういう時に使う言葉だ、アホらしい。順法、お上に従わせたいだけならホントに一言で是正される話だ。それとも背後に想像を絶する、国民を害するようなとんでもない悪があるのかな、フィブリノゲン製剤隠しのような。

click

 ここまで書いて、ふと今問題になっている防衛省のもろもろ、あの宴席の同席のあるやなしがなんとなくアリバイ工作っぽく、面白可笑しく取り上げられているが疑獄になるのかどうか目が離せない。しかし昨今の政治家で巨万の富を誇るような方は見当たらないし、もしも巨額な防衛予算を牛耳る立場のシトがうまいことやって100億円でもクスネテおれば誉めてあげたいくらいだ。これは「些細なこと」ではない。そういえばあの商社は沖縄の米軍基地移転で100億円の利益を目論んでいたらしいが会社じゃ罪が薄められつまらない。



2007年11月28日(水) No.1416 (雑感::些細なこと。)
Comment(0) Trackback(0)

ご帰還。


3連休でのぶらり旅は超近場の相模湾は荒崎、秋谷海岸から江ノ島〜茅ヶ崎までで、好天のもと飽きるまで海岸べりを釣り歩き、ようやくのご帰還だ。どこも十分日帰りで行く場所なのだが今回は江ノ島に宿をとり気分を変えてみた。どうってことはないのだが、この旅館の朝食というのが昔から好きなのだ、不思議と良く食べることができ、ときにはお代りすることもある。今回、土日にかけTV朝日で放送されたスペシャル・ドラマ、松本清張原作の「点と線」をじっくり見ることが出来た。主演のビートたけしの演技を不思議なものを見るような感じでいた、異形のシトであるなぁと改めて感心。リアリティといえばそうなのだが活舌の悪さでセリフを聴きとるのにやや難儀してしまった。TVの音量を大きくするのは憚られたせいでもあるが。
 松本清張さんは尊敬する作家の一人でもあり昔、その作品はすべてしゃぶるがごとく楽しませていただいた。この「点と線」などは最高傑作ではなかったかとさえ思っている。何よりほとんどの作品にただよう淫蘼な感じが20代の頃にはたまらなく刺激的でさえあったのと庶民を描く視線が貶めるわけでもなく、なんともリアルでそういうものかなぁと我が目をこらした覚えがある。「社会派ミステリー」ともてはやされたものだが確かにエンターテインメントとして秀逸であるが、まさにそれだけではなかったように思う。再読しようかなと思ったが根気が続きそうにもないので止め。
------------------------

click

写真は秋谷海岸の砂浜で汐に洗われていた小石、もとは何だったのだろう?



2007年11月26日(月) No.1413 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

もっぱらアウトドア。


ポカポカ陽気で、日がな一日海岸を歩きまわった。運動不足を一挙に解消、テナワケにはならないのが残念。携帯からのこともありこんな日記でも一日はいちにち、なんせ毎日書くと決めたのだから。こういうのはやはり虚仮の一念とでも言うのだろうな。いや、岩をも通せそうにないからそれ以下か。
2007年11月25日(日) No.1412 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ぶらり旅。


click

今日は葉山の先、秋谷漁港にきている。冬型気圧配置が定着していて関東の太平洋側はとても良く晴れ渡っている。何するでもなくぼ〜っと港にいて、思い出したように釣竿をだしてこいわしを釣る。サビキ仕掛けに鈴なりになって沢山あがった。いつものとうり夕日がきれいだった。明日は海に出よう。

2007年11月24日(土) No.1411 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122][123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen