LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


湘南ホームレス。


click
♪〜今日の空。午後2時。

 昨日は寝不足のまま海に出かけたりしてさすがにくたびれたのか寝しなに掛けたジャズも一曲終わらぬうちに爆睡したようで今朝は7時にシャキッと起床、やはり良く眠ると気分は壮快になる。こまごました雑用のあと相模川にでも出掛けようと昼過ぎに出発し、途中、郵便局に寄ったが民営化のせいか心なしかマットーな対応になっている。利用者の流れもスムースに感じられた。
 で、その後お天と様は出ているものの、どうも風が強く躊躇した挙句結局戻ってきてしまった、根性無しではある。

 先週だったか「湘南ホームレス」というのが週刊誌やTVワイドショウで取りざたされ、場所が拙者の良く行く茅ヶ崎海岸沿いの防風林ということもあり、そのあり様が気に掛かっている。

 というのも今の拙者とて、いくら住まいがあってそこそこの収入があるとはいっても精神的には徐々に世間から遠ざかろうとしている訳で、望むと望まないにかからわず、いわゆる実社会からスポイルされたなどと言われる彼等とそれほどの違いはないなぁと感じているのだ。

click
♪〜何かに使えるかなぁ。

 ホームレスなんて言葉が一般化する前は浮浪者であり乞食とも云われた存在ではあるが、我が国民の大多数が持つ恥の文化からか世界的に見てもその絶対数は圧倒的に少ない。当然、様々な理由やいきさつがあってのことと思うのだが一般論としては反社会的存在であるとして、寛容ではない大衆は批難の目を向けるし、そんな親のもとで育った子供なども正直に忌避の感情とともに排斥しようなどとしたり、あからさまに差別意識を持つ。

 寛容というのは美徳と目されるが、対象によりけりで、例えば己が殺されかねない状況とか国が侵略されかねないときに、まぁまぁと受け入れるような人格は斟酌する価値もないのだが、人口1憶2千万人のなかで約3万人か、理由なんぞは別にしてまともな社会生活を送れず、ひっそりと隠れるがごとく生きるしとを、やれ不法占拠してけしからんとか汚いとか働かずに過ごすなんてなど、ことさら許せないと息巻く人間の了見の狭さには昔から憤りを覚える。幸い我が国には支那の文化を受け継いだせいか仙人などという存在があったり宗教に帰依して托鉢しながら生きる虚無僧なんてのもあって、他者を傷つけたり盗みでもしない限り、そっとしておくのがほど善い寛容だと思う風潮が大多数と思うのだがどうなんだろう。政治があれこれしたって確信犯的に社会を拒絶しているケースが多いのだから、やっきになって救おうなんてのも無駄な話だ。

 この湘南ホームレスに対するお役所の態度が「事件を起こさないかぎり、望ましいことではないが静観している」と言うことなので救われる。まぁ、けしからんと抗議する奴らも出るだろうが物欲にまみれた国家の子羊がそんなに喚いちゃいけないよ。いくら湘南と云ってもこれからの冬は過ごし難い、火災など起こさないことを祈っている、なんせ回りは森林だからね。

 こんな記事を書いたのは、遠い記憶にある子供のころ、近くの山中に秘密の隠れ家を作りTV映像で観たようなテント張りの小屋を作って遊んでいたのを思ったことがある。たぶん誰もが憧れるけれど大人になってから意図してそうなることは大金持ちになるより難しいようにも思う。その生活スタイルを賛美したり羨んだりはしないが唾棄するような事ではないと思うのだ。唾棄すべきは詐欺まがいの虚業で大衆から大金をせしめている輩だ。
STOP_

web拍手_履歴




 
2008年12月11日(木) No.2192 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

気まぐれ。


 昨日は海にゆくはずだったのに、こまごまとしたことをやってる間に午後遅くなってしまい、あっさりとあきらめてゴルフの日本シリーズなんぞ観ていた。しかし17歳の石川遼プロは素晴らしい、ギャラリーがあれだけ多いのも納得できる。まさに魅せてくれるプレーぶりなのと、何より品がイイや。紳士のスポーツなどと言われながら現実にはコースで紳士然とした方にはめったに遭遇しなかった事を思うと、この先楽しみなことだ。そして今日、最終日はスコアをイーブン、順位をやや落として今フィニッシュ、劇的な史上最年少優勝を期待もしたがそれれほど甘くはないなぁ。それだけに楽しみも大きいということか。

click

 昨夜、郵便物や近所への買い物で出かける際に気紛れに車は使わず歩くことにしてぶらぶら歩きだして、ふと深夜マラソンなる言葉が頭をよぎり深夜ではなかったが走ってみた。運動不足を気にしていたが、案外普通に走れるのでホットした感じもあり距離にして2km足らず、とてもマラソンとは言い難いが息切れもせず帰って来た。途中寄った駅近くのスーパーで各地有名駅弁の特売をやっていて、時間のせいか半額とあった。夕食の用意はできていたが、つい「牛タン弁当」なるものを買ってしまい帰宅後食べたのだが、加熱剤入り容器に入っていて炊きたてのようなご飯になり驚いた、プチ化学実験のようだった。
STOP_夕べ走ったのが良かったのか21時頃には寝たのだが今朝は7:00起床、心なしか身も心も軽い。昼食後には楽器を手にして2時間近くもトレーニング、やはり一度落ちた筋力は簡単には戻らずリップコントロールがままならないが少しずつだが思うような音が出ると面白い。

 気分が良いと読む本も好ましく感じる調子の良さ、我ながらあきれる。あの大野晋さん20年前の編集になる日本語の名文を集めた「この素晴らしい国語」、しみじみ面白いなぁと感じる。この世はいかに賢人に溢れていることかと改めて思うことしきりである。

web拍手_履歴






 
2008年12月07日(日) No.2183 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

スパム・メール。


click

 ここ数週間、腹立たしいことに拙者のメール・アドレスを騙ってのスパムが連日30通近く舞い込む。当初、北欧と南米のホストが主だったのがあっという間に世界中の各国からになり、今日は暇つぶしに発信元を追いかけてみた。国内のものがあったらとことんいってやろうと思ったのだが.jpドメインは幸い一件もなかった。24時間で34件なので数は大したことないがメーラーに表れる差出人が転送の最後の送信者で拙者になるというのは放っておけない。
 調べていて、拙者の利用しているプロバイダの最初のメールサーバーに投函されるている差出人PCが常時接続ホスト名でおそらくウイルスに感染しているものと考えられ、そこから差出人が拙者になり4箇所ほどのサーバーを経て届いている。ということは宛先には拙者の他にそのPCのアドレス帳などにある相手にも送信されているのだ、やだねぇ。結局、その所属ISPでそのPCを特定して排除してもらうしかないのだが、ここはひとつ暇にあかせて根気よくやってみよう。
STOP_この年末・年始を三重県で過ごそうとあれこれ準備を始めたのだが、さて、自宅サーバーをどうしたものか考え、2年ほど前まで自宅に居る時間が少なかった時に重宝していたWindowsのフリー・ソフトの「RealVnc」を利用することに決め、早速インストールした。ところがVista機ではサーバーがどうしてもクライアント側からの接続を拒否してしまい、あれこれ設定を変えるもどうしてもダメなのだ。どうもVistaのソケットの関係が上手く確立しないようなのだ。2時間近くもインストールとアンインストールを繰り返したがダメで、同じVNCの仲間に「UltraVNC」というフリーソフトがあるのを見つけそれをインストールしたところ、ぐふふ、すんなりと走り外部からの操作が可能になった。動きも早く、なかなかに快適だ。

 夕べは早々と床につき何度か目覚めるが5:00には起床、ようやく気分が持ち直したようで、雑事をやっつけるのが苦にならない。今日は土曜日で気温は低いが天気は良く晴れているしと、葉山方面に出かけることにした。

web拍手_履歴



2008年12月06日(土) No.2180 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

だめだぁ〜♪(その2)


click

 先週来、入手した日本語学者「大野晋」さんの著書4冊が読み終わらない。いつも途中からあの狂狷なる漢字学者の「白川静」さんと似たような感じを受けてしまい、どうにもいけない。以前はもっとすんなり読めたように思うのだが頭が固くなってしまったのかと訝しげるばかりなのだがその論を否定するとかいうことではなく、なんとなくワクワクしないのだ。これはこちらの浅学菲才のなせることなのかも知れないのだが、雑学の一つとしてふぅーんと思うだけで感激が少ない。それは時々現れるこじつけめいた言い回しにあるからだと気付いたのだが、信ぴょう性を高めんがために引く例に憶測が多いことに原因があるようなのだ。しかしながらそういった例を調べて挙げるだけでも大変なことだと思うので、もちろん仇や疎かには出来ない大学者には違いないのだろうな。系統立てて知をなすことの難しさを改めて思うことしきりである。そして言葉と文字の世界の茫洋としてただならぬ世界にガックリしてしまいつつ、博覧強記で歴史に残る「南方熊楠」さんのことなど思っていた。
 思うに考古学などは年々新たな発見があったりして確たる新事実が判明するなど、天文学と同様に夢のあることで後付けの哲学などよりはよほど幸せな学問だなぁと観客として観ている。
 というわけでなかなかシゴトのことに頭がむかない、困ったなぁ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年12月04日(木) No.2170 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

ダメだぁ〜♪


click
  ♪〜墓地に立つと下界の事など頭から消える。

 今日は良い天気になるとあって海に行くつもりだったのに一夜明けて今朝、早くに一度目が覚めるも、ぐ〜たら感いっぱいで二度寝、9時頃に電話でやっとの起床だ。思いとは裏腹に情けない人種であることを再認識、寝っ転がって愚にもつかない本など読んでるのが愚かしい。シゴトがらみの電話なのでシャキっとしても良さそうなのに興味が湧かないとダメだ、こんな我がままでお天と様に申し訳ないのだが、こういうしとなのさっ。コンサルを主なシゴトとうたっているからにはもう少し相手を慮らねばいけないとは思うのだが、それが出来ない。話が通じないとしゃべる気が失せてしまうのだから当然世間は狭くなるのだが納得する人生でなきゃと己を慰める、あはは。
 明るい日差しを窓いっぱいに受けながら無為なる時を過ごすナマケモノではあるが先日の墓参りのとき姉御と話した中で、6人兄弟が揃って元気であるということに思いを馳せ、どのくらいの確率であるのか少し調べてみた。しかし意外と珍しいことでもなく還暦を迎えられる確率は平成18年度あたりの調査で85%近くに達しているのだから格別に運が良いわけでもない。しとの生き死にをバクチに例えちゃ不真面目の誹りを免れないが全員参加の究極の賭けだなんてつまんないことを考えていた。単純に長生きが勝ちということなのだが、そのために努力したくはナイというこの性分、吉と出るか凶と出るか、これは興味のあることだ。
 つくずく思うのだが終戦間もないころ頃の平均寿命や平均余命から見て現在のそれは歴史上かってないほどの伸びで倍増にもなっている。グラフで見ると恐ろしい感じすら受けるのだが、終期医療制度や尊厳死についてのコンセンサスが未だ確率していないのが面白くない。医学界に強力なオピニオン・リーダーが出ないものかと、どこまでも他人まかせのお気楽な奴である。

STOP

click
♪〜出典不明


_年齢別生存率で60歳が85%でそれほど稀ではないと書いたが出目が100のサイコロを振ったことを考えると6人が揃って残る確率は約32%で、やはり少しはラッキーなのかも知れない。これが今の平均寿命まで揃って生きている確率となると0.7%という超ラッキーなことになるだがジャンボ宝くじでいうと5等賞1万円が当たるよりは7倍もの幸運だが4等賞50万円の幸運(1/100,000)にはとても叶わない確率ということになる、何考えてるんだか。

web拍手_履歴



2008年12月04日(木) No.2169 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

あわただしい。


click
♪〜夕闇

 今朝はのんびり寝ていて起床9時、さすが昨日はちと草臥れたようだがそのくらいの方が熟睡できるみたいだ。師走でもいそがしくはないと書いていたが、ここにきて年末・年始の予定やらがぼちぼち決まりだし、それまでの日数を考えてみると、あわわっ、っという感じがしないでもない。

 今日は夕方、カー・ディーラーで車両の交換、後部ハッチに詰め込んである釣り道具やらなんやらを乗せ換えるのに一仕事であった。修理に2週間程度ということで、代車は必要ないかなとも考えたのだが、その間二日ほど仕事もあるしと借りることにしたのだ。同車種が用意されていて良かったがアクセルの調子が随分違うものだと驚いた。

STOP_

web拍手_履歴



2008年12月03日(水) No.2168 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ふっ、富士山観たかったなぁ。


click
♪〜今日の青空。

 天気予報の雲の動きが半日ほど前倒しになったようで御殿場方面は絶好のドライブ日和となり、ハレオトコ面目躍如でいい気分だ。しかし夕べはさっぱり寝つかれず子守唄代わりにかけるジャズを聴き入ってしまうありさまでどうにもいけない。
 とはいえ約束なので8:00にはシャキット起きて都内に向かい頭の上がらぬ次姉を迎えに行く。聞くところに寄ると9月に全損事故に遭い九死に一生を得たということでご先祖様にお礼まいりをしにはるばる上京したのだという。それでアッシーというかドライバーを買って出たのだが思えば15年ぶりの墓参だ。その時は姪っ子がスキー旅行で自動車事故にあい、他にもトラブル続きということで扼払いのお墓まいりしたことがあったが、その時もドライバーを買って出たのだ。

 拙者は不埒なことにまるで信心深くなく、特定の個人や教祖さまの類をあがめることにはジンマシンが出るほど嫌悪感があるのだが、この世の中すべてに感謝するとか、ご先祖様に感謝するという方々は何故か好ましく思え、ご相伴にあずかろうということなのだ。敬虔とはそういうことだと信じて疑わないのだが、ゴリヤクを期待出来るほど熱心じゃないのがバチあたりだ。

click
♪〜山中湖畔で、気温は10℃。

 墓所は御殿場の実に見晴らしの良い所で富士山が良く見えるはずだったが今日は生憎その方向だけ雲が立ち込め見ることが出来なかったのがちと残念、しかし終日秋の日差しがさんさんと照るなか、無事お参りを済ませ、ついでに山中湖を一周して帰って来た。しばらくぶりの長距離ドライブだったが我ながらの安全運転で感心する、自分で言うのは可笑しいか。

 昼食に山中湖畔の洒落たレストランなど2軒ほど目星をつけていたが、最近はそういうのが億劫になって、ラーメンでいいやと立ち寄ったお土産やさん、あはっ、素朴な醤油ラーメンがじつに美味しく頂けた。安上がりで、ここは拙者がゴチしますと、こりゃぁズルイね。
 富士山は拝めなかったがなんだかんだで楽しい一日だった。

STOP_

web拍手_履歴




2008年12月02日(火) No.2167 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121][122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen