LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


古代史。


click

 昔から歴史スペクタクルといった映画が大好きで、あの「ベンハー」や「エクソダス」などそのサウンド・トラックも含め何回も見ても飽きない。ハリウッド映画でも一大ジャンルとして数々の大作が造られその制作費用の巨額なことに期待感を持つという変な映画ファンなのだが、今日、ふらりと寄ったレンタル店のDVDコーナーで見覚えのない古代史スペクタクル物が数巻あり、つい借りてしまったのだがレジで「シニア会員」に登録しますかと聞かれ、えっ、っと訊ねると60歳以上のシトは料金が無条件に一律3,4割も安くなるのだというではないか、わぁ〜ラッキーと即、登録。そういえば2年前の日記に映画の封切り館窓口で高齢割引を受け驚いた時のことを思い出す。単純にいいことだなぁ、あはは。
 で、さっそくそのうちの一巻、「トロイのヘレン」なる作品を観た。古代ギリシャ神話に連なるエーゲ海文明のトロイ王国の滅亡を描いたものでおはなしの内容はともかくおなじみの名「アガメムノン」や「アキレス」「パリス」」オデッセウス」などなどが出てきて、その昔、本で読み知った古代史と神話の関係などに思い至り大変楽しく拝見した。2003年制作というから5年前だ。以前にもあったと思い調べると1955年にもハリウッドで「トロイ」という同様のスペクタクルが制作されている。
 このトロイ戦争は史実によると今から3,000年位むかしの話のようだが其の頃の中国は春秋時代に突入といった時でまぁ似たり寄ったり、文明の同時性ということなのか、ただ記録ということでは向こうにはホメロスがいてこちらには司馬遷一族がいたおかげであたかも見てきたような想像をめぐらすことができ、なんとも興味がつきない。
-------------------------
 快晴の湘南海岸からの帰路、カーラジオで書籍出版社「草思社」に続いて自費出版大手の「新風舎」倒産のニュースを聞く。本が売れなくなったと言われて久しいが業界の形態にも問題がありそうだ。なにか良いカタチはないものか、知恵ものが出ないのかなぁ。再販禁止制度によって返本される書籍が4割もあり、裁断処分しているのだという。情報氾濫によりそれに類するものの相対価値が際限なく低下していっているのはまぎれもない事実で、既存のメデア、TVやラジオ・新聞・週刊誌・雑誌もよそ事ではない。当然のなりゆきだと考えると、かの業種で生計を立てているシトの数が無用に多いということなのか。ここはひとつ一次産業に従事するほうが豊かな時代をつくってみてはどうかなぁ。もっとも歴史上そんな世の中はなかったのだが、それは労働にあたることが一次産業だけだということなのだろうね、人間社会の歴史は搾取の歴史でもある。
--------------------------
関係なしに今日の一首。

『逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり』
詠み人:権中納言敦忠



2008年01月10日(木) No.1496 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

始動。


 世の中、お正月休みもあらかた終わり今日月曜日からシゴト始めという方が多いようだが、こちらも気分は仕事始め、といっても極めて消極的、スローライフということで張り切ってというには程遠い。しかし電話やメールがぽつりぽつりと入り、隠遁してはいないと実感する。
 お昼には昨日、スーパーで気まぐれに手にした「七草粥」を食すもまるで美味とは無縁の薬膳料理のような食べ物だが、食欲とは関係なく古の和の食材のことに関心が及び『せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ 七草』の歌から小倉百人一首に目がゆき、しばしト〜イ目となる。800年前ねぇ、ペンペン草も食べていたんだ。
 我が国には宗教と無関係な(元はあったかも)イベントが多く残っていてその故事来歴を少し知るだけでとても豊かな気持ちになる。
----------------------------------

 今日、Youtubeでとても微笑ましくも懐かしい場面を見た。ブロードウエイ・ミュージカルのリハーサル風景だが「ウエストサイド・ストーリー」に当時(半世紀も前)のメンバーが一緒に加わっているというもの。
2008年01月07日(月) No.1490 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

長持ち。


 あはっ、この日記書きながら寝てしまい月曜日になってしまったが、あわてて送信せずにブラウザを閉じてしまい再度書く破目になった。ほかでもない、拙者の長姉より先日、「古稀」だよと連絡あり、おめでたいやら驚くやら。
 昨日の日記でPCの寿命のことを書いたのだが今日は海から帰ってきてから夕方、我が日本人の平均寿命について少し調べてみたのだ。ゼロ歳児の平均余命を平均寿命と言っているのだが統計上で現在生きているいるシトの年齢でのその余命の平均年数は平均寿命に近いとはいえ意味合いが異なる。今年この「古希」を迎えた方の平均余命は19.17年とある、約20年、先がながい。
 さらに言えば、今年平均寿命の年齢に達した人の平均余命というのが8〜9年以上もあるのだ。105歳のおばあちゃでも平均余命1.76年、生きている限り余命はあるのだ、あたりまえか。
 日本人の平均寿命の伸びはここ半世紀に著しく平成18年度で男79.0歳、女85.8歳と世界でも一番だ。さすればこの「古希」なる祝いの由来である中国・唐代の詩人・杜甫が詠じた「人生七十古来稀なり」は当てはまらなくなってもいる、全然まれじゃないもの、現代での「古希」に相当する実年齢は概ね100歳かなぁ。
 ちなみに拙者の平均余命は20.1歳とあった、えぇ〜〜っ、そんなにも、って感じがする。数字の上でのことだが、先に逝ってしまったシトの分が上乗せされる訳ではない、早死にのシトが多くなると平均寿命が下がり、よって平均余命も少なくなるのだ。
 こんなこと書いておれば眠くもなるな、今日もよい天気に恵まれ気分は良好、それにしても20年もありゃぁ何かすべきことがあるのかも知れない、それとも余生と割り切ってジタバタするのは止めとくか、思い乱れる年初めだ。
2008年01月06日(日) No.1489 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

年賀状。


click

 元旦から南関東は、それこそ申し訳なくなるような天候に恵まれ家に居るのがもったいないと思いつつ、さて、行きたい所がこれといって見つからない。
 何通か届いた年賀状の最初に吉永小百合さんからのものがあり、えぇ〜っと驚くふりをしたのだがもちろんこれは民営化なった日本郵政グループの「宣伝チラシ」。日本中の全家庭におくられたのだろうな、それにしても芸のないといっちゃ悪いが、山田洋次監督がよく許したものだと感心した。
 虚礼とか無駄、無益などと言われたりもするこの年賀状、んなこたぁない、慣習として世界に誇れる上等なものだと思っている。お歳暮とか中元だってそうだ、強制されるんじゃとんでもないが送りたいと思う気持ちは豊かなものがある。
 今年はこちらの都合で遠慮せざるを得なかったが例年であれば、それこそ何十年も会っていない知人の賀状を見て、思い出をよみがえらせることが出来るのだ。庶民においての年賀状はそれほど歴史のあるものではないと思うがちょっと調べてみるとこれは日本国民の欲するところから定着した習慣だということが良くわかった。1870(明治3)年 前島密、郵便制度の創設後すぐ政府の事業となり全国津々浦々に一律料金で手紙やはがきが送れるようになり、1900年には年賀切手など発行したことから、一気に増加して年賀状として受け付けたものに1月1日の消印を刻印し、元旦に配達するようにしたらしい。その昔には高貴な方や大金持ちでなければ出来なかったことが誰にでも可能になったということだ、素地はあったのだ。
 あのお年玉付き年賀状というのは1949年発行というから戦後復興に向けての一役もかっていたかも。
 この集中する郵便の配達は一大イベントとなったのはその枚数から容易に推測できる、年末年始と郵便局のアルバイトは年賀状同様、風習みたいなもんだ。
--------------------
 午後から海にゆくはずが、ちと風があるように思え断念、少し本を、宮崎学さんという方が筑摩書房より刊行している「近代ヤクザ肯定論」というもの、いや別に拙者がヤクザを肯定するということではないのだが国家による治安が堕落すると当然彼らのほうが権益を得る、パワー・ゲームというくらいだもの。

2008年01月02日(水) No.1484 (雑感::些細なこと。)
Comment(0) Trackback(0)

オーラス。


喪中で新年を寿ぐことが叶いませんです。
昨日は掃除に料理にと、とち狂ったかのように動き回り夜10時を過ぎてバタンと寝てしまい目覚めたのが4時。せっかくなので2007年大みそかの日記の下書きだ。
前からこの日はサッチモの「What A Wonderful World」で飾ると決めていたのでまずそれを用意した。現行法規では違法コンテンツと糾弾されかねないのだが、大げさに云えば語り伝えたいみんなの宝物だからなぁ。
『この素晴らしき世界』を信じたい。
最近は日記といいつつも朝や昼間に書くことも多いが、今日は少しセーブして大掃除の予定。つづきは。。。


------------------------
ふぅ〜、休憩休憩、今3時過ぎ、コーヒータイムだ。大掃除の仕方を変えた。
部屋が一つ空いたのを利用して大きなダンボール箱とポリ袋を壁際に並べ分別ごみの基準を大きく書いた張り紙をしたのだ、うん、これなら確実に処分が進む、グッドアイデアだ。さしあたり見えるところの不用品をそこに運ぶ。いままでの大掃除とはちと雰囲気が違うがこうでもしないと前進しない。
 さてもう少しやっつけよう。
------------------------
・・・・除夜の鐘だ、TV画面は雪模様。紅白歌合戦の終りの方の何曲かを聴いた、阿及悠さんの曲だった。ヘッドホンにして思いっきりの大音量にしてみた、森進一さん、石川さゆりさん、すごい歌い手だなぁ、シミジミ〜♪
 さぁ、2年またぎのお風呂にしよっと。

2007年12月31日(月) No.1475 (雑感)
Comment(6) Trackback(0)

引っ越し。


 なはっ、朝9時、息子の引っ越しが始まった。出来るだけたくさんの物を持って行ってほしいと言ったのだが敵もさるもの、おいそれとは引き受けてくれない。改めて見回すと実に余計なモノにあふれている。再度のガラクタ整理を心に決めた、今度こそ。
----------------------------------------

click

 昼過ぎにようやく全ての荷物を搬送車両に積み込み、じゃぁねとお別れしたのだがなんかあっけないもんだ。
 少し広くなった部屋で昨日購入してあったマルサリスのCDを聴く。スタンダード・ナンバーを実にきれいに演奏している、最高水準の器楽演奏、が、なんかぴんとこない、まぁこれはスムース・ジャズというものかなぁ、などと思いながらケースの中のライナーノーツを拾い読みする。・・なにかおかしい、この著名な評論家の紹介文がどうにも薄っぺらでしきりに彼を持ち上げてはいるものの、波長が合わないということか、演奏同様最後まで平常心ではたどりつけなかった。

click

 マルサリスについては先日その「ハーモニー」というアルバムの中の一曲を驚きを持って聴き、あるいはと期待を持って未聴音源を買ってみたのだが残念ではあった。拙者が信をおく数人のディープなジャズマニアの言い分のほうがよほど的を得ている、まぁ極めて少数派ということにはなるのだろうけれどね。
 『ひとつのロングトーンに込められる奏者の思い、願い、希望、それまでの修練、人生、それらすべてがその奏者の音楽のすべてなのだ』などと口に出していう演奏者などというものは結局のところ秀でた表現者足り得無いのかも知れない、そしてそんな言をごもっともと聞き入れる批評家というのは、なにか、魔が差したのかと思ったり、う〜ん、いけないね、ここにきて。

2007年12月29日(土) No.1467 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

携帯電話を放流。


click

 なんてこった、2度も同じ場所でドジなことをやらかした。お昼に電話が掛かって来る約束があったのでフィッシング・ベストのポケットに落ちないよう十分気をつけて持参したのに、海水を汲み上げようとかがんだとたんスルリと海中へ、わぁ〜〜、しまった。といっても後の祭り、帰る途中ショップにより渋々機種変更だ。一時間くらいでなんとかなったものの、メモリがすべて紛失だ。ん?PCに保存してあったような気もするがみつからない。電話帳は幸い全データがPHSにありなんとかなりそうだが余計な手間が出来てしまった。
 つながったとたん留守電メーセージが8件入っていて、皆いらいらした感じがかぎとれる、ぐふぅ〜、無理もない。順番に電話して謝る。
 ショップでいろいろなサービスや契約の案内を辛抱強く聞く。相も変わらず、わけのわからない料金体系だ。一昔前のプロバイダ料金体系と同じで、どんなコースにせよ高い価格設定だ。それと手続きの合理的でないことといったら信じられない。若い社員が目立つが決して生産的な仕事とは思えない。新機種にもやたら無料の表示が強調されているが必ず条件がついているといった胡散臭さだ。あの携帯電話販売店「HIT SHOP」で膨れ上がった「光通信」という会社のことをどうしても思い出してしまう。でもこれは新聞社とその販売店の関係のようなもので止むを得ないことなのかも知れないなぁ。
 自分のドジの情けなさをフォローするには八つ当たりしかない、ついでにいうと本来機能的であるはずのウエア類のデザインに工夫がなさすぎる。ポケットの位置や角度、大きさなど、やはり大量に出回るものでないからかどうも机上のスケッチでしかないように思うのは拙者だけかな。
------------------------------------
 あと四日残すのみ、気分としては明日を仕事納めとしよう。

2007年12月27日(木) No.1465 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120][121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen