LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


初詣。


click
♪〜錦漁港のタイル張りの灯台。

 昨夜の10時から今朝方4時過ぎまでお店のオテツダイ、戻って2時間ほど仮眠のあと、天気予報を詳細に調べた。紀伊半島の東海岸は場所場所で風がまるで違うのに驚く。前回も行った紀伊長島の手前、錦漁港にねらいを定め、いざ出発。
 撒き餌に寄る雑魚を見ながら、あれこれ仕掛けの細工をして3時頃まで遊んでいた。晴れ時々曇りといった天候だったが小刻みに風向きとその強さが変わるので、いまひとつ落ち着かない。で、ヤメッと帰り支度しながら、三重県に滞在しているのなら、やはりお伊勢さんだろうと、突然に初詣を思い立つ。


click
♪〜、?

 そして乗り込んだ伊勢道は、半端じゃぁない渋滞、さすが伊勢神宮だ。途中のカフェで小一時間休んで、内宮正殿に着いたのはもう真っ暗の7時、それでも参道は行き来する善男善女でまだ賑わっていた。
 夜ということもあって、参道やお社のたたずまいが、ずいぶん質素に思え改めていいなぁ〜と思いながら歩いた。5年後には式年遷宮がなされるとあって、同じ広さの空き地が隣に用意されていた。

 お札所で弟夫婦にお守りかお札を買っていってやろうとしたが売り場に長蛇の列、並んではみたがすぐあきらめてしまった。今年も根性なしでということかなぁ。

 多分心配してだろうがメールが幾度も入る。今夜は店員さんがいるから来ないでもイイよ、なぁ〜んて。でも、拙者は行くことにしている。しばらく天気が悪そうだし。
STOP

web拍手_履歴




2009年01月02日(金) No.2264 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

ふぅ〜♪あけましたねぇ。


click
♪〜gif by 村松麗子さん。

 あけましてあめでとうございます。

西暦2009年、平成21年の年明け、旅の空で迎える新年は望んだ事とはいえ、なかなかにシンドイものがあった。転がり込んだ舎弟の家業がなんつぅーても年中無休、24時間営業の店なのだからそれこそ盆も正月もあったもんじゃぁない。パートやアルバイトの店員さんを極力休ませるためにできる限り家族でしのごうというのだから商売はたいへんだ。手伝いくらいやってやるさと大きなこと言って昨夜の10時から店に行き、今日、元旦の朝6時までいたのだが、さすがにくたびれて、戻るなりバッタリと横になる。しかし良い運動にはなったようで6時間ほども熟睡できた。これがシゴトだと思うとぞっとしてしまうのは、やはり好きな事とは違うということだろうね。

 午後2時前に起床したあと、帰省している姪っ子とノートパソコン買いに行こうと出たのはいいが、量販店が軒並み臨時休業で空振り、一時間ばかりのプチ・ドライブであった。

 元旦の三重地方は時折小雨ともミゾレともいうような感じの天気で山側は雪も降っているようだ。車のウインドウが氷結して真っ白になってしまうのには驚いた。

 例年であれば元旦の記事に、少しばかり工夫などもするところだが、今年ばかりはそうもいかない。年頭の抱負などおこがましいが日記でもあるし思いつくままに、

・新しいソフトを入手してDTMで新作を作る。
・楽器の練習をコンスタントに続ける。
・レンズを買って、デジカメ写真をもちっとマシなものに。
・昨年の実績からもう少しシゴトを増やす方向で。
・フェリーでの旅をする。

はてさて、どうなりますことやら。

皆様のコメント、お待ちしています。冗談・駄洒落・突っ込み、大歓迎ですから。
STOP

web拍手_履歴






2009年01月01日(木) No.2261 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

大晦日。


 さてっ、2008年も今日までと相成りました。こんな書き散らかしのページにお目を通して頂いた寛容なる皆様には、ひたすら感謝するのみであります。

 仕事人間やーめたと宣言してセミ・リタイヤ、ありあまる時間をひたすら道楽に勤しむ呑気なおじいさんとしては、このホームページやブログは格好の生存証明ともなりつつあり、それに加えて折々に頂くコメントにはさらなる活力の源ともなっております。

 普段、皮肉っぽくも批判めいたことどもを書いてはおりますが、本心はやはり平和で万人が住みやすい地球であってほしいというのが大前提です。なんといっても直向に生きる若者の未来が今より悪いんじゃぁバトンタッチした我々の人生はまるで無意味だったとしか思えないもの。

click

 ひょんなことから三重県に来ており、今日は弟嫁の母上のご尊顔を拝することが出来た。古い農家で回りに田んぼが広がり、築80年だという家屋のそばには小川、向かいの山肌にひっそりとした神社と、それこそ我が日本の原風景といった感じの情景に出くわし、なんとも殊勝な心持になった大晦日であった。

 83歳なのだが、陽の射す板の間で芋の皮むきをせっせとされているところに案内されるや、破顔一笑、しわくちゃなお顔をくしゃくしゃにされての歓待を受け、感激の一瞬であった。さすれば長生きもまんざら捨てちゃもんじゃぁないと、またまた頭の中での想念遊び。春には桜並木が見事だからまた来なんさいと、言われりゃすぐその気になる拙者ではあった。

 それではこの辺で、これをご覧の皆様、良いお年を!



STOP

web拍手_履歴



2008年12月31日(水) No.2255 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

あと、残り一日。


click
♪〜賢島大橋に沈む夕日。ケイタイで。

 今朝は8時起床、一応年内の釣りは今日でおしまいにしようと出発準備をしていると、舎弟が休みだから同行するという。彼の道具も積んだままなので、それではと9時過ぎに出かけたのは、昨日訪れた的矢湾、海の様子と連れた魚の写真をメールしていたので、おそらくは行きたくてうずうずしていたに違いない、いいひ。

 少し風はあるものの、陽がさして気持ちのよい天気だったので、昨日の場所から50m程離れたところにポントを定め、昼過ぎまで遊ぶ。やはり木っ端メジナばかりなので移動することになり、さて、五ヶ所湾にするか、賢島にするか迷ったが、途中の釣り餌屋さんに聞いたところ、賢島手前から降りていく神明漁港の波止でサヨリが釣れているとのことだったので、そちらに向かう。

 足場の良い波止で釣り人が4人ほど、しもり浮き仕掛けでサヨリ釣りに興じていて、バケツを覗くと25cm位の可愛いサヨリが十四五匹あがっていて期待に胸膨らます。がっ、時合いが悪かったのかさっぱり当たりがこなく、陽が沈むまでやって帰路につく。年末年始をホテルでという客か、志摩周辺の国道は他県ナンバーの車で、なかなかにごったがえしていた。

STOP

web拍手_履歴



2008年12月30日(火) No.2251 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

あと、2日・・・


click

 今朝は7時に、すっきりと起床。熟睡感がしてとても気分が良い。今日は手伝いがないということで、昨日の続きで拙者一人で伊勢?志摩半島に出向くことにした。折角なので高速道路でなく国道を行ったのだが途中には伊勢神宮や天照大神の天岩戸などなど次々と名所旧跡があるのだが目指すは牡蠣の養殖で名高い的矢湾なのだ。
 2時間ほど走って到着したのだが、湾をぐるりと回る護岸沿いの道路は車一台やっと通れる細道で、スリル満点。最初にたどり着いたところに車を置いてデジカメ持参で護岸堤防をぐるっと歩いてみた。

click

 地元のおじいさんがナマコを鈎針で採っていたが敵もさるもの、なかなか姿を見せない。他にもお一人釣りをされている方が居て、話を聞いたところ、まだキスも釣れるのだと言っていたので、俄然その気になりお昼ぐらいから日当たりの良い護岸でのんびりと大名釣り、すぐに手の平大のメバルが掛りこりゃぁ面白いと夢中になる。他には小メジナばかりだったが朝夕には少し大きいのも釣れるということだった。

 的矢湾に来たのは初めてだったのだが、写真や映像で見るとおりの穏やかな海で遠くに見えるのが、あの「喜びも悲しみも幾年月」で有名な灯台だと地元の方が教えてくれた。

 有名な土地なのでもっと大きな町並みがあるのかとも思っていたが、いかにもヒッソリとした内湾で養殖業者の家々が海沿いに並んだ静かなところだった。

click

 氏神を祭る神社のあるところが高台の展望台になっていて湾内を一望出来、今日はホントに良い天気だったのできらきら光る海面と牡蠣棚の様子がとても美しい景色で、これまた大満足の一日となった。帰路は伊勢道を通り1時間半ほどで津に戻ることが出来たのだが伊勢名物「赤福」を買おうと寄った観光市場でが良く似た「御福」しかなかったのだが、そういえば食したことがないので、これをお土産にした。自分が食べてみたかったのだ、ぐふふ。

STOP

web拍手_履歴



2008年12月29日(月) No.2248 (雑感::旅情)
Comment(4) Trackback(0)

あと、日。


click
♪〜途中寄った釣りえさのお店、釣れそう。

 今年最後の日曜日、津市は早朝からすごい強風で外出はあきらめかけていたのだが、舎弟も休日だということでまたまた釣行案が持ち上がる、ぐふふ。紀伊半島はその複雑な地形のせいで、どこかしら強風を避けらるのがいい。天気予報を見ると、志摩半島より南では穏やかな陽気になっているということで朝10時前に連れ立って出発、大のつりキチだったのがこのところ収まっていたらしいのだが、どうやら再び火をつけちゃったのかも知れない。

 前回、下見して良い感じであった錦漁港にいったのだが、やはり釣り納めなのか人出が多く、良い場所は確保できなかったものの、撒きえに子メジナやタナゴが群れをなして湧いて来るので楽しいったらありゃしない。

 さすが磯つりのベテランだけあって彼は沖目のポイントで、少し良型のメジナを次々とあげる、針掛りの具合が良いと、まぁ自慢すること、あったまにくる、だはは。でも確かに上手だわ。


click
 ♪〜釣り人が多かったぁ。

 拙者はいつもの軽量竿で足元の木っ端メジナとタナゴを、それでも飽きない程度に釣れるので大満足、3時間位だったが面白かった。

 最初の準備の時に水汲み用の布バケツの金具が折れ、海中に沈んでしまったのだが、たまたまサザエ取りの漁師さんが近くに泳いできたので、だめもとでお願いしたところ気分良く拾い上げてくれた、感謝感謝。

 本当なら早めに切り上げて、紀伊長島の方も回ろうといっていたが4時近くなってしまったのでそのまま帰ったのだが、夜は自宅で食事をすると、途中でお刺身など大量に買い込んでいるので、びっくり。えぇ〜、そんなに食べれるの〜、と余計な心配をする。

STOP

web拍手_履歴



2008年12月28日(日) No.2245 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

あと、4日。


click
♪〜近くの白塚漁港にて。

 さてっと、今日は土曜日、残すところ今年もあと4日間、昼に出かけたショッピングセンターはさすがに歳末の賑わいぶりで気分が華やぐ。地方の衰退が叫ばれ続けていて、たまに訪れるところがいづこも判で押したように人出がまばらだと滅入ってしまうのだ。
 やたらと面倒見のよい舎弟は拙者を気使い、やれ足に負担のかからぬ靴だの、動きやすいパンツだのと勧めてくれるので、ものはついでとウォーキングシューズとクッションの効いたソールなどを買う。以前、気まぐれの散歩で足が痛くなったことを思い出したのだ。いくら軽いといっても革靴は底が固い分足に負担が大きいのだという、そういうことをあまり考えなかったしとだからねぇ、拙者の場合。
 お昼には調理師でもあった弟お勧めの回転寿司はどう?と聞かれ文句のあろうはずもなく入店、大手チェーン店だったがお客さんで満員の盛況、でも10分と待たずに席につき、定番のネタを8皿も食べてしまった。彼いわく、この円高で輸入ネタの割合が大きいすしチェーン店の利益増は半端じゃないようなことを言っていたが、そりゃそうだねぇ。

STOP

web拍手_履歴




 
2008年12月27日(土) No.2244 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118][119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen