LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


えっ、満開?


click

 どうにも天気予報が微妙にずれて、割合と良い天気なので落ち着かない。今日は昼から八王子方面での仕事に出かけるので表に出て桜並木を見ると、これがもう満開に近いような咲きっぷり、もっとも陽の当たる通りなのだが。この分では週末には辺り一帯が満開となりそうだ。これと直交している道路の桜はまだ一分咲きくらいなのにずいぶんづれるものだ。今週は今日と明日、そして土曜日の三日間をシゴトにとられる。年度末ということでどちらさまも忙しそうなのだが、巻き込まれぬように用心しなくちゃと情けない知恵を発揮する。我儘だ。

click





2008年03月25日(火) No.1626 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

大河ドラマ、篤姫。


どうやら今週は日本列島を雨雲がゆっくり通過するようで天気はよろしくない、よって少しシゴトに精を出そうと予定を組む。貧乏といやぁ聞こえはよくないが清貧なら気分は上々、いくつになってもシゴトをしてりゃぁ遊びも一層面白い。願わくば週に2〜3日というのが望ましいのだが今週、来週はそうも行かず、それもまた良しと自分に言い聞かせる、天気も曇り勝ちだし、だはっ。
日曜日の夜、タイミングが合うと国営放送の大河ドラマ「篤姫」を楽しく拝見させてもらっている。主役の娘さんが時にコミカルで見ていて愉快だ。歴史劇としてあれこれご意見を耳にもするが拙者にはまるで頓着はない。
 原作がおそらくは鋭い視線で描かれたようで、明治維新となる直前の我が国の封建制度を分かりやすく表現していると感じる。よく言われるとおり西洋諸国の近代化における民主主義への変貌とは間違いなく異なる維新だったのだなぁとつくづく思う。依って立つべき錦のお旗はなんら変わっていないわけだから官吏組織を一新した時の制度改革ということで、民主主義とは名ばかりの一時の変化でしかなかったのだろうな、さすれば昨今の肥大化した税金の浪費ぶりにも納得がいく。しかし、この我が国の仕組みは官吏さえまともであれば民衆にとって幸いなものであると思う。妙な宗教者や極悪人がてっぺんにいたのではどうにも悲惨なことになるのだが歴史上では何度もそうであったし、今もある。畏怖すべきなにものかがあることがしとには必要なのだ、そしてそれはあからさまでないほうが民にとっては幸せだ。
んなこと考えているうちにこの「民」という文字が気になりだしてそれこそ根掘り葉掘り、いやはや西洋と東洋ではその曰く因縁が随分と違うものだと知った。瞳のない目に針を刺してあるのが「民」の文字だと聞いた日にゃ、救われないなぁ。比してデモクラシーの語源を構成するdemosは始めから人権らしきものがあったのだから、白人種にはかなわないのかも知れない。

2008年03月24日(月) No.1625 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ラッキー。


早朝6時のフェリーに乗り込み、いざ帰還と瀬戸内海の朝日の様子を観ながら柳井市に到着、ちと考えたのはこの時間でだと帰宅が昼過ぎぐらいで実に半端であると。そこで仲間と別れ拙者だけ4〜5時間ブラブラして帰ろうということ、最高の天気になったことだしと。手始めにフェリー港の側の埠頭で竿をだしたりし、地元の若者に餌など分けてもらい二時間ほど遊び、列車に乗り三つとなりの駅までいって漁港、・・・続く。


click

 ということでその後JR山陽本線在来線の各駅停車に乗り、神代という小さな無人駅に降り目の前の防波堤の先端へいった。風もすっかり弱まり青空が広がっていてホントに気持ちが良い。思い立ってデジカメのセルフタイマーでのんびりと釣り糸を垂れながら遠くに周防大橋を見ている拙者の後姿を撮ってみた。ユニークな記念写真だ。
 三月の海は水温が一年で最も下がる時期で海水の透明度は増して水中が良くのぞきこめるので、これで小魚の姿でも見ることができると言うことないのだが、あいにく海藻だけでそれはない、そしてもちろん釣り糸に掛ることもまずない。そんなさなか東京から思いもよらぬ電話が入り、約束を一週間延期できませんかというではないか、

click

これ幸いと快諾し、よ〜し、どこかもう一泊して本格的に釣りしてやろうとwebで調べる。荷物が少なければ北九州あたりまで足を延ばすのもいいと思ったが、今回は帰路の途中で、いままでやったことのない『カカリ釣り』なるものに挑戦してみようと静岡県は清水港に行き先を決め、宿と釣り船屋に予約を入れる。出船は朝6時と早いので今日は現地に入り一泊しようということだ。


 広島から「のぞみ」「ひかり」「普通」とJR東日本の列車を乗り継いで20:00頃、清水に到着、ふぅ〜っと一息。
 携帯電話でのweb閲覧、結構イライラするもんだ。いわゆる遅すぎる、こんなんでよく料金を取っているなぁと。ちょっと時刻表を調べるにもアクセスできたりできなかったり、表示がとろいので、なにしてるんだか忘れそうになったり、ひょっとして電車内やホームなどでじっと携帯画面とにらめっこしているのはこれなんじゃないかと納得、メールなんざ読むのにそんなに待つこともないし、ゲームなら指先が動くだろうし、ありゃネットに違いない、15年前のPC並みで一部のオタクがひっそりやっていた通信をいまや大多数のしとが公の場でやってるんだ、この待ち時間の総量を考えるとそらアホらしいことだなぁ。
 人類から生きている時間を費やすものとしてテレビが出現し一憶総白痴などと揶揄もされたが、いつの頃からか「ながら」ということがほとんどになったのでよしとしても、取って代わってPCやこの携帯でのネットサーフィンはなんと多くの空白時間をもたらすものかと改めて感じ入った。おおいなる暇つぶし文化の出現だね、他にやることは沢山あるだろうなーんてのはそれこそ天に唾するようなことで、コレデイイノダと納得しなくてはいけない、ぐふぅ〜。

2008年03月21日(金) No.1622 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

晴れるには晴れたけど。


click

 今日、春分の日、ここ瀬戸内の小島、平郡島は良く晴れたのだが風が強い。よってバッグに忍ばせてきた釣り道具の出番はなしということで日がな1日シゴト三昧となった、ザンネン。道すがらデジカメでカモメやハナバナを撮るもネット環境がいまいちなのでアップは叶わない。伝え聞く話しではNTTさんが通信網の全国的充実の一環として各地の離島についても採算性関係なしでADSL回線を2010年迄に整備するらしいのだが、それこそ衛星通信などを利用した方が手っ取り早いように思う。
 予定通り1日でシゴトは終えたがどうやら気圧配置がよろしくなく、風が弱まりそうにもない。予報の風速は3〜2m/sだが多分違う。土曜日の東京での約束も念を押したところ延期無しというし、ここは諦めて明朝6時出航のフェリーで帰京を決心、ざ〜んねん。

 それにしても携帯ブラウザでの日記の更新も慣れりゃそこそこ普通に出来るね、アップ出来るjpeg画像はサイズに制限があるようで保存した2Mbyteのものは駄目みたい、縮小したらアップ出来た、グフッ。


2008年03月20日(木) No.1621 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

さてっと、出発。


 今日は山口県柳井市にある平郡島への移動の日なので車中寝てやろうと昨日から飽きもせずにDVDのアクション物などを見ていた。ストーリーはともかくその過激なアクション映像が意味もなく面白いのだが、ふとこういった戦いや争いを見て喜ぶという我ら大衆は古代ローマ時代の民衆同様やはり飼いならされてしかるべき種類のしとになるのだろうなぁというように思った。お国柄にもよるが全人口のおそらくは九割以上の大多数がそうなのだから別段卑下することもないのだが、そしてまた享楽的な一生というのはユートピアとも目されてもいたように思うが、やはりこれは違うだろうなぁ。
 さ〜って、準備にかかろうかな。今回も途中下車の旅はままならないようなのが少し悔やまれる。
 海水浸けにして壊したコンデジが奇跡の回復の兆しを見せた、驚いたことに撮影出来たのだ。じきエラーとなって再生しかかなわなくなったが、なんか療養中というかリハビリをみているようだ、ベッドに寝かせて氷枕でもしてやろうか、それとも温めてやろうか、あはは。

click

早めに家を出て幸いだった、この15日にダイヤが大幅に変わっていて前回と同じ新幹線に乗るつもりだったならフェリーの出航に間に合わないところだった。早めに新横浜駅に着いたおかげで余裕を持ってチケットを購入、珍しく駅弁など買い込んで『のぞみ67』に乗り込む。

天気予報は雨っぽかったが例によって花曇りではあるが晴れた、しかし黄砂のせいか見晴らしが良くないので窓外を眺めるのは止しにして、早々に駅弁を食べる、とっ、おかしなことに気がついた。それはバッケージのどこにも製造元や販売会社の名が記載されていないのだ、さらには散々世を賑わした製造日も賞味期限も書いていないというお弁当だったのだ。ついていた割り箸の袋に小さくブリントしてあった『JR東海バッセンジャー』というのがそうなんだろうなと思いつつ、いかにもベッタリとJRに癒着した企業のずるを見たようで気分を悪くした、いいのかなぁ、ヘルシーだとか成分分析を見せられてもシラケてしまう、これじゃあ脳内分析のほうが信用出来そうだ。

click
auにあったgif。

午後6時10分、島に到着、生憎の小雨模様で接岸間際には波が突然強くなり大きく揺れたりして一瞬ドキリとした。明日は晴れる、と思う。


2008年03月19日(水) No.1618 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ライラの冒険


click

 なんてこったい、三度目の失敗だ。買い物のあと調べてあった上映時間に合わせ、20分前に映画館についたところ本日分チケット完売、ついてないというか出たとこ勝負のしっぺ返しだ、残念。最近、映画の人気が上昇しているようだ。しょうがないので帰宅しでオフィシャルサイトを見るとブログ・シールなるものがあったのでそれで遊んでみた。20の質問に答えると「ダイモン」なるキャラクターが割り振られるという仕組みでなんとなく拙者は寅、否、虎と思っていたところまさにそういう結果が出た。試しにそのスクリプトを貼ってみたが当ブログではうまく表示できなかった。くやしいので画像を残すことに、ちと子供っぽいかな、でヘヘ。
オフィシャルサイト




2008年03月15日(土) No.1611 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

浮き沈み。


click

 2年前からブログには躁だ鬱だと書かないように決めていたのだがこの春先の陽気にあいまってここ2週間ほどめまぐるしく気分が上下していていかにも平静を保つ日記はいくら作文とはいえ心苦しくなっているのに気がついた。いやなもんだと思いながらもこの落込んだときというのは全てがつまらなく感じるのがいつものことなのだが、経験から時間が改善してくれると知ってはいるのだがそのきっかけというのがいろいろで、まぁそれをコントロールできりゃぁ言うこたぁないのだが、やっかいなもんだ。それで過去、劇的に状況が反転した時のたぶんきっかけであろうと思われる事を考えてみた、いやはやあきれるほど些細なことだ。例えば、朝起きて熟睡したなぁと思った瞬間とか、病院で驚くほど声のきれいな女医さんの診察を受けた時とか、我ながらきれいと思える写真が撮れた時とか、あとワーグナーやベートーベンなどの作品を聴いているうちにということもあったがこれは聴こうとする意思がなければだめだ。あと、よく晴れた海辺に行った途端にとか遠い所に出かけると決めた瞬間などもそうだ。そして落ち込む時の動機、これはよくわからないのだが40代半ば位からの時は割りとはっきりしていて逆にその落ち込みを楽しんでいる様なところもあったなぁ。たいがい少年の家庭での犯罪のニュースが引き金であれこれ状況や心情を想像しているうちに滅入ってしまうというパターンが多かったのだが60代になってからのそれはきっかけが特に思い当たらない。下手の考え休むに似たりとか小人閑をなして云々といわれることなのかなぁと沈んでいるときには自分のことと思い、浮いている時には他人のそれを皮肉る、やだねぇ。
 
 めずらしく天気予報がはづれ連日の曇り空、気分も晴れないはずだと、来週月曜が確定申告の締め切りなのでようやくその気になるが喜んで税を納めるような国家というのは所詮ユートピアなのかなぁな〜んて考えてもいる。


2008年03月14日(金) No.1610 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115][116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen