LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


完敗。


click
♪〜赤岩から紀伊長島を見る。

 今朝は4時に起床、5時には出発の予定だったが舎弟が起きてこない、草臥れてんじゃないかなぁと降りてくるまで待っていると5時ころになって眠そうな顔で降りてきた。急ぐとこもないのでそれから準備をして6時過ぎには家を出た。向かうは紀伊長島、赤岩の磯場。今日から春の交通安全週間ということで安全運転に徹するも道路が空いているせいで一時間ほどで到着した。
 途中寄った釣り餌屋さんでは、ついあれもこれもとちと無駄使いをしてしまったが、手を変え品を代えていろいろな製品が出るのでシロートとしては、つい買ってしまう。

 平日の早朝とあって幸い先入者は一人もおらず、貸切状態の磯となった。ここはすぐ側が駐車スペースで便利なことこの上ない。

click
♪〜こんなじゃ、とても持ち帰れない。

 絶好の潮回りと海水の色なのに午前中はまるで当たりが出ず、おかしいなぁと首をひねるばかり、下げ潮止まりの11時頃に持参のおにぎりを食べたあと、ぽかぽか陽気のせいで、舎弟は車でひと寝入りするといって中断したのでじゃぁとその後に入り、撒き餌をすると子メジナがわんさか沸いてきたので、大物はあきらめて、それで遊ぶことにした。たまに手の平大のものも掛かったりして、まぁまぁ面白かった。一休み後の弟も3時頃には再開したのだがやはり大物は出なかった。暗くなるまでやるとひょっとしてということもないのだが、今日は深夜出勤があるというので4時にお仕舞いにして帰ってきた。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月07日(火) No.2503 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ぐだぁ〜っと。


 起きたのが朝遅い11時、外は穏やかな青空で良い天気、今日は一日のんびりしようと決め込むも郵便物を出しがてら、webで調べた市内の釣具店に出向く。しかし残念なことに店は閉店廃業していてフォー・セールの張り紙が貼ってあった。午後4時過ぎになっていたがまだ日が高いしと、近くの河芸漁港に寄りちょっとだけと竿を出す。トランクから仕掛けを用意しているさなか、あろうことか弟夫婦の車が後ろに停車し、にやにや笑ってどう?って聞いてきた。買い物ついでにひょっとしてここに居るんじゃないかと寄ったらしいが、たいした嗅覚だ。じゃましちゃ悪いからとすぐに去っていったあと、当方の釣りはぴくりとも反応もなく夕暮れ時には仕舞いにして帰った。

click
♪〜携帯のカメラで撮影、赤岩の磯。

 夕食時に昨日の紀伊長島の赤岩の磯がどうにも気にかかるので明日は天気も潮回りも良いから早朝から行こうと言うので即同意、拙者のおちゃらけた釣りと違って敵は本格的な磯釣りマンなだけに、これで大物でも揚げられた日にゃさぞかしうるさいことになりそうだと楽しい不安が頭をよぎる、なはは。
 彼はグレ、拙者はチヌ狙いで釣り座の配置まで決めたのだ。今日はもう早く寝なくちゃ。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月06日(月) No.2502 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

紀伊長島。


 天気予報で紀伊地方の今日は雲りがちだが穏やかな風と波ということで、朝早くから出かけようということになり、夕べは早めの就寝、夜中の3時には起きたのだ。例によって弟はせっせとおにぎりなどこしらえて準備していたのだが、夜中に店に行っていたからひょっとして寝てないんじゃないかなぁ。

click

 まぁ運転は拙者がすることとして今日は紀伊長島目指して出発、海岸線近くまで行ったところで長島とは逆方向の小さな漁港に回ってみようとずんずん降りて行って見たところ古和浦漁港というところに出た。養殖いけすや釣り筏のあるいかにも紀伊らしい湾で漁船の数が多く、朝のひと時出船がひっきりなしという感じで、波止での釣りはどうかなということで、長島に向けて海岸沿いの旧道を走った。

click

 一車線の山道になったが両脇に点在する山桜が満開でじつに見事なものだった。日当たりの良いところはもう花びらが舞い落ちていた。高台に差し掛かったところに展望台があり湾内を一望でき、その景色を満喫したあと長島に。

 その長島に入る直前に絶好の磯場があり駐車スペースもあったので、停めて様子を見た。赤岩と言われている磯で大型の寒グレが釣れる名場所だと後で知ったのだが、今日は足元の良い場所にポイントを取り、のんびりと小魚相手に時間を過ごした。潮の色も潮と通しも良く、岩礁と砂地が程よく点在していて水深もあり、こんなに道路近くなのに磯場の雰囲気満点の場所だった。

 今日のポイントではフグの猛攻に遭い、降参といったところだったが、ここは又こなくちゃと決心し、午後3時、早めに仕舞った。そのころから気温が上がり出し青空も見えてきたのだが、朝も早かったしね。STOP

web拍手_履歴



2009年04月05日(日) No.2501 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

すっきりお目覚め。


click

 昨日は結局延べ12時間近くも電車に乗っていたことになる。山陽本線の下関寄りでは比較的内陸を走っていて車窓からの眺めはイマイチといったところだった。岩国から徳山、宇部方面は名にしおう一大工業地帯で40年も前に訪れた頃には今の中国に勝るとも劣らない(?)公害のまきちらかし場所ではあったなぁ。今も巨大な工場があるが相当改善されてはいるようだ。

click
  ♪〜鉄道マニアならずとも郷愁を誘う。

 乗り換えなどでずいぶん歩いたようでポケットに入れていた万歩計は一万歩を超えていた、くたびれるはずだ。そのせいか死んだように寝て今朝6時に起きた時には完全に回復、すっきりとした目覚めではあった。

 天気の崩れがやや早まってもう雲り空、気温も花冷えの模様だ、今日は一日ごろごろしてようと決める。そうこうしているうちに働き者の舎弟が戻ってきててきぱき朝食の用意をしてくれたのだが、いやはや上手なもんだ。手際がいいとはこのことか。昨夜も急ぎのシゴトをする拙者を尻目に、本当に感心するほど美味しい夕食を作ってくれていた、嬉しいねぇ。

click
♪〜あぁ〜、新学期だね。

 朝方、デジカメの写真を何枚かプリント、インクの残量が心もとなくなったので注文するも最後の最後でエラー、多分vpassのアカウントやパスワードを調べるのに時間が掛り過ぎたせいだろうと思い表示されたコールセンターに確認の電話をしたところ、webの表示画面を戻って見てくださいと言われそうしたところ認証中なんて画面になり、じき正常に受け付けられましたと出た、一時間以上も経っていたのに不思議なことであった。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月04日(土) No.2500 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

高気圧。


click


今朝は5時起床、朝のフェリーで本土に戻ることにした。釣り餌が無くなったこともあるし、やはり旅行用の簡易な道具たてでは釣趣に欠けるのだ。

列島は大きな高気圧に覆われどうやら今日も良い天気、定刻ジャストに柳井港に到着、
さてっ、と考え下関に行ってみようと思い立つ。


 しかし、行き当たりばったりの悲しさ、広島駅構内のカフェで時刻表ないかと尋ねたのだが、これがナイッ、まぁ何とかなるだろうとコインロッカーに重たいバッグを押し込み在来線の山陽本線下りのホームに行き、適当に来た電車に乗り込む。
 どこでもそうだが、ローカル線てぇのは一時間に一本か二本が当たり前で日々の行動はその時間に合わせてというのが正しい。長い間過ごした都会生活ですっかり感覚がヅレちゃってたようだ。

 下関を思い立ったのは、他でもなく檀之浦の古戦場を見たかったのだ。近頃の関心事に我が国の天皇家にまつわる諸々があり、その中でもこの源平合戦に翻弄されたいわゆる権威なるものに思いを逞しゅうするわけだ。別段論評しようなんてことではなく、単なる興味なのだがあの平郡島で霊気にでもふれたのかなぁ。

続く。STOP
 下り電車に乗ってから気がついたのは、徳山からにすりゃ良かったのにというトホホなこと、なんのことない、広島からだと戻っていることになる。どうも土地勘がないと不思議な行動になってしまう、いくらゆったり座れるといっても4時間近いロスだ。どの道、今日は下関に一泊かなと思っている矢先、宇部の手前で電話が入った。世の中、期の変わり目ということで今日中に出してほしい書類があるというのだ。あぁ〜、シゴトの世界はそうなんだよなぁと思い返し、急遽戻ることにした。連絡がもう10分も遅ければ戻れないぎりぎりのタイミングで、徳山まで戻りあとは新幹線を乗り継いで名古屋、津へとたどり着いた。例のごとく弟に迎えに来てもらい帰る早々PCを開いてメールでやりとりをすること30分、ようやく一件落着となった。もう今日は寝よっと、写真は明日にでも追加しよう。

web拍手_履歴




2009年04月03日(金) No.2499 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

寒いサムイ。


click


今朝は6時起床、青空が広がっているものの北風ビュンビュンで寒いったらありゃしない。

海上の波予報では1m位とあったから、フェリーも揺れるだろうな。



予報がはづれて、穏やかな海上で定刻には我が竜宮城、平郡島に到着、迎えに来てくれていた島の管理人さんと無事合流できた。

そのまま調査に向かい午後2時頃には終了し、今夜泊まる民宿まで送っていただく。

すっかり風も弱くなり気温も上がっていることだし、すぐそばの堤防に出かけた。もちろん釣りだ。ビッシリ生えたアジモの間にたくさんの小魚が見え、期待が膨らむ。
アジは回って来なかったが足下の底でガシラやべラ、木っ端グレが飽きない程度に釣れ夕食時間になるまで遊んでいた。しかし、綺麗な海だ。

web拍手_履歴




2009年04月02日(木) No.2498 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

どじ。


click

信じられないドジを踏んでしまった、なんと14時30分出航のフェリーに5分遅れて港に着いてしまった。広島には12時38分なので大丈夫と思っていたのだが、在来線の快速シティライナーが無く各停でフェリーの出る柳井港に到着が16時36分だと知ったのは山陽本線に乗ってからというお粗末、慌ててあちこち電話して予定の変更をお願いする。わぁー、こんなの初めて、・・・でもないか。

 フェリーが見えなくなった港に立ち、とりあえず宿をと、すぐ側のビジネスホテルに行き一室を確保、これで一安心、しかしまだ日が高いし目の前は海だ。これは竿を出さないわけにゆかないなと、チェックインもソコソコでブラリと岸壁へ出かけた。

根魚狙いの若者とコマセかごを付けてサビキ仕掛けを投げている地元かしいおじさんが一人いたのでその近くで子アジを狙ってサビキを試した。

散歩にきた近くのいかにも漁師さんあがりの古老がボイントを教えてくれ、直ぐに一匹可愛いコアジが掛かり気を良くする。ところが一転、俄かにかき曇り、冷たい雨が降ってきたので大急ぎ仕舞いホテルに戻った。

話しではここは水深もあり大型のチヌが日に何本も釣れると言っていた、ホントかなぁ。

 話は飛ぶのだが、「一天俄かにかき雲り」なんていう昔の浪曲師のような言い回し、はてっ、一天なのか一転なのか後日調べたのだがどちらでもアリということでむりやり納得、天の付くほうはやはり宗教色の強い文章に多く見られる。一点という表記もあったがこれは多分誤変換だろうな。

web拍手_履歴



2009年04月01日(水) No.2497 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108][109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen