LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日こそのんびり。


 朝7:30起床、あはっ、外は雨だ。今日は一日ゴロゴロしていようと寝転がったまま音楽聴いたり本をひらいたり居眠りしたり、こういう場合恵みの雨とは、・・・言わないか。
STOP

click

 お昼に階下に降りていくと義妹が出かけるところで、実家の姉夫婦が市内に出てきているので会うのだという、そして昨日の真アジをお土産に持ってゆくからと。そりゃぁ願ったりだと思い、案の定、帰ってきたときには山の幸、採れたての筍とゼンマイを戴いてきて、夕食の食卓に登ったのだ。

 海の幸と山の幸の物々交換、なぁ〜んとなくほっとする豊かな感じがする。

 この筍、こんなに大きいのに、柔らかくてあくの無いこと、絶品であった。画像のピンボケも好ましく思える、とほほ。

web拍手_履歴



2009年04月14日(火) No.2523 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

紆余曲折、というほどのこともないが。


 昨日は眠いのに、夕食を鈴鹿市で見つけた「ザ・めし屋」なるしゃれた定食屋に行こうと誘われ、弟夫婦に同伴する。なんとなく不自然な成り行きだったのだが真の目的はすぐ近くの釣具店で選んでいた中通しの18尺の磯竿の購入だったのだ。どうしてもほしいものをネダル時にはいつもこんな感じで妙に明るい表情になるらしい、まるで子供だ。しかしシトのことは言えないな、あはは。

 さすが24時間一睡もしていないので帰ってバタンと寝てしまう。起きたのは早朝3:30、少し疲れが残っている感じでうだうだしていたところ舎弟から電話があり、今日より明日のほうが天気良さそうだから遠出は明日にしようという。それもそうだなと、そのまま二度寝。

click

 そして7時半頃か、どたどたと上がってきて、たいへんだ、明日は雨みたいなので今日これから行こうという。やっぱりね、新しい竿を使ってみたくてうずうずしてたようだ。こちらは休養十分なので、よっしゃと飛び起きて支度にかかり8時にはもう出発だ、行き先は昨日下見した神前浦だ。

 ネットでの情報は正しかった。志摩方面からと尾鷲からの中間くらいの穴場ともいえる辺境(?)の港は魚種の豊富なことと足元が良いのと釣り人の少ないのがいい。それと周囲が山に囲まれた湾なので風の影響が少ない天然の良港だ。

click
♪〜真アジ、構図がまるで鯉のぼり。

 ちょうど来ていた地元の古老に湾内のいろいろなポイントを聞くことができたのだが場所場所でチヌ、グレ、アジ、カマス、アズキマス(キジハタ)などなど多彩なことったらありゃしない。湾内が急深になっているせいかクエが釣れることもあるらしい。
 今日のポイントではグレ狙いだったが間断なく当たりが出て小型ながら飽きない程度に釣れ続き、舎弟の仕掛けには型の良い真アジが釣れてきたりして、まぁ面白い一日になった。結局暗くなるまで遊んでしまい、帰宅したのはもう20時を回っていた。真アジは拙者が捌くからといって持ち帰り用意されていた夕食をいただいた後、捌いて冷蔵庫に。明日の夕食で食することとした。

click
♪〜端午の
  節句も
  近いし、
  あはは。

 今日、海水を汲み上げて手を入れた時冷たさを感じなかった。この2,3日で2℃くらいも水温が上昇したかのようだ。この神前浦、抜群の釣り場だなぁと意見が一致し、先日予約をしたという南紀白浜のペンションに行くよりここのほうが絶対に楽しめるということでキャンセル。磯つたいに10分も15分も歩くのはかなわないし、岡っぱりでそれほどの釣果は期待できるものでない。
STOP

web拍手_履歴




2009年04月13日(月) No.2520 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

南伊勢町(度会郡)神前浦、吉津港。


 夜中の1時頃に目覚めて、そのままヘッドフォンで音楽を聴きながら差し入れの本を拾い読みしたりして明け方4時過ぎに意を決して出かけることに、先に舎弟のお店に寄り軽い朝食を取りじゃぁねと先日良い思いをした錦漁港に向かう。予報では昼頃に風が出そうだとあったが、それより日曜日ということで場所が取れるかが心配だったが幸いお気に入りのポイントに入ることが叶った。

click

 釣り始めてじきに大きな当たりで25cmのグレが釣れ、大いに気を良くする。もうここには随分来ている感じで魚の寄ってき方がなんとなく分かったようにも思うのは錯覚というもんだろうな。早速、しなくてもいいと言われていた写メールを舎弟に送る、「ご立派、よかったね」との返信だ、ぐふふ。

 一枚釣れたので気が済み、ぽかぽか陽気の堤防で日向ぼっこしていると、突然大声がして、「やったぁ〜、自作のヤエンで釣ったゾォ〜!」。堤防の先端でアオリイカ釣りしていたおじさんの雄たけびだった。見にゆくと30cm以上もある立派なアオリイカがあがっていた、これは叫びたくもなるな、まして自作の仕掛けでともなるとアドレナリンの噴出は大変なものだろうと想像しちまう。なんかこちらまでハッピーな気持ちになってしまった。

click

 昼には仕舞って志摩方向に移動することにし、先日立ち寄った古和浦湾の先の神前浦という漁港に行った。帰って調べるまでなんと読む地名なのか分からなかったのだが南伊勢町度会郡カミサキウラと知った。この度会郡というのも読み難い、ついトカイグンなどと言ってしまう。

click

 どうやらここは紀州釣りのメッカと目されるほど有名な場所らしく渡船や筏などが目白押しで、参加料1,000円で1年間の最大のチヌを競う大会がエンドレスで行われているのに驚いた。しかも60cm以上しか対象にならないという、スゴイねぇ。優勝賞金60万円というのもなかなかのものだ。

 撒き餌がなくなっていたこともあり、左右の堤防の様子を見て回り次回に備える。いやぁ〜、ここは魅力的な所だ、貝や海草のつき具合がいかにも魚が居つきそうで見ているだけでわくわくするような海だ。地元の方か、胴付サビキのカッタクリで30cmぐらいのカマスを何尾か掛けていた。
STOPサイトの定期更新しなきゃと思いながら、もう眠いzzzzzzzzzzzzz。

web拍手_履歴



2009年04月12日(日) No.2516 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

早起きはしたけれど。


 今朝も7:30にパッと目覚める。日差しがまばゆいほどの好天で一瞬紀北方面への遠出を考えたのだが土曜日だしなぁと思い、止めにしてDTMで溜まったクラシカルな曲でのプレイリストを作ったりして過ごす。出来上がったものを掛けながら寝てしまったが10時頃には舎弟が戻ってきていて釣具店に行こうというので出かけることにした。ひとつにはこの伊勢湾内で今の時期これ見よがしに水面を跳ねるセイゴやボラを何とか釣る方法・仕掛けはないものかと探す目的もあって鈴鹿市内の大型店まで行ったのだ。何通りかひらめいた仕掛け作りの小物を入手し一度帰宅後、拙者だけ近くの白塚漁港まで出かけ試し釣り、結果は・・・釣れるわきゃあない、まぁ癪に触るったらありゃしない。この時期釣れりゃぁ大勢の釣り人が来ているに違いないやね。水温がもう2℃ほど高けりゃ、多分釣れるのだ。ばしゃばしゃと大型のボラが跳ねている近くの川でも試してみたがまるで駄目、悔しいったらありゃしない。しかし良い天気が続いて気分がいい、天気予報は拙者の気分予報でもあるな。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月11日(土) No.2513 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

散歩。・・・天皇ご夫妻のこと。


 今朝は7:30起床、このところ運動量が多いせいか良く眠れ目覚めも良い。朝食のあと愛用しているヘッドフォンをPCにつないで一時間近くもジャズ三昧、なぁ〜んか久々の感じもしないでないのだがビビットなビートがすんなりと心に響く。そういえば横着が進歩したせいか生の演奏にそれほど飢えることがなくなったなぁと思う。ついこないだまではあれだけ生の楽器音にこだわっていたのが嘘のようだ。場合によっては記録されたものの方が価値有るのではないかとさえ考えるようになっている。歴史に残るような名演奏などは未来永劫二度と実演では有り得ないと思うとき、記録に残るそのものこそ芸術作品そのものではないかということなのだ。そのでんで行くとコンサートは座興という言葉がぴったりか、いくらなんでもそれはないだろうと無礼打ちされかねないが、思う事は誰にも止められない。
 しかしこれはスポーツ観戦をリアルで見るよりTV中継のほうが細部にわたって良く見えると言い張るようなもので、あまり声を大にして言っちゃぁいけないか、だはは。

click

 気温も上がりぽかぽか陽気で開け放った窓からのそよ風が心地よく、昼寝を決め込むも、午後2時頃になって突如近所の散策を思い立つ。着るものをすっかり減らしてジーンズにコットンシャツ一枚、要らないとは思ったのだが用心のため薄手のベストを着ていざ出発、ほんとに暑いくらいだった。

click

 ここは少し高台の住宅地なのだが、周辺は田んぼや畑がたくさん残る地域で天気のせいもあるが、のどかなことこの上ない。桜も終わり近く青葉が見え出して、公園を囲む並木が夏を予感させる。

 そして豊富な水量の川が田んぼへの導水をいまや遅しと待ち構えているかのようにも見えた。じつに良い風景だなぁとノー天気に歩く。

click

 たどり着いたのが弟夫婦の経営する県道沿いのコンビニ、タバコをカートン買いし、ついでにソフトクリームも。奥から義妹がびっくりした顔で出てきたので、えへへと笑って散歩なのさと言い訳する。

 禁煙ばやりの昨今だが、20世紀の文化人としては止める訳に行かぬと頑固に愛飲しているのは「キャビン・スーパー・マイルド」という銘柄、少数銘柄のようで生産中止が心配だ。野蛮な嫌煙家にとっては眼の敵とも目されないのだが天邪鬼の面目躍如、潔癖症のしとにも同様につい反抗しちゃうイケナイシトなのさっ。

 ソフトなめなめ帰り道、もう明日のことを考えている、まだ日が高いのにね。
STOP【今日のニュースから】
 天皇夫妻のご結婚50周年に当たるということで、特集やら記者会見の様子を拝見した。ちょうど我が長兄と同じ生年ということもあって勝手に身近におもっていたこともあり、今日の会見でのお話には心打たれるものがあったのだ。
 己の出生などだれも選ぶことなど出来ないのだから、そこでハタと考えるのがクレバーなしとの生き様なわけで、あのお立場で象徴天皇という言葉の概念を明らかに善いものにしようと志を立てられたのは、優れてご立派な事だったと感心して止まないのだ。よそんちの本当のことや他人の本心なぞ分かりようもないのだが自己を律っするにあれだけの方はまずお目にかかったことがない。拙者の対極におられるがごとくで、恐れ入るしかないのだ。その言行一致も凄いと思う。
 特に天皇崇拝者でもないのだが長い年月を越えて受け継がれた権威がいわゆる権力ということではなく象徴というカタチで万民の上に在るというのは幸いなことと思う。拙者が世界に誇れると思うのは田植えや養蚕、あるいは学問をポーズにせよなんにせよ尊ぶべきこととして伝え教育してきていることにつきるのだ、もって銘すべしたぁこのことのみ。

web拍手_履歴



2009年04月10日(金) No.2510 (雑感)
Comment(7) Trackback(0)

紀伊・錦漁港。


 良い天気になるということで、早朝から大のお気に入りの漁港、大紀町の錦への釣行をした。夕べは早く寝すぎて、夜中の12時20分を朝4時と勘違いして起きてしまい「Gyao」の無料映画を3本も見てしまい、そのまま5時には出発、紀勢自動車道に乗ってからバケツ類一式を積み込み忘れたことに気がつく、やだねぇ。

 最近はイカ釣りが人気のようで堤防には活きアジを餌に投げ釣りしているしとが5,6人はいただろうか、夜釣りの続きかも知れない。港内に向かっては本場の紀州のダンゴ釣りをされている方が一名いたきりで良い釣り座に入ることが出来たのはラッキー。すぐに子メジナや海タナゴが掛かるも如何せん小さすぎる、ということで舎弟は一人で一昨日の紀伊長島の磯に場所替えしたいというので拙者一人残って続けることにしたのだが、その10時頃からか北風が急に強くなりだしちと寒いかなという状態に。止めるにゃ惜しいし車は出ちゃったし、思いつきで大きなポリ袋をベストの下に巻きこんだところ寒さは無くなったが釣り難いことは変わらない。しかし足元に群れる魚が餌を追いかける様子や餌によっては見向きもしないのが良く見てとれて興味は尽きない。

 風を避けてお昼のおにぎりなんぞパクついているとき、メールが2通、遠く離れた北国の次姉から近況を知らせろというものと、さきほど別れた舎弟が長島ではフグばかりで風もすごいのでこちらに戻るとの連絡だ。

click

 午後になっても風が強かったが3時を回る頃ピタリと止み、風向きも東寄りとなり、それはそれは良い天候となった。そして遠投した仕掛けにやや型のいいメジナが掛かりだし、拙者の細竿は満月のようにしなる。隣の釣り人がタモを構えるほどのサイズが連続して釣れ、面白いこと。

 結局、日没直前の6時過ぎに仕舞ったのだが帰りはさすがに運転は出来ないなと舎弟に任す。助手席でウトウトとしてる間に帰り着く、50分しかかかっていない。

 夕食後、昔勤めていた会社のことに話題が及んでいるさなか、なんとその仲間連中から携帯に電話が入ってきて驚いた。まさに、うわさをすればなんとやら。
安否確認?と近況報告のようなものだがたまの電話はうれしいものだ。何人かで一杯やっていたようで、愚かしいことだらけの人情の世界だが、やはり捨て切れるものではないなぁ、などとあっさり思う自分に改めて驚く、コワイは。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月09日(木) No.2507 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

津・白塚漁港。


click

 夕べは深夜に2時間ほど手伝いに行き夜中の3時に寝たのだが今朝は7時にスッキリと目覚め天気の良さに気分良くする。それではと溜め置いた洗濯物をまとめて洗濯機に入れ2週間ぶりに洗濯、キモチイー。

9時頃には近くの白塚漁港に出かけた。大きなボラがあちこちで白い腹を見せてジャンプするのが見られたが、あいにく釣りの対象になる魚はまるで居る様子もなかった。しかしポカポカと暖かい日差しの下で道具の整理やら仕掛け作りなどして結局夕方5時すぎまで堤防の上で遊んでいた。地元の釣り好きのおじいさんが来て、ここは6月にならないと漁港内には魚が来ないのだといっていた。確かに海の水はまだまだ冷たい。

STOP

web拍手_履歴





2009年04月08日(水) No.2504 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107][108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen