LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


メモ、めも・・・17回も行っていた。


♪〜2009-03〜04月の釣行記録。


 今回の三重滞在は25日間にも及んでいたが内6日間は山口県まで出向くとい
う行動があったものの、その間、釣りに出かけたのが17回、おおむね天候が
良かったこともあったがさすがにお腹いっぱいという感じもしないで無い。


日付 場所 日付 場所

--------------------------------------------------------------------
3/26 柳井市平郡島東 3/28 紀北町錦漁港、尾鷲湾
3/29 津市鋼管町   3/30 津市河芸漁港、紀北町錦漁港
4/1 柳井港フェリー乗り場 4/2 柳井市平郡島東
4/5 紀伊長島・赤岩付近 4/6 津市河芸漁港
4/7 長島・赤岩 4/8 津市白塚漁港
4/9 錦漁港 4/11 津市志登茂川
4/12 南伊勢町神前浦 4/13 南伊勢町神前浦
4/17 南伊勢町神前浦 4/18 鈴鹿市白子漁港
4/19 静岡県清水港
--------------------------------------------------------------------
24日間の旅行中、17回の釣行。


おかげで津〜松阪〜伊勢〜志摩〜紀北〜尾鷲方面の道路にやたら詳しくなった。
STOP_

web拍手_履歴




2009年04月22日(水) No.2535 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

春らしい一日。


 昨夜は0時過ぎに寝て2時半に目覚める。やはり前日寝過ぎると眠りが浅い。しょうがないので途中からだったが深夜放送の日本映画「戒厳令」を観る。あの頃の独特の暗さが好きでないのだが幻のようなものに真っ向対峙するしかない不自由なしとは大変だ。
 4時過ぎからサイトに溜め置いたmp3の全曲再生リストを小さく流しながら寝て8時に起床、まだ再生が続いていた。午前中は書き物に励んで昼過ぎに散歩がてら郵便局に向かう。あれっ、民営化後も郵便局と呼んでもいいのかなぁ。
 投函するもののうち一通はぎりぎりで普通郵便、A4で8ページ程の封書が速達で420円もした、高いなぁ、これでは利用できないな。そして忘れずに「定額給付金申請書」も、ずいぶんと馬鹿にされたものだと思いつつ、この国の決めた仕組みであればさらりとやり過ごすのが身の為だ。

 そのあと、重いのはかなわないのだが少しだけスーパーで食材など買って帰る。傘を持って出たが雨は降ってこなかった。曇り空ながら風もなく丁度良い気温で気持ちいい。
STOP
【今日のニュースから】
_和歌山カレー殺人事件の最高裁判決のニュース、もう11年も経つのだ。保険金詐欺に手を染めるしとはなぜか開き直る強靭な精神の持ち主がほとんどだ。証拠も自白もないじゃないかと逃げようとする様は異様としか見えない。反対に12年前にお粗末なDNA鑑定で有罪判決が確定していた栃木県での幼児殺害事件、冤罪とは断定できないがそれが唯一の決め手というのでは誤審と言える。裁判とはかくも難しいことかと思いは廻る。もし真実を自白してしまう薬物があれば未来の社会で使われるのかなぁ。

 もうひとつは臓器移植法をめぐる論議、脳死を持って死亡と見なすことに異を唱える方々の論調は情緒的に過ぎる。人口心肺で生きている植物人間に尊厳などあるものか。

web拍手_履歴





 
2009年04月21日(火) No.2534 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

熟睡。


 昨夜は湯船につかったまま居眠りしそうになり慌てて飛び出し寝床に入る、そして寝るも寝たり13時間も目を覚まさないという熟睡ぶりで起きたのは午後1時過ぎ。そういえば前回の1月の時もそうだったなぁと思いだす。どんなに居心地の良い場所があったとしても、自分にとって心安らぐ所というのは一か所しかないと思う、不思議なことだ、いや当たり前のことかも知れないな。

 3週間の留守でやはり郵便受けが満杯、たくさんのチラシやDMの間に挟まって重要な郵便物もあり全てを確認するのが一仕事、例の定額給付金の申し込み書や、危なかったのは駐車場の位置変更の確認書類が15日締め切りで届いていたこと、固定電話に5回も着信履歴があったのがそこからであったのだが応答メッセージに工夫しておかなくては。幸い今日電話で変更が叶い玄関出口のすぐ側に移ることが出来た。

 今回、釣りで使った冬物の防寒着などを気合を入れて洗濯槽に入れる。つごう3回も洗濯をして周辺整理に意欲が出てくる。

 夕方からは、先日遊んでいるさなか電話のあった件で俄然仕事モードになりアイデアの図面化に取り掛かる。な〜んか久し振りなのだが技術的なことというのは忘れないものだ、ちょうど音楽の事が35年も経って忘れていなかったと同じことかも知れない。

 そのシゴトというのは、そんなに元気なら少しは世のためしとのために仕事をしなさいという先輩からのイケンで不遜ではあるがたまたまその気になっただけなのだが、いつまで続くやら。

【今日のニュースから】
 あまりTVも見ていないがチラ見したニュースで世襲制の是非ということが話題になっているようで政治家の顔が映っていたのだが、稼業や職業を継ぐのと政治家の話は別だということが今の750人には理解できないことのようだ。近代国家における組織の腐敗防止を考えると公務員の世襲も弊害以外ないのだが公平で客観的な科挙制度が機能しておればまぁ問題ではない。民間企業であっても大企業で社会的公的責任があるような所では世襲を善しとしない、それがクレバーということなのさ。これらの事は今の自由民主制度で大衆が考え実行することで無くしていけることではあるとも思うが遠い先のことだろうな。
 職業選択の自由などと抜かすお茶目の向きもあるが公共の利に適わぬものは制限されるのだよ。
STOP
【今日のビックリ】
_洗顔していて鏡に写る自分の顔を見てその日焼けぶりに驚いた。あれだけ毎日、日差しの下で遊んでりゃぁ当然なのだが漁師さんなみの焼け方で、見てくれは健康そうでなかなか良いと思った。

web拍手_履歴



2009年04月20日(月) No.2529 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

強行軍。


 夕べは一時間ほどの仮眠のあと荷物をまとめて帰宅の準備をする。
午前一時ころ、弟の店に寄り帰るよと挨拶、鍵のセットを返して2時頃出発。この鍵のセットは一月来た時のものと同じだが必要最小限、自由に行動できるようにとても気の利いたセットで感心したものだ。

 2時間ほど走って浜名湖SAで休憩、天気予報では良い陽気になりそうで頭に清水港のチヌ釣りをと思い始める。1時間ほど仮眠したあと、妙に元気が漲りヨシッ、静岡ICで降りようと決める。

高速料金はホントに千円であった。

 いつもの山本釣り舟店に向かったのだが日曜日で予約無しでは無理かなとも思ったのだが案の定、満員で隣の原金つり船店を紹介してもらう。車に積んだままの撒き餌やもろもろを整理するという目的もあったのだ。餌の購入は最小限にして道具一式持ち込んで6時に出船、午前中は暑いというほどではなかったが昼近くになってからはどんどん気温があがりコットンシャツ一枚で十分なくらいだった。

 あとで聞いたのだがこの4月の中旬の2週間くらいは一年でもっとも釣れる数が少ないのだという、たしかに船宿に掲げてある魚拓にこの時期のものは圧倒的に少ない。というわけで拙者もオデコ、全体でも35cmクラスが2,3枚あがっていただけだったので、まぁ、しょうがない。良く晴れて風もそれほど強くなかったが、見たかった富士山は今日も姿を現さなかった。

 午後4時過ぎには静岡を出て一路自宅へ向かう、意外と高速は空いていてラッキーとおもったのもつかの間、厚木付近で35kmの渋滞と出た。おまけにその付近でバスと乗用車の衝突事故があったという。というわけで一時間余分に時間がかかって無事帰宅が叶ったのが午後7時を回っていた。さすがに今日はくたびれた、早く寝よっと。
STOP_

web拍手_履歴



2009年04月19日(日) No.2528 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

またまた予定変更。


夕べはしゃかりきでサーバーの修復にせいを出した後、映画なんぞ観ていて寝たのが明け方4時過ぎ、舎弟が7時頃帰ってきて釣りに行こうと云うが眠いから行かないと断る。急いで帰る必要もなくなったのでそのまま寝続ける。

昼過ぎにしびれを切らしたかのように、良い天気だから鈴鹿市の白子漁港に行ってみないかと云うので、其れではと出発、譲り受けた小型リールの試し投げもしたかったのだ。

click

 白子漁港はかなり広々とした所で駐車場も大きくW.Cも完備されていて家族連れなどでにぎわっていた、といっても混雑というわけではなく、人影まばらではないといった程度。釣り桟橋などもあってこれから夏にかけては釣れる魚種も多く良さげな場所だ。流れ込む堀切川にはセイゴが跳ねていて海鵜がしきりに潜水して餌を取っている、小魚がかなり居るようだ。

 そこで小型のスピナーを付け、譲り受けた小型スピニングリールで何投かしてみたところ軽く50m以上も飛ぶので気を良くする。当たりはなかったものの小一時間も投げて遊び、仕掛けが根掛かりしたのを機に仕舞いにした。

 帰路、キャンピング・カーの展示・販売店に寄り、あれこれ見て回る。いつ踏ん切りが付くかは分からないがそんなライフ・スタイルもありかなぁと時々考えるのだが如何せん飽きっぽい性分ゆえ移動生活というのは多分無理だとも思う。

 夕方、いつ帰ってもいい様にさよならの食事を外でしようということで一度戻り、義妹を連れ出しお決まりの回転すしチェーン店へ出向く。土曜日とあって大勢並んでいて30分待ち、どうしようかと迷って隣接する和食レストランや焼肉屋さんなど覗くも時間待ちは似たり寄ったりなので結局回転寿司に。空腹だったのか拙者は焼肉の匂いに痛く惹きつけられたのだが和食党の舎弟に合わせたのだ。次回は6月末になるが暑くなるから早いほうがいいんでないかいとの要請、嬉しいねぇ、まぁ拙者の都内でのシゴトの具合によってはと確約はせずになるべくということで予定とする。

 そういえばこの土日、高速料金が一律千円になるのだ。通常なら八千何がしかが千円になるというのは大きいなぁ。どれだけの人出があるのかニュースが楽しみではある。
STOP

web拍手_履歴





2009年04月18日(土) No.2527 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ドライブ。


 今日はあろうことか静岡まで往復のドライバーを引き受けてしまった。フランチャイズ本社の見本市のようなイベントがあり三重県は東海・名古屋地区になるということのようだ。天気が良いのだが風が強いので、海へゆくつもりは無かったので富士山でも見れれば良いかなと、二人を同上させ9時頃に出発、車は舎弟のものを使う。

click

 あいにく、風は強いのに霞がかっていて遠望ができず、往路復路ともに富士山は見ることが出来なかったのは残念。見本市のほうは、一応一回りして見たが、やはり畑違いということか興味が沸かないのはしかたがない。しかし大勢の参加者が熱心にセミナーを聞いたり商品の品定めをしていたが、商売であれば当然のことだ。

 薄日が差し、暑いくらいまで気温があがって風が気持ちいい絶好の行楽日和、平日なのに帰路の浜名湖SAはびっくりするほどの車の数で、不景気の感じがしないのはおかしい。

click

 ゆったりと休憩して眺めた浜名湖はじつに良い景色だった。そういえばここから東名高速浜名大橋を眺めたのは初めてだ。橋の赤、休憩所に差し掛けられた日傘の赤、近頃妙に赤に反応してしまう、牛でもあるまいに、がはは。

 なんだかんだと往復7時間近いドライブ、ほとんど拙者の運転だったが午後4時半には帰着、我ながら元気なことに驚く。明日は今回最後になる釣行で先日の神前浦に早朝から出かけることにしている、早く寝なくちゃ。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月16日(木) No.2525 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

強風のなか。


 昨夜20時、お店に手伝いにゆき深夜1時に帰宅、ぐだぐたと起きていて4時頃就寝、7:30起床するも外は晴れてはいるものの強風が吹き荒れていてとても外出する気にはならない。簡単に朝食を済ませ二度寝を決め込む。
 昼前に舎弟が奈良に近い美杉町の山中へドライブに行こうと誘ってくれたのでしぶしぶ同行、物見遊山はあまり好きじゃないのだが、真っ青に広がる空を見ると、それもいいかなと。

click

 ちょうど義妹の実家の側を通り雲出川沿いにずんずんと山中を登っていく、途中話に聞いていた桜の名所を通ったがさすが花はすっかり散っていたが道路の両脇にびっしりと桜並木が続いていて、さぞやと思わせる所ではあった。

click

 かなり上ったところにダムがあり展望台やレストハウスもあったが閉まっていて、そこからすぐ近くの北畠神社に向かう。花将軍・北畠顯家像の建つ八幡宮で織田信長に潰されるまで230年間も続いたという伊勢北畠家の居城のあったところで、後年その末裔が建立したのだという。こじんまりとした社や境内は控えめの感じがして悪くない。

 街道沿いにパッと目に飛び込んできた八幡宮の朱色の門塀、それほど大きな物ではないが山の中ではひと際鮮やかだ。

click

 忠魂碑の側に立つ桜がまだ散っていなかったがさすが標高500mだと下界とは一週間くらい遅れるのだろうな。また神園として残る北畠氏館跡庭園は優れた武家書院庭園として有名で石積の築山に作られた池は500年の時を経てなお頑強に維持されていて風格のあること。境内から山頂の城跡までの登り道があるが、ちと急峻に過ぎるなと断念、司馬遼太郎さんの大のファンだという弟は街道を行く風の探索には目がないようだ、よほど好きなんだろうなぁ。

click

 林業の盛んな土地柄かいたるところに見事な大木があり目を奪われる。時折、材木を積んだトラックが行き来する山道、主に旧道を走って降りてきたのだが、山岳ラリーを趣味にしていたことがあるというだけに、助手席に居ても安心感のある運転なのが良かった。

 午後3時過ぎになる頃、ムショウにラーメンが食べたくなり店を探しながら走るも、なかなか見つからない。家に戻って作るというが、なぜかラーメン屋のものをすすりたくなり頭の中はそればかり、海側の国道に出てようやく見つけ立ち寄って食するも2,3口食べて気がすんでしまい、なんのこっちゃと自分にあきれる。このムショウにというのがたまにあるのは不思議なもんだ。

 途中、ひさしぶりで東京でのシゴトがらみで依頼があった。それとゴールデンウイークの予定はどうなっているのかというものも、だはっ。

 そろそろ戻る頃合かなぁと思い始める。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月15日(水) No.2524 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106][107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen