LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


だら〜っと一日。こりない自民党。


 今朝4時起き、3時間ほどで寝なおし11時に起床。曇り空ながら明るく雨の気配も風も無いので午後からはセッティングし終わった冬用のベストを着て津マリーナに行くことにし、暇してるという弟にメールを入れる。しばらくして迎えに来た彼の運転で6キロ程の所にあるマリーナの船揚場へ、5日ほど前に来て釣れるポイントを知っているからと、そこに釣り座を構えたのだが仕掛けが合わないのかさっぱり釣れなかった。左側3メートルくらいの所でおじいちゃんと来ていた小学生が次々と小メジナを掛けるのに、おっかしぃなぁ〜と仕掛けをトッカエひっかえ、結局3尾ほどの小メジナを釣り3時間ほどでお仕舞いにする。
 多分、古くなったゴカイ餌のせいだけではなく、小魚の付き場所が変わったのだろうと諦める。しかし、いい年をしたオヤジが二人、小学生の後塵を拝するなんて、グヤジィ〜。

【自民党】
 夕食で昨日頂いたばかりの三重産の新米を炊いてみた、あはっ、これは美味しかったなぁ、ということはともかく野党となった自由民主党の総裁選に名乗りを上げたお三方による、討論会を拝聴したが、いやはや本当に人材が払底していたのだなぁと妙に納得、ともかく再出発と云いながら何で皆が嫌気を差したのか解からないようだ。なんせ話の中にいい加減な、税金をさんざん無駄にしてきたことに対する総括がこれっぽちもないのだ。感覚的に予算の2割くらいは各省庁の外郭団体や無用の事業に流れていたように思う。道路とダムは格好の隠れ蓑だったのだろうな。有用なものほど利権の餌にされているのだから碌な物ではナイ。
 しかし、立候補者のお三方、申し訳ないが一般庶民と変わらぬ程度の見識、長老のみならず全員政治を辞めることを勧めたい。おしゃべりはもうたくさんだ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月23日(水) No.2884 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

昨日が敬老の日だった。


click
♪〜雲の切れ間も時々。

 今朝は早朝一度起き出して天気予報が変わり雲の多い様子になっているのを確認したあと、昨日の流れで夏用の釣り服、フィッシング・ベストをキレイにした。なんせポケットの数が半端じゃなく、入れてある小道具や小物も多岐に渡るので入れ替えが大変だ。

 朝食のあと弟夫婦が午後、実家の母上のご機嫌伺いに行くというので、遅ればせながら移住報告を兼ね拙者も表敬訪問することにして一眠り、12時前には出発。


click
♪〜ベランダからの借景、なかなか好いのだ。

 桜の季節以来だから半年振りになるがここしばらく不整脈に悩まされ横になっていることが多いと云う割には元気な様子で起き出してこられ、歓迎してくれた。四六時中顔を突き合わせているわけじゃない事もあろうが、たまに話す20才も年上のしとの前だとなにやらこちとら中学生か高校生にでもなったかのような稚拙を感じて、それが何故か心地よい。そして多くの方同様、良く決心したもんだと云われこれは褒められたんだろうと勝手に解釈、帰りには採れたてだという新米をいただき、これは嬉しい。

 敬老の日が昨日だったなぁと思いながら、なにはともあれつつがなく世の動向に左右されずに元気に過ごされるお年寄りが居ると云うのは善いことに違いない。帰路、信号停止の際に、休日ということもあってか大型スーパーの無料のサービス洗車スペースでヨチヨチ歩きの子供が危なっかしく車の周りを駆けていて、思わず皆があわわっ、と見とれてしまったが子供ってこんなにちっちゃかったかと思ったのだが、しかし可愛らしいもんだ。
STOP
【今日のニュースから】
 いやはや、この連休の行楽地の賑わい、ニュースで見ていて本当に楽しくなる。世の中、不幸な事ごとも無いわけじゃないとは思うが目に入るものが楽しいに越したこたぁナイ。
 それと政権交代した与党の若々しい意思の力みなぎる閣僚の溌剌とした活動、あれこれ心配事をしたり顔に言う言論の輩も見受けるがヨーロッパ各国がこの20年くらいで公務員改革をなして税金の悪しき使い方を改めて往けたことを思うと我が日本人にも出来ぬはずがないと思い始めている。
 しかし何事につけ当事者は利害が直接関わるゆえ、あれこれ理由をこじつけて反対するのを見るのは嫌なものだ。いくら国の方針で立ち退きを余儀なくさせられた責任をとか、もう少しで完成するとか、驚くの仕事がなくなってしまうなんてのもあって潔くない。そういやぁ、ごね得なんてやな言葉もあったしつい私権の増長だと思うが説得するというのも政治の力量だろうなぁ。
まぁ拙者に所有欲が欠けているせいだろうが立ち退き騒動などで頑として譲らぬ我儘というのは理解できないことのひとつだ。

web拍手_履歴



2009年09月22日(火) No.2881 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

紀伊長島。


click

 今朝は3時過ぎに起きてしまい、ちと寝不足、残暑の磯で一日持つかなぁと案じつつまだ暗い5時には出発、弟を迎えに行く。前夜には紀伊長島から尾鷲、九鬼までの10箇所近い漁港の釣り場を調べておいたのだが、最初に着いた紀伊長島・赤岩の磯が空いていたのでそこに入る。今朝方まで相当に波があったようで磯の上は濡れいて丁度満潮時に重なり磯の先端は危ないと手前の安全な所で始めた。すぐに木っ端グレが次々と掛かり、これじゃいけないと仕掛けを替える。今回作ってきていた小麦粉を練った団子での吸い込み仕掛けを試したところ、これは確かに良く釣れるがやはり小型のグレばかりで面白くないので再度仕掛けを変更し通常の浮き釣りとし次々と浮きを替えて遊ぶ。午前中はホントに良い天気で風もそよそよといった感じで心地よかった。

click

 お昼頃にさぁ〜っと風が冷たくなったので空を見るとはるか尾鷲方向の山の上に雨雲が見えたので、にわか雨を覚悟したのだが、幸い降ってくることは無かった。今朝、配合餌は十分残っていると思って釣り場に来たのだが、思っていた量の半分に満たず、昼過ぎには撒き餌が底をついたので仕舞いにし、磯場に座って昼食しながらのんびり歓談して過ごす。帰路も出だしは平気で運転していたのだが午後3時頃、伊勢道に入るあたりで珍しくシンドクなり元気な弟に替わってもらう。この頃は12時間以上活動していると休まずにはおれなくなっている。ほんの10分か20分昼寝をすると復帰するのだが。

 弟宅でお彼岸のおはぎなんぞご馳走になり、ようやく一息ついた感じで休んで行けばというのを振り切って無事帰宅。おはぎのせいか俄然元気になり車に積みっぱなしの釣具一式を洗剤で入念に洗う。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月21日(月) No.2878 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

シルバー・ウイーク。


 あはっ、この連休はそう云うんだと先日来ニュースなどで耳にして一時の思いつきかなとも感じていたのだが、五日間も続く休日というのはなかなかに結構なことで、たまたま今年は曜日の並びのせいだったようだが、五月のゴールデン・ウイークのように祭日を増やして毎年大型連休になるといいなぁと単純に思った。ワークシェアリングてなことも頻繁に云われる昨今、勤め人も偏って働き過ぎずに皆がシゴトにありつけるのが望ましいやね。そのとき休めなくても休む権利があると思うだけでも心豊かになるってもんだ。
 そう思うと民主主義も少しづつ進化しているなぁと楽観に拍車がかかり我が国の政治もどうなるかと楽しみなことだ。

 しかし今日はちとくたびれていたか昼過ぎの2時頃まで良く寝ていたのだが誘われてほいほいとお隣の鈴鹿市の大型釣具店まで出かけ、そろそろ寿命かという投げ竿の新品を買ってしまった。もちろん高価なものじゃぁないのだが素材の進歩で軽くて扱いやすそう、楽しみなことだ。

 台風も遠ざかり、明日からは絶好の釣り日和となりそうなので紀伊長島から尾鷲方面への釣行を予定し、今日は早く寝なくちゃ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月20日(日) No.2877 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ご近所探訪。


click

 台風の影響で風が強いので釣りには向かぬがそれにしても良い天気だ。気温も湿度も快適そのもの、辛抱堪らず昼過ぎ午後3時頃に近くの海を見に行った。

 まだ土地勘のあろうはずもなく、ナビを頼りに海岸沿いの道路を行ったのだが4キロほどで津市の名前の由来でもある安濃川河口にたどり着き護岸沿いの遊歩道を散策、伊勢湾に注ぐ二級河川、安濃川の様子を見て回った。河口の風景はどこも似たり寄ったりとはいえ、人影もまばらで広々とした光景は大好きだ。

click

 このあたりは古来、洪水や台風の被害が多く、江戸時代初期の実力藩主・藤堂高虎の卓越した治水事業で護岸整備がなされたやにも聞き及ぶがもちろん現在のコンクリートの護岸は近年のものだろうが案外低いもので大きな津波や高波が来た日にゃ付近一帯水没は免れないが、それは地の理というものだろうゆえ民家など無いし静かなもんだ。

click

 もちろんこの強風下、釣り人の姿はどこにもないが強い日差しにきらめく川面にセイゴがぴんぴんと跳ね上がるのを見てわくわくしてしまう。帰ってからこの川についての情報を探ったところ上流、といってもほんの十数キロでアマゴが釣れるとあった。海もいいけど渓流釣りも捨てがたい魅力があってそちらの探検もしてやろうと意気込む、あれもこれもと欲張りだ。

click

 川の水はというとキレイとは言い難いが全国的にこんなもんかなと、ただ川辺に寄せ付けられていたゴミや泡を見る限り下水処理の一層の改善がいるなぁと感じた、高虎がいりゃ5年でやっつけるだろうな。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月19日(土) No.2875 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

大発見、かな?


 今朝は6時起床、このところお気に入りのトーストでの朝食だが電子レンジの機能の凄いことに今頃感心している暢気なしとだ。今日は予定されていた時間に玄関ドアの交換で工事業者がやってきて午前中一生懸命にやってくれ、ストレス無く開閉出来るドアーとなり気分が良い。なんせ古い建物だったから入居時のリフォームにドアーが間に合わなかったということで壊れているわけじゃなし、いつでも良いよと言っていたのが今日終了ってわけだ。出来ればどこでもドアーが良かったのだがさすがに言えなかった。

 なんだかんだで移転に伴う諸々を考えられる限り全て終了、天下晴れて三重県人となったのだ、かたちの上だけだが。

 昨日、外から部屋になにか小さな虫を持ち込んだようで気になり、たまたま洗剤と一緒に持ってきていた物の中にあった「網戸専用虫よけスプレー」を釣り道具などに少しだけ吹いたところ、注意書きにもいけないとなっているのだがちょっとだけ吸い込んでしまい、とたんに激しいクシャミと鼻水、あれれっ、花粉症の症状とまるで同じではないか。スプレーの成分を見るとアース製薬の「シフルトリン」とある。19世紀後半に除虫菊から抽出された成分をもとに20年ほど前に開発・合成された化学物質らしいのだがアレルゲンとして問題にもなっているようだが効果抜群で哺乳類や鳥類への毒性は極めて少ないことから「吸うな」と注意して出回っているわけだ。薄々感じてはいたのだが、年数回悩まされ続けている拙者の花粉症、どうやら大気中のこれら化学成分によって起きるのは間違いないようだ。こんどからは症状が出たとき、まず周辺でそれらしき行いをやっていないか確かめるのが良いと思った。

 そういえば引越して来て早々にひどい症状が出たとき、周辺の雑草刈りを大掛かりにやっていたし、高速道路で路肩や中央分離帯の植栽の伐採整備のときなども同じ症状が出ていたなぁと、一大発見した思いだ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月19日(土) No.2873 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

所用をこなす。


 今朝は3時間ほどの睡眠で6時起床、トースト2枚にサラダ、ヨーグルトと味噌汁の朝食後、本の入ったダンボール箱の整理にとりかかる。この一年くらいを思い出し、折につけページをめくる物だけを出すことにして選んでみた。すっかり読書嫌いになっていることが良く判る。いつまでも本なんぞ読んでんじゃぁないよと言うことかと豪そうに思う、あはは、イケナイね。

click

 10時頃、住所変更に伴う手続きで後回しにしていた事3件を済ますべく銀行、警察署、市役所の窓口に出向く。幸いどこも津市の中心部丸の内にまとまってあったのですぐに到着し余裕をもってことに当たる。当たり前といやぁそうなのだが、今日はまたすんなりと全てが上手く手際よく運び3件終わって丁度お昼時、お城のそばで和食の店が「紀伊長島の旬の魚を」と看板出しているのを見て発作的に入ってしまいお刺身定食を頂く。店構えからして相当な老舗かなと思ったのだが建物は古いが店はまだ開店して4年目といっていたなぁ、お味のほうは、・・・取り立てて言うべきものはなにも無かった、普通。

click

 引越ししてから未だ市内の地理が定かでもなく、どこに何があるやらなのだが官庁街を見るかぎり津は典型的な城下町であるようだが、今日通った商店街は軒並みシャッターが下りていてサビシイ限りだが、時代の流れでどうしようもない。賑やかになる要素が何も無いんだもの。はたして地場産業なるものの隆盛ということがありえるのか疑問だ、というのも盛んになりゃ東京に進出しちまうような気がしてならないのだ。

click

 空を見上げりゃ曇り空ながら風も無く快適な気温だし午後は津の老舗ヨットハーバーで釣り糸を垂れて見ようと岩田川河口に向かう。一月に一度だけ来て様子は見ていたのだがマストの林立するヨットハーバーの風景は好きな物の一つだ。

 足元の良い堤防付け根付近でテキトーに場所を決め、ハゼでも釣れないかと竿を出す。同じ伊勢湾内でも内寄りの白子漁港や河芸、白塚より数段水がきれいなので気分を良くする。

click

 河に面した小さな船着場だったが川底の状態によるのか、ほんの数メートル範囲にだけ小魚が住み着いているようで、そこに仕掛けを入れると反応があり、小メジナが掛かる。明るいうちに帰ろうと思っていたがそこには明るい外灯が点り、ほんの数人の釣り人しかいないのですっかり落ち着いてしまい、結局夜の8時になるまでの半夜釣りまでする羽目に。小型のセイゴもよく掛かりあきない。何人かの地元の釣り好きの方が声を掛けてくれたのだが、津市内にはなかなか釣り場所に事欠かぬようだ。そして堤防先端まで行くと型の良いものが出るとも言っていたのだが歩くの嫌だしねぇと拙者同様横着な釣りファンだったようだ、だはは。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月18日(金) No.2872 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89][90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen