LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


天気のせいにしよう。


 7時就寝、12時起床。天気曇り、書類整理進まない。かいま見たお役所の税務処理の時代遅れぶりに唖然とする。せっかくこの15年間くらいで整備されたITインフラがなにも活かされていない。逆にPOSシステムなどを利用した地産地消、生産者直卸の仕組みを作って所得を何十倍にも出来た農家の紹介、農協は大丈夫かなぁ。




雲がなかなか無くならない。

STOP_この埋め込みのスクリプト、なぜか日時が固定なのだ。ブログ・パーツとうたっているのだが日記に貼り付けるにはそのほうが良いのかなぁ。

web拍手_履歴



2009年03月08日(日) No.2436 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

わかった。


 まぁまぁの好天なのに気持ちが外に向かず、ぐだぐだとした土曜日、考えているようで何も考えず見ているようで何も見ていないかのようだ。思うにこういう時ってのは何か感動することに遭遇しなけりゃいけないのだが、かといって積極的に探しに行く気もないとなると偶然を待つよりしょうがない。
 だれでもだと思うが、気分が落ち込むなんてことは日常茶飯事、自覚していてばノー・プロブレム、というわけで朝10時起床、洗顔していて驚いたのがなんと左目の睫毛に一本、白いものが見つかった。気にし出すとどうにも気障りで、よぉ〜しひとつ抜いてやろうと莫迦なことを思い立ち毛抜きを手に早速実行、ところがなかなか上手く捉えられず黒いのを10本近くも抜いてしまってからようやく目的の一本を抜いた。瞼を見るとなんともその一角がわずかな面積ながら羽根をむしり取った鳥肌のようで気色悪いったらありゃしない。はたして睫毛というのは新たに生えてくるものか不安になり、そそくさと調べたところ、なぁ〜んだ、一月ほどで生え変わるものと知り一安心。

 しかし目立たないせいだろうか、睫毛の白髪って今まで見た覚えがない。
STOP_予約してあったTVドラマ・スペシャル「白州次郎」第二回目を見ることが出来た。ぅん〜ん、こちらの気分のせいだろうが間延びしていてなんの感慨も得られなかったのは残念。とくに骨董家として名高い青山二郎さんや当時の文化人らが出てくるクダリは不味いものを口にしたような塩梅だった、だはっ。やはり戦争は文化を破壊するものだ、終戦を挟んでの半世紀くらいというのは不毛というしかない。

web拍手_履歴



2009年03月07日(土) No.2435 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

つらつらと考える。


 今日は8時に起床、また雨、冴えない。結局、昨日はせっかくの好天にもかからわず出かけるよりも籠もる方を選んでしまった。なぁ〜んにもしない心地よさに目覚めてしまったようで先が思いやられるが、つれづれに拝見したTV番組で「高齢化社会のあり方」といった内容のものがあり聴き耳を立てていたのだ。
 今、65歳以上の人口が全人口の3割を超えるという。そして年代とともに比率は上昇するとはいえ85歳くらいまでを見るとほとんど8割方のシトは元気に歩きまわっている。これは人類史上未経験の状態でもあるということで、人間社会のスタンダードを考える時に当然従来とは変わらなければいけないだろうということだった。

 それでふと考えたことは、ほとんどの思想書や哲学書の類いは平均寿命50歳にも満たない頃に成立したということで、かの孔子さまの教えからしても拙者は7掛けで読み解いていたものだが、それにしても不惑の後が長すぎるなぁ。

 その放送で訴えていたのは3割以上を占める高齢者を標準とした社会基盤をというものだったのだが、ハードウエアに関してはおいおいそうなっていくだろうとあまり心配していない。

 そんなことより考えるのは、未来の人間社会の権力構造・支配構造についてのことごと。間違いなく体力・気力が低下する高齢者がいかに民衆の付託を受けてとはいえその頂点に居ても良いものかということだ。いくら祭り上げられても後進に道を託するのが善いと思うのだがどうなんだろう。我が国の政治家で唯一ともいえるような見識を備える与謝野肇さん、もう72歳にもなられ激務をされている様子は見ていて気の毒にもなる。ご本人の義務感や責任感からだとしたら凄いことだ。
STOP【今日のニュースから】

click

_世界最大級の豪華客船「クイーン・メリー2」号が横浜に寄港したとのニュース、ベイブリッジは通れないないので大黒埠頭に着岸した様子が映像で見ることが出来た。でかいでかい、この莫迦デカイということはそれだけで感動してしまう。建造には熟練工が延べ800万時間・人かかったというが雇用創出という点では大変なもんだ。世界一はその後に作られた「フリーダム・オブ・ザ・シー」号や今年進水する「オアシス・オブ・ザ・シーズ」号にゆずるということらしいが、それにしても大きい。
 よくアンケートなどで聞く一生のうちにかなえたいことに豪華客船での世界一周な〜んてのが多いことから需要は十分にあるのだろうね。
 あいにく拙者はあまりそういったことに興味はゆかないのだが、その多様で豪華な設備を見たりするのは大好きだ。海に浮かぶ船に地上の町並み以上に快適な空間を作り出す、てぇのにわくわくするのだが逆にわざわざ海の上でしなくとも、なんて考えたりする天の邪鬼なのだ。しかしこのような富の再配分に寄与する商売は悪いことじゃあないと思う。
STOP【おぉ〜、と思ったこと】
_午後3時過ぎだったか国会中継を拝見していて珍しく丁々発止といった感じの議論が短い時間ではあったがなされていた。それは「社会民主」についてのやり取りであったのだが常々我が国は過去の善き共産主義者が思い描いたであろう社会に近づいていると思っていたのでそれが国会の場で議論されるということに気分を良くしたのだ。なんだかんだ言っても現実には政治の采配で社会が変わるのだからして近代社会民主というのがどうあるべきかを真面目に討論するのは有意義ということに尽きる。
 策を巡らし賄賂を取ってるような奴らは断固引きずり下ろすというのも当たり前の話だろうに、恥ずかしいことだ。

web拍手_履歴



2009年03月06日(金) No.2434 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

久闘、苦闘。句闘、狗闘。


click

 昨夜は花粉症によるクシャミと鼻水との格闘、ティッシュペーパー2箱、タオル2本を使い切る頃にようやくくたびれて眠りについたのだが、目覚めたとき、薄目をあけて見た時計の長針と短針を見間違え、てっきり6時過ぎと思ったらなんと午後1時30分、12時間近く寝ていた勘定だ。

click

 起きた時、鼻のまわりはすっかり乾いていて花粉症の気配もなくなっていたが起き出してものの数分でまただらだらと出てきた。

click

いい加減に鼻水を抑える薬でも買ってこないことにゃまずいかなぁとも考えるのだが、もうすこし時間が経ちゃぁなんでもないことだし、さてっ、どうしたもんかと今日は雛祭りだ。

click



 この頃、シトの趣味・道楽に思いがいってweb上のそんなサイトを拝見したりしているのだが、いやはや個人とはいっても大変は情報量、よくぞここまで集められたものだと感心してしまうのだが、あくなき探求心のなせるわざなのだろうネ。「足るを知る」などという諦観に近い至言もあるがそんなこと云う奴は好奇心の度合いが少ないのだろうなぁと重きを置かない。
・見たことのない名画。
・聞いていない名演奏。
・読んだこと無い名著。
・観たことのない絶景。
たくさんあるんだろうなぁ。それだけじゃなく拙者の場合はなんでもない小さな漁港や海辺にやたら惹きつけられるところがあって収拾がつかない。

 足るを知るも知らないもそれぞれの人生、どっちが好いんだか。
STOP
 当ブログに折々にコメントくださる埼玉県の「珈琲パウエル」ご亭主のKAMIさんが主宰される「ジャズ鑑賞会」がこの3月26日(木)に早19回目を迎えての開催とのお知らせがアップされていた。

そして、今回は嬉しいことに拙者の大好きなジャズ・トロンボーン奏者、カーティス・フラーさんが取り上げられるという。

単に個人的な思い込みに過ぎないのだが、なぜかこのフラーとエリック・ドルフィーへのリコメンドがあると無性に嬉しくなってしまうのだ。

思えば5年ほど前にDTMを恐る恐る始めてこのサイトを作った最初のコンボ演奏の短編が彼のアルバムにあった「Five Spot After Dark」、音楽に主義主張などちゃんちゃら可笑しいと納得したのもその時だった。





♪〜入力した時には題名もあやしかった。






web拍手_履歴



2009年03月03日(火) No.2421 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

晴れた晴れた。


click
♪〜水ぬるむ、とまではいかないが、
  少しだけ春のきざし。


 今朝はしばらくぶりの朝寝坊、10時過ぎに起き外を見ると一週間ぶりの青空だ。風がやや強く冷たいとの予報だが、こうしちゃおれぬと出かける用意をする。ブランチにたまにはイッカとインスタント・ラーメン、これにラー油だの胡椒だの、長ネギだの、メンマだの焼き海苔だのさらにはおろしニンニクを入れていただくのだが、めっぽうイケるのだ。

 向かった先は中津川沿いのへらぶなセンター、風は思ったほどでもなくぽかぽかとした日差しのもと、のんびりと竿を振った。この池にはよほど魚が放流されているようで餌なしでも浮きが良く動く、そしてカラ合わせするとスレで掛かってきたりもする。やはり釣り堀の釣りは面白みに欠けるかなぁと思いながらも4時過ぎまでやっていて仕舞にした。

click

 ここはすぐ側に圏央道につながる「さがみ縦貫道路」が建設中で大きな橋が姿を見せている。相模川に沿うように茅ヶ崎まであちこちが建設途中なのだがいつごろ出来るのかなぁ。国道16号の混雑解消と都内通過車両の迂回路にということらしいが、ずいぶん時間がかかっているように思う。完成時にどれだけの利用者が居るものかちと疑問だ。

遠くに丹沢山系、今日は雲がひときわ白く見えた。
STOP【今日の座布団一枚】
_「トキを焼き鳥にして食うようなもんだ」
東京駅前の旧東京中央郵便局建て替え高層化について鳩山さんちの次男坊がいった言葉。面白いのだが、歴史的建造物というにしては味もそっけもない建物だ。審美眼の問題だが、80年前のあの建物にそれほどの価値があるとはどうしても思えない、まして世界遺産などとはとんでもない。我が国に正直な文化人はいないのか。

web拍手_履歴



2009年03月02日(月) No.2417 (雑感)
Comment(3) Trackback(0)

月変わり。


 今朝は5:30起床、やはり曇り空のようだ。今日から3月といっても心境の変化が特にあるわけなくどうしたものかと思いあぐねる。
STOP【気がかりなこと】
_世の流れを見ていて、自分が次第にアナーキーになってきているなぁと感じる昨今、内的に新たな興味の種がないとどうしても世間を見てしまうのだが、その中での大きな心配事が二つあって、一つは地球温暖化による人類の行く末。拙者の漠然とした予想では絶滅せずに何割かが生き残り新たな社会を作っていくだろうと楽観的だが夢の無い話だが、この一度手にした便利で快適な環境はまず捨てることは考えられない。想像に過ぎないのだが環境の変化が徐々に現れる時、シトがどんな行動をとるのだろうかと思い、格差社会とか階級社会というのはそっくり相似形で残るのろうなぁと埒もなく考える。いずれにせよ、この地球規模の変化を贖うのに人間の力じゃどうしようもない。今の時代に生きていて良かったなぁと思うのが精いっぱいだ。

 もうひとつに拡大するイスラム、石油資源で得た莫大な富を使って宗教学校に多くの留学生を集め、世界中の貧困層に施してムスリムの増殖に成果を上げているという。この中世の思想が化石のごとく残った教義はいくら頑張っても理解できないことだらけでイラつくものの筆頭だが世界で2番目に信者の多い宗教なのだ。宗教は全てそうだがまず恵まれない虐げられた民衆を取り込むことから始まることを思うととても悲しいのだ。先日もテヘランの今昔を取り上げた映像ドキュメントを見て不思議でならなかった。洗脳され個人で考えることをしなくなった若者、疑問を持たない人間、合理という言葉の概念が決定的に異なるということかなぁと、これも諦めるしかない。
STOP_さてっ、今23:30、どうやら明日は天気になりそう。さきほどまでコマーシャルの合間を縫ってという感じでTV映画劇場で「M.I-掘廚魎僂討い燭里世CMの時に切り替えるとハイビジョン画像で画家のベラスケスとゴヤの作品を紹介していて、あっち見たりこっち見たりと、まぁ忙しいことだった。
 これからサイトの定期更新して、さっさと寝よう。

web拍手_履歴



2009年03月01日(日) No.2416 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

待ち遠しい。


 今朝は目論見通り5:00起床、熟睡だった。睡眠といえばその昔、かの大臣ではないが睡眠剤に依存していたこともあったなぁと、なにがきっかけで服用を止めるようになったのか思い出せないのだが、5年程前の大不調の時ですら処方されたそれを使わなかった。多分、あんなもんで己の意識を左右されることが勘弁ならなかったのだろうな。とはいうものの、あの朦朧とした状態というのもなかなかに魅力的なもので、なんにせよ酔うことが出来るということは個人の自由のひとつなのかも知れない、まぁ場所柄をわきまえるのは当然としてもね。

 朝食にコンブ出汁の納豆2パックとキャベツの浅漬けと牛乳、8時になっても空にはまだ厚い雲が垂れこめている。ん〜〜ん、オッカシイな、衛星写真で見るとそろそろスカっと青空が広がるはずなのに。
STOP

click

_あれれっ、10時過ぎにちょっと日が差しただけで相変わらずの曇り空だ。
昼近くになってようやく薄日が差してきたがどうやら低気圧のせいで雲が湧いているようだ。でも風が弱いので穏やかな感じもするので出かけることにした。

click

 最初、へらぶなセンターに行こうと思ったのだが、土曜日ということで混んでるようにも思い急きょ相模川での寒ぶなに変更、この気温水温なので釣れる見込みはまずないのだが目的は浮きのバランスと練り餌の感じを掴もうという算段だが、中流域の三段の滝下というところのワウンドで3時間ほど竿を振り、ようやく気が済んだ。
 静かな水面にポツンと立つ極細の浮きをボ〜っと見ているだけで天下泰平、ノープロブレムと気が休まる。そして今日は何故か頭の中を「Lullaby of Birdland」が繰り返し流れ止まらない。
STOP_夜、NHKのドラマ・スペシャル「白州次郎」を見た。実話に基ずくフィクションですと断りがはいっていて、何度も読んだ物語なのだが第一回目は彼が個人の良心とか正義に原則を据えていく様子が解り易く描かれていると思って見ていた。まぁそういったことをアマリ考えないシトにはつまんないこととは思うが劇中、吉田茂さんを演じた役者さんは感じが出ていて面白かったなぁ、来週の楽しみが出来た。

web拍手_履歴



2009年02月28日(土) No.2415 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88][89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen