LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


のんびり土曜日。


click
♪〜三日前、贄浦漁港の夜景。

 明け方まで志摩半島から尾鷲にかけての詳細地図であちこちを探索して遊んでいた。以前からwebのMAPIONドライブ・マップを利用することがあったが、YahooJapanの提供するそれを遅ればせながら開き、使い易さにおどろいた、これはイイナァ。
この10ケ月間、よく走り回ったとは言っても足を踏み入れていない所がほとんどだが、ひょっとして其の中に自分の理想郷があるかも知れぬと思ったりするのだが、いやいや、はっきりとした理想郷のイメージもないのにそれはおかしな話だとも考える。

 昨日の磯場の上がり降りと足場の悪さで足腰が悲鳴をあげているのになかなか眠くは成らず部屋中の電気をつけたまま、いつ眠ったやら、web地図に頭をつけて昼近くまで寝ていた。

 お昼に遊びに来た弟に起こされ、明日が休日なので別な所に釣行しようと持ちかけられ、朝その気になったら行くからと生返事、行くとしたら神前湾、吉津漁港にしようと。入れてくれたコーヒーを飲もうとカップに砂糖とフレッシュクリームを入れ、コーヒー・サーバーではなく電気ポットのお湯を注いでしまって苦笑い、一口飲んで昔のコンデンス・ミルクをお湯で溶いた味がして美味に感じた。

 彼が帰ったあと俄然その気になり、具合の良かった仕掛け作りに没頭する。しかし本当に視力が落ちている、細い糸が見えにくいこと。


STOP

【この世の正義】
 正義なんて言葉はことさら掲げて何かを為すなんてのは愚かなことだが、絶対多数の人間が頭に浮かべる共通の正義の概念というのも僅かだがあることは間違いない。

 で思うにこのところ公になっている冤罪裁判での司法がわの態度姿勢だが、醜く腐っている。司法が独立した権力とはいえ他の行政官吏同様もう120年以上も続いた組織であることを思えば常識とかけ離れた価値観で動いているのは明らかで誰かが止めなきゃ悲劇だ。なんといっても国民の最後の拠り所、・・のハズなんだから。

web拍手_履歴



2009年10月24日(土) No.2945 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

紀伊長島、赤岩の磯。


click
♪〜道路のすぐそばにこんな磯があるのだ。

 今朝は4:30起床、休日という舎弟が5時に迎えに来るというので大急ぎで釣りじたく、紀伊長島の赤岩の磯に行った。下の道路で行って見ようと彼のナビに任せたのだがなぜか大内山山中の旧道を延々と走ることになり2時間以上かかってしまった。地図を見ても整備された42号線を道なりに行けば良さそうなものだったがナビのデータが古いのかも知れない。

 今日は先に地元の74歳になるという若々しいおじいさんが1時間ほどでクーラー一杯のグレを釣っていたが、もうあがるのでと場所を譲ってくれたのはラッキーだった。話ついでにポイントの情報などもチャッカリとお聞きしたり。しかし、拙者の歳を言うと、若いねぇと笑いながら釣れたグレを捌いて蟹網に入れ、蟹を獲るのだと言っていた、なるほどねぇ。

 汐は中潮、風も無く陽射しも柔らかな絶好の釣り日和で今年16回目くらいの最高の天気だと、最高の大安売りだ。

click
♪〜クイシンボのグレ。

しかしこの程度の磯場の上がり降りが大変な負担になっているのは悔しいことだが、じゃぁ足腰を鍛えてなぁ〜んて考えないのが我ながら素直な人生だといい気なもんだ。

 平坦な場所に釣り座を構え、工夫を凝らしたグレの吸い込み仕掛けを何種類か試して見たところ、さすが紀伊長島の磯、すぐに手の平大の木っ端グレが次々と掛かる。一番驚いたのは二本針にダブルで掛かってきたことで、魚の濃さが良くわかる。

このグレの吸い込み仕掛けというのは、最近の流行で確かに釣れる確立が高いが、「吸い込み仕掛け」という名前に疑問を持っている。グレの食餌の習性や口の形から、鯉やボラなどと同じように餌を吸い込むというのが納得しかねるのだ。短期間の経験だが拙者の仕掛けに掛かるときは必ず餌のついた針を咥えていて釣れている。そして湧き上がるグレの見えるところで注意を凝らしても練り餌を突いている様子はあまり見られない。想像だがおそらくは海中でバラける練り餌さに惑わされ側にある針に付けた餌に食いついているんじゃないかなぁ。しかし仕掛けの形はボラや鯉の吸い込み仕掛けと同じだからこういう呼び方なのかも知れない。

 3時には止めようなんて言っていたが、なんのこたぁない、陽が山に隠れる5時近くまで頑張ってしまった。終了直前に拙者の竿が大きくしなり、今日一番の大物、といっても25cmくらいのまるまると太った口太メジナが掛かってくれて、なんとも愉快であったこと、しかしここの上がり降りはちと堪えるので今回限りにしようとなんとも根性に欠ける釣り師なのだ。

 今日は金曜日だったせいか釣りの最中にシゴトがらみで電話が6回もあったが魚と遊びながらのお話は不謹慎かなぁと頭の片隅で思うのはいまだ仕事人間を引きずっているのかなぁ。
STOP_


web拍手_履歴



2009年10月23日(金) No.2944 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

名古屋。


click
♪〜めずらしい縦長の流れ雲。

 今朝は8:30に1時間ほどの仮眠のあと弟夫婦とお店のスタッフとともに名古屋の見本市会場に出かけた。めずらしく釣服じゃぁなく引っ張り出した秋向けの服装で新鮮な感じもする。本当は自分が運転を引き受けるはずだったが弟が元気で大丈夫だというので、まかせることにして拙者は助手席でのんきに物見遊山気分だ。

 見本市会場では彼の本業がらみの展示会ということだったが一応入場はしたものの興味の対象ではないので、外に出てぶらぶら歩き。埠頭まで行こうかとも思ったが徒歩じゃちと遠いのであきらめる。しかし高速道路から眺めた木曽三川河口から名古屋港にかけての海は好天のせいもあり目にするだけでわくわくする。道路のすぐ近くに造船ドックがあって大きなタンカーの船首が陸に乗り出していたり珍しい光景がたくさん見られた。

 この伊勢湾岸道路は何度も往復しているが全て夜間か深夜だったので昼間の光景は目新しい。四日市から長島にかけては名にしおう工業地帯とあって今日のように風がないとやはり大気がどんより曇って見えるが、これ以上はどうにもならないのかもね。得るものと失うもののぎりぎりの分かれ目なのかなぁ。

click

 帰路、関インター近くの大きなドライブ・インに寄り遅めの昼食を取ったのだが地域のあらゆる名産品を取り揃えた実に大きな店舗でお客さんで賑わっていたが活気があって気分がいい。レストランのテラスに置かれた椅子とテーブル、良いデザインだなぁと感心した。
STOP

web拍手_履歴



2009年10月22日(木) No.2941 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

贄浦、そして脈絡もなくTwitter。


click
♪〜

 今朝は6:15に起床、ちょうど立ち寄った弟に作った仕掛けを見せ今日は贄浦の海で試すのだと言って拙者だけ朝食。なんでも、あさって23日に名古屋で彼の商売がらみの展示会があるので皆を乗せてドライバーを頼めないかとのことだったので快諾、会場側が名古屋港だから釣りもすればと言うので旅行用の12尺の渓流竿を忍ばせて隙あらばと考える。

 明るくなった外を見ると予報に違わずよく晴れた青空が広がっていて期待が膨らむ。TVニュースで絶好の洗濯日和で布団の日干しにも最適な天気だというのを聞き、すぐその気になり寝具を剥いで洗濯機にかけ外に干す。そんなこんだで家を出たのはもう9時を回っていたがはやる気持ちもあるでなしのんびりと車を走らせる。

 途中、途中玉城インターそばの餌屋で何種類かの配合餌を購入、ついでに小道具も。

click
♪〜

 いつもの贄浦漁港に着いたのは11時を回っていて、堤防には先客が5,6人陣取ってやっていたがこの好天ならばこそだ。一番手前のほうに駐車しようとしていると、先のほうから先日、地元仕掛けを教えてくれた釣り名人のおじいさんが前が空いたからあちらに停めると良いよと親切に声をかけてくれたのでこれ幸いと従う。今日はもう上がるようだが釣果は聞きそびれた。

 堤防の空いている所に陣取り、あらためて今日の天気の良さに感激、今年15回目くらいになる最高の日和だといい気なもんだ。季節のせいか風がないのに空気が澄み切った感じで遠景がくっきり見える。青空と白い雲もひときわ美しく自然の絶妙さに思いをいたす。さればと、持ってきたデジイチを取り出し海と空と山の明るいフォト・ストーリーでも作ってやろうかと釣りの用意もそっちのけでパチリパチリ。

 ひとしきり写し終えて、さて、配合餌の練りこみから始め、竿を出したのは丁度お昼を回ったころだが、下げ潮いっぱいの時間帯でお魚の反応がイマイチ。それでも作ってきた仕掛けを順番にセットして調子を見るのだが半分くらいはアイデア倒れというか絡み易かったり重すぎたりだ。

click
♪〜

 ベタ凪で日差しも柔らか、気温も20度前後で実に心地よいのだがだ〜れの竿にも魚の掛かる気配もないのは不思議なものだが、あの名人もそれで早く上がってしまったのかも知れないなぁ。

 あまり反応もないのも退屈なので足元の小魚をからかっていると珍しくカゴカキダイが釣れてきた。以前はチョウチョウウオ科に分類されていたらしいが今はカゴカキダイ科になっていて縦じま5本が色鮮やかな温帯性というかまぁ熱帯魚もみたいなもんだ。

click
♪〜「ステラナビゲーターVer.8」による画像。

 その後、汐が動き出し遠投したグレ狙いの団子仕掛けに20cmくらいのものが数枚掛かり、うふっ、とほくそ笑む。
 後ろの山に太陽が近づくとあれよあれよという間に夕暮れとなってしまう、早いなぁ。道具を仕舞い終える時にはすっかり回りが暗くなっていた。そうだ、今日はオリオン座流星群がピークになると言っていたなぁと思い、ちょうどここだと正面の海に広がる南東の空が見えるではないか、夜中まで待って見ようかなと一瞬考え、デジイチのロング・シャッターで星が映るか試してみたりしたのだが、まてよ、マニアでもなければこんなものは一人で見るもんじゃないだろうと思い直し、さっさと帰ってきた。


STOP

【webの小技】

7月頃から時々耳にしていた、「ツイッター」、新し物にはすぐ飛びつくのだが、web2.0なぁ〜んてのが眉唾ものでちっとも新手法がなかったのであまり期待もしておらず触ってもいなかったのだが、暇もあることだしと覘いて見た。 登録しておけばリアルタイムで「つぶやき」をweb上に発信でき、不特定多数または限定したしとからレスポンスがあるという昔の、今もか、メッセンジャーと左程に異なった機能でもないのだが、まぁ流行というかもう下火になりつつあるとはいえ興味を示す方々が現在世界で3,700万人というのだから形はどうあれコミュニケーション命といった人々には手軽な遊びではあるようだが、四六時中オンラインだからお話するのが楽しいというのは、ちと信じられぬ。Anyoneフォロー・ミーなんてした日にゃspamの嵐にまみれること請け合いだがログ・イン・ユーザーのコメント入力画面にURLが付くというのがブログにまして簡便な感じがするのだろうね、たしかにつぶやくのに凝ったテンプレートやデザインは要らないは。

 まぁこれは拙者が世間から遠ざかろうとしている途上にあるせいでもあると思うが、現役のころでもメッセンジャーなど五月蝿くて必要な時しかサイン・インしなかったもなぁ。これは一時の流行ですぐに落ち着きそうだが、それにしても目新しいテクノロジーが出てこないのでPCも食傷気味だ。
さらに言えば、メッセンジャーより退化してるのではないかと思えることは全てのデータがサーバーサイドのデータベースに蓄積されることで、ピア・トゥ・ピア志向からは後退とも言えるのだが時候の挨拶くらいでそんな心配は余計なことだなぁ。
STOP

web拍手_履歴



2009年10月21日(水) No.2940 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

無題。


 昨日は午後からあまりの天気の良さと新たに作った仕掛けをどうしても試したくなり、近くのマリーナへ出かけた。心つもりでは半夜釣りを大堤防先端付近でということで、どれだけ歩くかと万歩計もセットして入ったのだが、1,500メートルの堤防を見たとたん、ここでいいやと横着を決め込む。ちょうど汐が下げ始めていて魚はあまり期待しなかったがゴカイ餌だと小さなセイゴが餌の数だけ釣れる感じだ。
暗くなってからもせっせと仕掛けをトッカエひっかえ、糸を結ぶのに難儀しながら夜の11時過ぎまで遊んでいた。
 帰りしなに、そうだ天丼をと思い出し、卵なんぞを買って帰宅、さっそくアマがらく煮込みとろとろの溶き卵で丼をいただき、ばったりと寝てしまった。

STOP
 てなわけで今朝は4時に目覚め今日こそは南伊勢の海へと準備していたのだが朝食を取ったあと、なぁ〜んか新しい試みに欠けると思い即中止、パジャマに戻って二度寝、11時に起床。天気予報とは少し違って曇り空ながらも明るい秋の一日、またまたテーブルに工具を並べ仕掛け作りに精を出す。合間にシゴトの電話が3件、どれも電話で済むことだったのはラッキーだ。
STOP
【なぁ〜んだ、と思ったこと】
 昨日だったか、かねてから贔屓にしていた石原東京都知事が今回の政変での行政革命にチープな御託を述べられているのを聞き、なぁ〜んだ、やはり根はただの作家かとがっかりした。50年間の貧しい政界の中にあっては比較的理解可能な筋道立った意見を言っているように見えたが、今回のコメントでは物書きの心情としてとか、お墓の移転が特別な意味を持つやの言は、到底国の運営に関わる方ではないと思った。東京都がいかにも上手くいっているように見えるのは働き手が集中しているだけの地の利であって決して知事のせいじゃないとも感じた。もっとも、ひどい人物が知事になっておかしくなりかけたこともあったけどね、あはは。

 あと、云うに事欠き、ファッショだ独裁政治だとのたまっておられる方々、意味を理解しておられるのか疑問だ。


【揚げ足取りじゃなく】
 昼間、観るでもなしに点けていたTVでなにか曲の紹介で「反社会的な内容の反戦歌」と妙齢の女性歌手が口にしたのでビックリしちまった。「社会的な内容の反戦歌」と言わんとしたのだと思うが、あるいは体制下における反戦歌は確かにそこでは反社会的と糾弾されるものだしなぁと埒もない。

STOP

web拍手_履歴




2009年10月20日(火) No.2939 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

無理はしない、・・・トホホ。


click
♪〜気持ちイィ〜(.\○/)秋空。

 今朝は4時に眼が覚め、またまた最高の日和になりそうなので南志摩の海へと思いながらも、なぁ〜んかバテていて起き上がれない。無理するこたぁないと耳したがって二度寝、結局10時ころに電話で起きる。
 外はこれ以上無いという好天、昨日洗った釣り関係の諸々をベランダに大々的に干す。しかしこの釣り餌の匂いの問題は厄介だ、毎回これだけ後始末となると大変だなぁと思うことしきりである。

 あまりの天気の良さゆえ他に洗うものが無いかと見渡したがこれがナイ、結構まめに洗濯してたからね。

STOP

【自宅サーバー】

 青空と白い雲を眺めつつ昨日サボったサイトのメンテナンス、ログ・チェック。こんな真昼間にやることは珍しいことだ。

 おそらくセッカチな性格ゆえなのだろうが、PCの処理スピードやインターネット回線の速度には常にストレスを感じてしまう。一昔前から見ると隔世の感もある通信速度だが、このベスト・エフォート方式、混雑時には見事に低下しちまうので昔同様、時間をづらして使わなくては精神衛生上よくないのだが、利用者数と設備に掛ける費用との兼ね合いでこれがもっとも良い方式ということだろうね、常時接続といっても専用回線とは言い切れぬのは止むを得ないか。

 OSのアップデイト後などに、測定サイトで確認するのだがマンションタイプで72〜78MBpsと十分合格点だが、時にこれが100分の一位まで低下するのだ。これはジタバタしてもしょうがない。


♪〜最近の測定結果。

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:NTT西 フレッツ・光プレミアム マンションタイプVDSL方式
プロバイダ:ASAHIネット
測定地:三重県津市
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:73.96Mbps (9.245MByte/sec) 測定品質:97.7
上り回線
 速度:21.16Mbps (2.645MByte/sec) 測定品質:97.1
測定者ホスト:xxxxxxx.ppp.asahi-net.or.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2009/9/19(Mon) 11:59
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

STOP

web拍手_履歴



2009年10月19日(月) No.2938 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

贄浦最高。


 夕べは早く眠るつもりが、ずるずるとシゴトしていて気がつくと夜中の2時、あわてて2時間半ほど仮眠して弟を迎えに行く。昨日のうちに餌や撒き餌も用意してあり、今日はもちろん一般道で南伊勢・贄浦に向かった。
山中には霧が掛かっていたが風が静穏な証だ、絶好の釣り日和となりそうで期待に胸膨らむ。
 到着する前に今日の日曜日、釣りに来ている車の台数の合てっこしたが拙者は8台くらいで舎弟は5台だという。さて、贄浦漁港赤灯台堤防についてみると、5台がすでに駐車してあり弟は鼻をヒクヒクだ。ここは間違いなく穴場だなぁと思う。

 早速準備にかかり釣り座を構えてまず自作のグレ吸込み仕掛けで足元から始めたのだが、これが大成功、次々にグレが掛かってくる。手の平大から25cm弱の小さなものだが釣れりゃぁ面白い。30cm近いアイゴも釣れたが手元まで引き寄せたところで針が伸されて逃げられちまった、残念だったがその強力な引きはスリル満点。

 その後、仕掛けをトッカエひっかえ、汐まわりがよかったのか飽きない程度に掛かって、面白いったらありゃしない。対照的に弟は当たりになかなか合わず大苦戦の一日、3時頃にもう上がろうかと声を掛けるも今日は休日だから日が落ちるまでやると、彼にしては珍しい粘りだ。

 ここ贄浦は山側に陽が落ちるので5時にはもう日没だ。帰りももちろん下の道路、松阪あたりのファミレスで夕食を済まして帰宅。撒き餌のひどい匂いがまとわり付いていて気持ち悪いくらいだったのでがんばって全部洗濯機にかける。一息ついたのはもう夜の9時を回っていた、あぁ今日は日曜日だ、サイトの更新もしなくちゃと思いながらのブログだがさすがに眠いわ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年10月18日(日) No.2937 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85][86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen