LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


くたびれたなぁ〜。


click
♪〜吉津港のヘダイ。。

 連続三日目になる釣行、元気に起きたのは早朝4時、特に準備もないのでゆっくり朝食をとった後、弟宅へ、そして昨日と同じ神前湾、吉津漁港に向かう。

 網干し場では8時頃から一面に広げられた魚網の繕いを何人かの漁師が黙々としていたが潮汐と天候に従って網の投入をするので大変だ、お昼の1時間ほどの休憩以外は休みことなくやっていたが定年などのない仕事であるし年配の方が多いが当に生業ということだなぁと、それと師の付く職業について考えたりしながらもっぱら小魚と戯れていたのだが、やはりシゴトをする人々の近くで遊ぶのは関係ないとはいえ心ざわつく物だ。

 良く晴れたが時折強い風が吹くも横風で釣りにはなったが集中力に欠ける。それでも途切れずに魚の当たりが出るので仕掛けや浮きの具合を見るにはとても良い場所だ。

 昼頃に車で30分ほどお昼寝、やはり連日の早出はくたびれちゃうね。

 特に大物も釣れなかったが可愛いらしいクサフグとヘダイが無傷であげられたのでブクに入れ持ち帰ることにして2時を回った頃にサァーっと気温が下がり、山の上に雲が出てきたのを見て、これは予報より早く雨が降りそうだと仕舞うことにした。今日の失敗は帰路、一般国道の23号線を走ったことで松阪から津市内は夕方のラッシュで酷い渋滞にはまってしまったことで、三重県の方はこの時間に23号線は走らないのだという。

 40年前からちっとも改善されていないというのだが、見たところ信号の設置と設定になんら工夫がない感じだ。特に中心部、官庁街の信号機は危険さえ感じる配置だ、一度上空から見てみるといいのにね。まぁしょうがないと皆が納得してるんだろうから新参者がとやかく言うこたぁないか。

 帰宅後、持ち帰ったヘダイとクサフグのブクの水温を水槽と同じまで上げて放流、ぐふふ・・これで合計七匹、カゴカキダイ、クサフグ2匹、グレとヘダイが一才と二才のもので60cm水槽に丁度良いバランスだ。

 そんなことにカマケテルものだから洗い物や食事がなかなか終わらない。おまけにブログの更新をと始めてすぐ寝てしまったようで結局アップしたのは朝になってから。STOP_

web拍手_履歴




2009年11月02日(月) No.2966 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

あっという間の11月。


click
♪〜養殖真鯛の水揚げ風景。。

 今朝は4:30起床、真っ先に昨日持ち帰ったフグとウマズラハギとグレの様子を見るとハギだけやや弱っている感じがしているもののフイルターを追加したせいもあってか海水が澄んできているのが良くわか。ハギは今日一日持たないかもしれないなぁと思いながら5時にはもう出発、昨日と同じ吉津漁港に行く。天気予報では夕方から雨とあったが三時前には止めて帰って来ようと決める。

 通り道の国道23号線は今日の日曜日、駅伝があってお昼時に通行規制がかかると聞いていたが我々の行き帰りには然したる影響もないだろうと。

click
♪〜

  引っ越しして、丸二ヶ月になるがもう昔から住んでいるかのように勝手に馴染んでしまっている。大きく違うのは目論見通り、釣りの回数が圧倒的に増えたことで、10月などは21日間も釣りに行っている。首都圏に居る頃はこんな回数というのは思いもよらぬことで、遊びの一端だったが、こちらに来てからは釣りが殆んどになっている。

 朝方、多気から玉城の山中は濃い霧で南伊勢の海沿いに出る頃にはすっかり晴れ上がり、無風でベタ凪の神前湾が待っていた。今日は新しい試みをするので昨日は舎弟が陣取った港内の真鯛養殖生簀の水揚げと仕分けをする作業場所近くにポイントを決め、道具の一切合財を広げる。丁度弟とは並んで竿を出す形だが始めだすとまぁ二人ともめったなことで会話なんぞはしない、それぞれの釣りを楽しむわけだ。でないと続かないもんね。

 養殖真鯛の水揚げを真近かで見るのは初めてだったので釣りを中断してしばし見物、年中休み無くある数を水揚げして仕分け後出荷しているのだと言う。当然こぼれて逃げた奴は港内に居るものの生簀の餌に慣れているから離れないらしい。

 しかし、今日は本当に良い天気で今年18回目の最高の釣り日和り、グヤジィのは底が平坦でなく労作の仕掛けを3個も根掛かりさせちまったこと、獲物の方は中型グレが狙い通りに釣れ、もっぱら仕掛けの交換と練り餌の工夫に時間を費やす。

 午後1時ころか、さぁ〜と気温が下がってぽつりポツリと小雨模様、少し早いが切り上げようと仕舞いに掛かる。帰りも舎弟の運転でやはり楽チンだ、お昼抜きだったので少しお腹が空いたねと津に付く頃珍しく拙者が誘って混雑前の回転寿司チェ〜ン店に寄る。ここは日曜日などとても混雑するのだが4時くらいだと空いていて、さらにネタがどれもこれも良いのはお店が今日の混雑を見越して大量に仕入れた魚の一番良いタイミングを戴いたせいではなかろうかと、来るならこの時間だねと同感する。

 そして何を言い出すかと訝ったが、実は明日も休みなので行こうよということだった。あはっ、天気予報では晴れだし一人でも行こうと思っていた矢先なので、じゃぁ迎えにくるからと言って分かれる。

 やはりカワハギは駄目だった。運搬時に小さなブクだったのがいけないのだろうと見当をつけ、小型のものにしなくちゃと思った。
STOP_

web拍手_履歴



2009年11月01日(日) No.2964 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

神前湾、吉津漁港。


 今朝は3:30起き、ほとんど寝ずに勇躍舎弟を迎えに行き、南伊勢・吉津浦に向かう。途中、260号線の山道で乗用車二台大破の事故を見た。カーブの連続の坂道で曲がりきれずに電柱に激突し後続車が追突したようだ、クワバラクワバラ。

 こちとら安全運転でまたまた来ました神前湾、早速餌の配合から入念に仕上げ、釣り座を構える。舎弟とは離れて別々にやることに、釣法が違い撒き餌などが違う為だ。

 今日もこれ以上ナイという穏やかで明るい秋晴れの一日、いやはや面白かった。海水が一段と澄んでいて海中が良く覘ける。そしてビックリする様な大物も見えたりして、仕掛けをトッカエひっかえ、そのたびにそこそこのサイズ、20〜25cmのグレが元気に竿を曲げる。

 吸い込み仕掛けや団子釣りから連想して、ヘラブナ釣の要領で二本針での練り餌が以外と効果的に思い早速やってみる。あはっ、これも大成功、グレの姿かたちがヘラに良く似ていると思ったのがきっかけだが、さすが渓流竿というわけにはいかず、リール装着の磯竿だ。だって40cm超えるようなのがチラホラ見えたり実際に釣れたりしているのだ。

 いろいろやってみて結局、昔ながらの紀州釣りが一番シンプルで性に合っている感じがした。午後5時に仕舞いにして弟に運転をまかせ拙者は助手席、さすが眠くてウトウトする。義妹が巻き寿司を作ったというのでご馳走になり、帰宅前にホームセンターのアクア・コーナーに寄って、海水槽様のオプションパーーツや水質改善薬品などを求める。

 弟は今日、大きな魚を二度もバラしたということで、熱くなっていて、明日も来ようと、ぐふふ、異議なしだ。早く寝なくちゃ。STOP_

web拍手_履歴



2009年10月31日(土) No.2963 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

海はホントに気紛れだ。


click
♪〜これは昨日の贄浦で広げた店。

 神前浦の吉津漁港で3時間ほど仮眠の後、暗いうちから練り餌作りに励む。市販の配合餌の他、米ぬか、サナギ粉、小麦粉、パン粉でベースになる物を大量に作り、固めと柔らか目の二種類を小さなポリバケツに作る。

 そして空が白み始めた頃に赤灯台堤防の中ほどに釣り座を構え、グレの団子釣り仕掛けでベタ底を狙う。とっ、直ぐに25cmの口太グレが釣れこりゃぁ幸先良いではないかと頬が緩む。

click
♪〜木っ端グレ名人だぁ。

 その後も次から次へと休む間もあらばこそ中小のグレが釣れ続き、自作の仕掛けが抜群の威力を発揮したことに大満足。餌の配合も良かったに違いないが分量などは適当なものだったから幸運としか言えない。

 しかし海は実にキマグレというか良く判らない、昨日はまるで魚の気配も反応もなかったのに、一転、今日はどうしたことか。先日、水槽のセットを求めた時に小型の携帯用水温計をポケットに忍ばせてきていて、昨日は19℃、そして今日の海水温は20℃と1℃高くなっているのが原因かも知れない。

click
♪〜南島大橋

 昼前にはさすがにもうイイやと仕舞うことにして刺身に出来るサイズだけ捌いて他はカモメとトンビにプレゼント。

 10cm足らずの可愛いカゴカキダイが釣れたのをエアポンプ付きのバケツに生かしておいたのを持ち帰り、組み立ててある水槽に一番乗りとさせてやろうと考え、海水もと思ったのだが急カーブ続きの帰路を考えると、待てよ、津の海で汲んで帰りゃ無難だと思い直し魚だけを積み込む。

 途中、贄浦の先、阿曽浦の真っ赤な南島大橋が見えるあたりまで来て、そういえば昨日からおにぎりと菓子パンとバナナ一本しか食べていないと気づき目についた食堂に入る。なんとなく懐かしさを感じる典型的な食堂で、女給さんがまるでドラマから抜け出たかのようなたたずまいなのが感じよく、お勧めはありますかと尋ねると、皆さん良くカツどんとか生姜焼き定食を注文されますよと云うので、じゃぁ生姜焼き定食をお願いしますと。

 料理が出来るまで真正面に見える真っ赤な南島大橋をカメラにおさめ、きっとあの橋の塗装は毎年のようにやってるんだろうなと妙なことを考えるが、悪かぁない。山々と内湾の光景は以外とくすんだ色合いだけにピリッと効く唐辛子みたいに存在感満点だ。

 空腹だったせいだけじゃなく、味も量も自分にぴったり、とても美味しかったが満腹になると当然眠気が、ということで30分ほど居眠りのあと水槽に入れる海水の事をあれこれ思案しながら途中、ホームセンターで20リットルのポリタンクを買い、先に津マリーナに寄ってそれと釣用のバケツ三つに海水を汲み用心深くトランクに載せようやく帰宅だ。

 20リットルってこんなに重かったかと嘆きつつ、何往復もして全て部屋に運び込み、さぁそれからが大仕事だった。こんなに馬力があったのかと嬉しくなったので書き出すと、

まず着ていた衣服を全部洗濯機にかけ
全身シャワーを急いでして
水槽に敷く砂利を研ぎ洗いし
運んできた海水を入れフィルター通して循環させ
海水を運んだバケツを洗い
絞めて持ち帰った獲物を捌き
水温が同じになったところでカゴカキダイを放流。

この間、4時間。

click
♪〜熊野灘からようこそ。

そしてブログを更新しながらようやく記念撮影だ。元気に泳いでいるので嬉しいったらありゃしないが、油断は出来ない。アンモニア濃度が心配種、対策を調べなくっちゃいけない。

 海水はまだまだ綺麗に透き通るはず、今は殺風景だが徐々に海底らしくするのだ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年10月29日(木) No.2959 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

帰らない。


今朝は4時と早起き、海に行こうかどうしようとうだうだしていたが良く晴れた空を見て9時過ぎてようやく出発、南伊勢の贄浦を目指す。

魚の気配ガさっぱり無く、もっぱら釣り道具の整理に精を出していた。

日が落ちる頃、一度は仕舞いにしたのだがどうも不満が残る。

餌も沢山残っているし、隣の神前浦はどうかなぁと夜釣りしてやろうと早速移動。

しかしながら結果は同じ、さっぱりだった。気がつくと23時を過ぎている。天気予報を見ると明日も穏やかな好天だと言うし、ええぃこのまま居続けちゃえと、今日は帰らない。
STOP
【メモ】

click

贄浦の夕陽。

web拍手_履歴



2009年10月28日(水) No.2954 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

晴れたけど。


 今朝は例によってセットしっぱなしのアラームで4時に一度起きるも寝たのが3時頃だから当然二度寝を決め込み9時に起床。台風20号が足早に北東に去って行き外はカラット青空が広がっている。

 一度は一昨日行った神前漁港にと準備したのだが、昨日組み立てた水槽のことがあって、近くの海で海水を汲んできてしばらく慣らさなきゃいけないなぁと思い遠出は止め。

 そして潮溜まりの小魚を運ぶのに使うエアポンプ付きのビニルバケツを引っ張り出してきたり、海水運搬用のポリタンクも要るなぁとか、カラッポの水槽を見ているだけでも楽しいものだ。これで魚が泳いだ日にゃ部屋にこもっていても気分は磯辺かも知れん、ぐふふ。

 しかし最近の水槽はキレイな造りになっている。底に敷く砂礫だけは用意したが岩や流木、海草などはこれからだ。まぁ盆栽か箱庭みたいなもんだが歳相応の感じもして良いんじゃないかなと思う。

 とんだ散財ではあったが、楽しみはお金に変えられない。
STOP
【ややっ、懐かしや。】
_今日、二日おいてのメールチェックでフィルターでゴミ箱にあった懐かしの後輩からのメールを発見、hotmailアドレスだったからはじかれていたのだ。彼は新卒で自分の元に来て、それこそ一から専門技術に入り込んだのだが、江戸っ子でお祭り大好きというキップの好い若者だったので、まぁ厳しくほとんど辞めさせても構わないというくらいの付き合いをしたのだが、しぶとくも食いついてきていっぱしのシゴト人になってしまった自慢の後輩とも云えるが、素養があったのだろうね、ややこしいこたぁ教えたってどうにもなるもんでない。それでつい15年前を懐かしく思い出したのだが、この知らないことは知らないととことん突っ込んでくる情熱が半端じゃなかった。普通はそこそこでハイ解かりましたと引き下がるがそんな簡単な専門技術などあるわきゃナイ、もひとつ気に入ってたワケは子供の時からの釣好きってぇこと、これが大きかったかな、あはは。
STOP

【誘惑に負ける】
 これだけ青空が広がっていると先ほどまでの決心もつい揺らぎ、3時頃からマリーナに出かけた。

click
♪〜もうじき水槽へご招待だ。


12尺の渓流竿で小魚と遊ぼうという魂胆で簡単な装備で行ったのだが、竿ケースを見て驚いた。一昨日、道具を降ろすときに舎弟の物と取り違えていたのだ。さてどうしたもんかと考えたのだが幸いトランクの片隅に手製の渓流用の和竿で11尺の6本繋ぎが入っていたのでシモリウキ仕掛けをセットして釣る事にした。丁度満潮から下げ3分あたりだったかいいテンポでいろいろな小魚がウキを消しこみ、楽しい1時間半だった。

 しかし知らずに南伊勢の海へ出かけてたらと思うとぞっとしちまう、早速今晩、交換にいかなくちゃ。

web拍手_履歴



2009年10月27日(火) No.2951 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

雨の月曜日。


 今日は久しぶりに自分らしい一日、朝4時に目覚めるもグッタリと二度寝してお昼12時にようやく起床だ。外はシトシトと秋雨でアウトドアーは止めにして身の回りの雑事と買出しに出かけることに。

 まずは銀行、預金口座の住所変更の際、各種税金や公共料金など全て銀行側で手続きしますなんて言ってたはずが、国民健康保険の振込み用紙が腹立たしい文面で送られてきていたことにもよる。しかしこの国民健康保険、どうも割り高感がしてしようが無い。国民皆保険制度として医師会主導で出来たようにも記憶にあるがやはりあの厚生省なんかに任せたのが諸悪の始まりだ。どこかに無駄金が垂れ流しされ続けていて、肝心の加入者や現場の医師にはまともに利していない。

 とにかく税金は一本化して透明かつ判りやすくしなくちゃダメだなとつくずく感じる。

 そのあと、大型ホームセンタのある商業施設に行き、そこのスーパーでの買い物の他、DIY店で2時間近くもあれこれ物色、眼に留まったコイン式精米機の「『米ぬか』は誰でも自由にお持ち帰り下さい」というのを見て、ちゃっかりと20リットルほどいただく。これは紀州釣りに欠かせないのだ。

 次にスチールパイプ製の三段ラック、これに釣り仕掛け作りの工具やパーツを乗せて一式を一度に準備できるようにと頭に描いているのだ。

 そうこうする内にペット・ショップの奥の水槽のコーナーに足が向き、見ている内にどうしても磯の小魚を飼いたくなり60cmの水槽一式を買ってしまった。

 海水魚を飼うのはなかなかに難しく、35年ぶりになるがカワハギやイシダイやフグの幼魚は親と相似形でつい頬が緩むのだ。

 そのあとはぶらりと書店、といっても三洋堂書店さんの店舗でDVDレンタルも充実しているらしいとのことで一応会員登録をしてDVDではなく本のコーナーを見て回る。本を読まなくなって早6年近くにもなるが、ざっと見て回っても食指がうごくような物は皆無なのは止むを得ない、やはり読書は若者の特権かもしれないなぁと都合の良い理屈を考える。

 しかし弟のせいもあるのか司馬遼太郎さんのコーナーで「大盗禅師」なる文庫本を見つけ、これは未読なので一冊だけ求めたが幻想的歴史小説とうたってあるだけに今の自分が読み通せるかは疑問だ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年10月26日(月) No.2948 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84][85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen