LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ぐ〜たらも久しぶり。


 昨夜はさすがに眠くて1時を回る頃には寝入ったので今朝は7時にパッと起床。天気予報では南伊勢方面は曇りで風速1メートルと昨日の埋め合わせにとも一瞬思ったが、どうにも身体がシンドイ。それで今日はぐ〜たらを決め込む。

 しかし驚いたのはぐ〜たらというっても以前とは少し趣きが違う。やたら動き回る感じがする、もっとも大した事ではないので勤勉ということではない。

 今日一番の大仕事は水槽の海水作りと掃除・水換えだった。魚は数日前に全て出してひたすらエアレーション中のはずだったが、なんと砂石の下から以前魚の餌にといれた石ゴカイが元気に生きていたこと、強いもんだ。

 日中には時々太陽も顔を出す一日だったが気温はめっきり下がってきている。そして今日もネット中継されている事業仕分けを音声だけ流していたのだがほとんど全てが似たり寄ったり、守る側はお題目のふざけた理屈をこねくりまわしている、誰かが今の国民はそれほどバカじゃないのですよと言っていたが同感だ。それと対照的に先日の毛利衛さんが館長として勤める日本科学未来館の論議での意見、英傑なんて言葉が思わず頭をよぎるほど筋道の通ったもので、毎年24億円の赤字を出しているなんてほざく主計局の頭でっかち、科学技術振興財団と文科省の癒着こそ血祭りにあげるべき問題なのだよ。

 今日、耳をひいたのはやはり農水省がらみの可笑しな事業、なかでもペラペラと弁の立つ局長の論調には辟易、なにがウイン・ウインだと思わず突っ込んでしまったが言ってることとやってることが違うということが解かってないようでまさに机上の空論の良い見本だ。
STOP

web拍手_履歴





 
2009年11月16日(月) No.2995 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

湘南・茅ヶ崎の海。


click
♪〜茅ヶ崎海岸の夜明け。

 今日の日曜日、関東は爽やかに晴れ上がり三ヶ月ぶりの茅ヶ崎海岸で、伊勢での釣り仕掛けを試してやろうと暗いうちから準備を始める。風も無く絶好の釣り日和になりそうな休日とあって防波堤には早くも釣り人でいっぱいだ。やはり人口密度の違いだろうが、ファミリー・フィッシングで来られているしとも大勢だ。

拙者はちと遠慮してあまり人気のないポイントに釣り座を構え自作仕掛けで釣り始めたが風が強くなりだしあまり気合が入らない。

click
♪〜遠くに富士山。

 それでひとまず釣りを中断して皆の様子を見てあれこれ勝手な想像をしながら何か釣れるかなぁと時間を過ごすも、これがだ〜れにも掛からない。大荒れの後は良いでしょうなどと言う向きもあるがおそらく水温の急低下のせいだろうがこうも釣れないとちっちゃな子供達が可哀想でしょうがない。やはりこちらは魚の絶対数が少ないのかなぁなどと思いながら、三重県に移って良かったなぁと埒もない、あはは。

click

 砂浜のほうではそれこそ絶好のサーフィン日和だ。サーフィン教室なのか大勢の生徒が練習用ボードで教わっているが皆ウエットスーツなんぞ着けてはおらず海水着だ。若さというより人間の生命力を感じてただただ凄いなぁと感心するばかり。

 車を停めた近くでウインド・サーフィンの帆の手入れを何人かがやっていて塗料の匂いなど、それにしても鮮やかな色合いの模様でいいものだ。

 風は強まる一方なので、ここは諦め天気予報では風速1メートルとあった逗子か葉山の方にでも行ってみようかとも思ったが同じ相模湾だしこの風は気圧配置によるものだから大差ないだろうと見切りをつけ、ならばぶらぶら帰ろうと決め茅ヶ崎を離れる。

 途中、お昼をと最近はすっかり利用回数の減ったファミレスに入る。昔に比べメニューがずい分減ったようにも思うがあんなに揃えておくことも無用なこととは思っていたので良いことだが、苦手のドリンク・バーだけはやはり面白くないね。天邪鬼の拙者はアイス・ウオーターしか取りやしないのさ。でもファミリー・レストランとあって、家族連れでわぃわぃと子等が喜んでいるのを見ると良いシステムなのだろうな。

 喫煙席だったのですっかりくつろいでしまい、食事の後もしばし二つ程離れた席の一団の漏れ聴こえる会話なぞに興味持ったり、若者二人と年配の経営者風のおじさんだったが何やら若者のシゴトからみの考えを話し合っていたようで、悩める若者といったところ、人生は甘かぁない。ただ、あと何ヶ月か残らないと失業保険がもらえぬなんて計算してシゴトなんぞして欲しくはないなぁ。

 休養十分といざ帰らん、東名厚木インターから高速に上がって二時間近くも走っていて自分の間抜けなことにハタと思い至った。それは午後3時過ぎに西日を正面に走ったのだが何時までも日が沈まないで眩しいままだったことで、なんのこたぁない、お日様を追っかけていたようなもの、地球の自転速度を考えりゃぁ僅かなものだがそれでもかなり日没が長引いてしまうのには違いない。

 丁度中間点あたりになる小笠PAで休憩することにして店内で最近流行の生キャラメルなどを土産にと。休日夕方の高速道路のパーキング・エリアはなかなかの賑わいで家族連れはもちろん、ツーリングの帰りか大型のオートバイのグループなど皮ジャンの服装も決まっていてなかなかにカッコ良い。

 停車位置がたまたま綺麗で明るい公衆電話ボックスのまん前だったことから、だれか利用者居るかなぁなどとぼんやり時代とともに消え行くものについて思いを寄せていた。人ごみの多い所ではきっともう無用のものかもしれないが、ひょっとして無人となるような場所では大事なライフ・ラインとなるかも知れないなぁとか考えていた時、小学生くらいの姉弟が走ってきて電話ボックスに入りなにやら話していた。レジャー帰りだろうか帰る時間でも知らせてるのかな。続けてこんどは4人くらいの小中学生、これも兄弟だな、代表で一人が電話をかけていた。まぁ、付き添いが携帯電話を貸してやりゃなんてのはいけないね。

 しかしこの公衆電話の維持管理、とても採算など見込めるものでは無くなっているだろうからいつまでも民間にやらせておくのもイケナイことじゃないかなとも思ったり・・・。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月15日(日) No.2994 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

今日は仕事。


一月ぶりの東京、電車の予定を雨模様と云うことで車にした。日曜日の関東は晴れそうなので湘南海岸へでも寄ってみようと釣り道具一式を積み込んでと、やはり遊び優先だ。

STOP

click

 夜っぴき、大雨を追いかけるように400kmを5時間ノンストップで走り早朝5時前に八王子に到着。3時間の仮眠の後、皆と合流、午前中はいくつかの配送を待つ悠長な時間だったが、まぁさしてあわてるでもなし、昼食には施設内の食堂でビーフカレーをグッピーとネオンテトラの泳ぐ綺麗な水槽の近くの席でいただく。
午後からは予報より少し早く、天気が良くなり大雨のあとの洗ったような公孫樹の黄葉が一際映えて見え清々しい。シゴトは全体的に押して終わったのが夕方6時頃、やれやれだ。
懇意して戴いているS所長の泊まって行きなさいよという御親切を遠慮して、八王子か新宿か江ノ島に宿を取ろうと出発。大勢でわいわいやった後はどうしても一人になりたくなるのは今も昔も相変わらずだ。
途中、夕食を20号線沿いの24時間営業の外食チェーン店でゆっくり戴いたあと車で休んでいて気づくともう夜中の3時、宿など面倒とそのまま海へ、向かった先は結局茅ヶ崎海岸でまだ日も明けやらぬ頃だ。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月14日(土) No.2991 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

事業仕分け中継。


 今朝は7時30分目覚めるもそのまま1時間くらいウトウト、ややお疲れ気味かなと思いながらカーテンを開けると予報通りの曇り空、TVを点けるも目を引くものも無く昨日から始まったネット中継されている国家事業の実況を出し音声だけ聞いている。

 興味あったのは第3グループ、文部科学省管轄の次期スーパーコンピュータ開発に関する予算案の審査でつい最近参画していた企業のうち最大手のN社が撤退して文科省のリードに大きな疑念が持たれている分野でもあるからだ。ITテクノロジーについてわが国の、特に自民党時代の議員や官僚に知に長けた方が皆無だったこともあり、この30年間、大手企業の言いなりで予算を食い潰してきたので今回どう切り込まれるか楽しみではあった。

 わが国の行政がらみの大きなコンピュータ・システムはあの住基ネットや電子納税システムやETC、他もろもろ、掛けている費用の割りには間抜けなもので、なんでこうなるのか歯がゆい思いで見ていたのだが国家プロジェクトというからにはやはり大学主体でそちらを充実するほうが将来的にも国益に寄与すると信じていて、企業に大金を出すのじゃなく優れた頭脳をそれこそヘッドハンティングしてお国の為に参画させるのが良いのにと思っている。

 スパコン開発から抜けたN社などもう15年も前から技術水準が低下していて世界の最先端なぞ望むべくもない、F社にしても似たようなものでスパコン構築についてなど企業参画させるなら基本設計をアイデアの段階でなぜ入札制にしないのか疑問だ。

 宇宙開発や天文観測、地球シュミレーション、生命科学や原子物理などの基礎科学は国民に遍く夢をもたらすもので、ある意味で社会の遊びの部分でなくちゃ面白くない。費用対効果のみで切ってしまうのは大反対なのだが独立法人や特定の企業に無駄に流れている税金はじつにもったいない。

 しかし10テラホップスのスパコン、魅力的だ。

今度は、理化学研究所の事業審議が始まった、センターが出来てもう9年になる。へぇ〜、特許は4件しかないんだ。しかし何処の独立法人も自己主張が心もとない、ニッポンは科学立国を掲げているのだからもっと理路整然かつ堂々と説明できないものかねぇ、ナサケナイ。


 海洋観測船「地球」、平成24年までには海底下6.000mまで掘削するという、世界最深だ。すごいなぁ〜♪

あのキャピキャピはきはきした蓮方さん、大好きだが時々了見の狭い発言が気にかかる。4年後に6,000mまで掘れなかったらドーするのなんて聞かないでほしい、そんときはゴメンナサイでしょ。手探りで新しいことをしているのだから万全を期すといっても失敗はつきものだ。100%可能なことなどありえないし皆承知の上でハラハラして見ているのだから。


STOP


web拍手_履歴



2009年11月13日(金) No.2990 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

島勝漁港。


click

 南伊勢方面の天気が曇りというので天気図を確認すると雨雲が紀伊半島から離れる兆しが見えるので、よし、釣行しようと決めた夜中の3時過ぎに、以心伝心か弟から紀伊長島の先の島勝浦の漁港にいかないかと電話、5時頃迎えに来るという。あわわ、寝る時間がないではないかと思ったが海で昼寝してやれとそのまま準備しても居眠りしていてやって来た弟に起こされ、そのまま出発だ。運転は彼におまかせだがナビがなぜか42号線を道なりに示さず脇道に入ったり出たり納得いかないガイドをするせいで余計な時間を使ってしまった。
 
 尾鷲の少し手前になる島勝浦には和具の浜などの景勝地もあったりトンネルを抜ける真正面に海が見える珍しい光景が出現したりと、やはり未踏の地は心ときめく。そして以前は有料だったり釣り禁止だったという右手の白灯台堤防、今は夜釣りのみ禁止でフリーになっている。ここは波の強い夜には伊勢えびが海底から上がってきて釣り針に掛かってしまうので密漁防止のため夜釣り禁止にしているといっていた。手長エビ釣りは聞いたことあるが伊勢えびも釣れるんだなぁと妙な感心の仕方をしてしまった。


click

魚が多いという堤防先端に釣り座を構え早速グレの団子釣り、すぐに20cm弱のクロメジナが上がり、そのあとも投げるたびに釣れてしまう。さすがにこれだけ木っ端グレが掛かるとつまらないので場所を変えてみたが今度はウンともスンともいわない、やはり先端付近が良いかと戻ってすぐに勢い良く浮き消しこんでくれたのが可愛い縞模様のイシダイの幼魚だ。シメタと慎重に針をはずしフラシに入れる。これは持ち帰って水槽の主役にとすっかり満足し、あとは惰性で竿を振っていた。

 午後3時過ぎに仕舞いとしてラッシュを避け伊勢道を帰ってきた。津に下りてからアクアコーナーのあるホームセンターに寄り、人口海水の素と水質改善用の薬品を何種類か購入。海水槽をセットして二週間、やはりリン酸や硝酸、アンモニアなどの濃度が限界を超え入れていた小魚が次々とダウンしているのだ。


click

 帰宅して荷物や魚の入ったブクなどを部屋に運び、ヒーターを入れようとして、大失敗に気付く。なんとブクのエアーポンプのチューブが外れていて、あのシマダイが息も絶え絶え、急いでエアーを補給したものの手遅れだったのは返すがえすも残念。まぁ、海水も出来ていないことだししばらくは入居者ナシの水槽で水造りに専念だ。

STOP


web拍手_履歴



2009年11月12日(木) No.2989 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

月日は巡り・・


 今朝は7時起床、雨は弱まっているものの低気圧がすっぽりと列島に居座り今週は期せずして悪天候=オシゴトと運の良いことだと気を良くする。

 昨日飛び込んできたニュースで森繁久弥さんの訃報、来るべくして来たわけだが日本語の達人というにふさわしい飄々とした方で大好きな人物だった。なによりも芸能者としての分限を頑なにわきまえ、ときにチクリと世の中を皮肉る様子は好感が持てたものだ。なにも知性というのは細部にわたり事細かに精通しているということではないのだと良く身を持って現されていた、まさに命を寿いだご臨終であったと思うことしきりだ、・・合掌。STOP




【ぐふふな調理】

click

 訃報の記事に続くには感心しないが、先日南伊勢、贄浦から持ち帰ったボラを食べてやろうと三枚に下ろし、さてどう料理してやろうとしばし考えた。


click

 一部は刺身に決まっているのだが、半身のサクを見て多分ムニエルにしてもいけるなと塩コショウをさっとして小麦粉をまぶし、オリーブオイルで揚げてみたところ、うふっ、なかなかに美味しいものであった。たぶんこれにソースを工夫すりゃぁ上等なフレンチになること間違いないくらい癖の無い魚肉だ。


click

 そして刺身のほうも甘みのある癖の無い上等のもので、まぁ時期と場所にもよるのだろうがボラという魚が商品としてあまり出回っていないことを不思議にも感じたものだ。


click

 確かに爬虫類っぽい顔つきやヌメリと匂いのあるウロコ・表皮が嫌われる理由かもしれないが、捌いてしまえばなんてことない。また良く心配される寄生虫なども鯖や鱒などと同じくらいの確率でしかないのだからもったいないことではある。

STOP
【森繁久弥さん、やはり偉人だ】
 今日は日がな、あの逃亡犯のくどい報道をかいくぐり亡くなられた森繁久弥さんの生前のインタビュー映像など見ていた。あの文化勲章受賞後のお話なんぞはじつに平易な言葉で核心をついていて、驕り偉ぶることのないその様子はまさに有徳の人と感じ入ったものだ。見習うべき大先輩として同じ時代に存在できた事を幸せだったとつくづく思う。

【公開事業仕分け】
 それに引き換え、いまだ蔓延る我がニッポンの低次元の政治家、なんとかならないものかと、あの事業仕分けチームの人選に異を唱えた警察上がりのガラッパチ議員、たまに声高に正論を吐くものの筋違いが多過ぎる。徳を感じられぬと下品でさえある。

 そして公開中継やネット中継された仕分け作業、いやぁ〜、こうも白日の下に予算の使い道をさらされると、血税を貪り食っていた連中が哀れにさえ見えてきて、少しだけ可哀相にも見えてきたり、いや、同情しちゃいけないな。

 特に箱物で人材育成とかなになにの啓蒙に役立てているとか、各種NPOに補助金を配分するだけの下らぬ組織などは必死に防衛するものの実態をあきらかにすりゃぁ単なる無駄使い。聞こえは良いが、子供を集めて開く読書会に補助?そんなものボランティアの範疇だろうに。

web拍手_履歴




2009年11月11日(水) No.2984 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

シゴトをした。


 今朝は8時起床、約束のシゴトが名古屋の先、長久手古戦場近くの農業総合試験場であるので今日一日はそれに集中することに。まだ関東に居る頃に仕込んだJOBで資料一式を昨夜のうちに見つけ出しパラパラめくって予習して今日に臨んだのだ。

 高速を通って名古屋を通過し長久手の古戦場の先、三ケ峯峠の山原に上っていくと木々が見事に色づいていて期せずして紅葉狩りのようで、得した感じだ。

 あとで調べたのだが標高は300mちょっとでそれほど高地でもないのにやはり立っている広葉樹が多いせいなのかなぁ。

 10時30分、待ち合わせ場所で3人の方々と合流し早速オシゴトの開始だ。すでに出来上がっているデータ収集の為の装置のこまごまとした設定を根気良くやっつけるのだが、始めて使う機器もありなかなか手強い。

 拙者の直接のクライアントとなる会社の今回の担当者はなんと我が息子と同じ歳と聞きなんとも親しみを感じたのだがなかなか熱心でシゴトしてるなぁと感心したものだ。

 お昼は何にしましょうと名古屋支社の営業マンが案内してくれたのが「餃子の王将」という所で半年位前から餃子を食べたいと思いながらチャンスを逃していたのでこれは良いと、大きくて綺麗な国道沿いの店舗だったが席待ちしているほど繁盛している。そして拙者が注文したのは餃子と天津丼とから揚げがセットになったものだが、美味しかったね。さすがカンショクとはいかなかったが、久しぶりに美味しい中華を戴いた思いだ。

 ゆったりと満腹の昼食のあと、少し気合をいれて取り掛かり午後4時前には無事完成、手探りで事を成すのは時間が掛かるものだが、それが面白い。

 良いことは続くものでそんなさなか東京のSさんから週末の東京でのシゴトの途中経過の電話があり、これがまた願ってもない展開になっていて予定の半分くらいの負担で済みそうだと判る。

 いつになくご機嫌で皆と別れて高速に乗る頃から雨が酷くなり、結局津インターを降りるまで豪雨の中のドライブ、これはくたびれるね。

 そして帰宅したのが夜7時過ぎ、久々に終日のシゴト三昧ではあったが首尾が良けりゃぁ気分はイイ。

STOP


web拍手_履歴



2009年11月10日(火) No.2983 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82][83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen