LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


アクティブ。


click

 今朝は7時に起床、穏やかな目覚めだ。曇り空から徐々に青空が広がり日中は良い天気で気分も良く、やたらコマゴマとした事に精を出す。水造りしている海水槽もエア・ポンプを追加で強力なものを入れたせいか一段と綺麗になっている。四日前に南伊勢の海から持ち込んだシマダイが思った以上に持ちこたえていて嬉しい。

 午後3時過ぎになってから、マリーナで小魚を確保しようと出かけるも魚の反応がピクリともなく1時間ほどで戻り、床にダンボール紙を敷き詰め、釣り道具の手入れなどにうつつを抜かす。


click

 昨日のアップ写真でキャップションに間違いがあるのに気づいた。グレの昆布締めではなく刺身の写真だった。で、改めて二日漬け込んだグレの昆布締め、短時間のものでも十分美味しいが重しを載せ長時間押したものはさらにオイシイ一品だ。STOP

web拍手_履歴



2009年11月25日(水) No.3011 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

吉津漁港、続き・・・。


click
♪〜

 我ながらも厭きもせずにとあきれるばかりなのだが、陽も明けやらぬ頃から餌団子の調合を始め、昨日と同じ場所に陣取る。さすが平日となった今日は釣り人なんぞおらずに貸切状態で薄日さす穏やかな海面に立つ浮きの動きを楽しむ。今日は風がほとんど無く気温も上昇してなんとも心地よい一日だった。グレは同じように釣れ続け、昼で止めにしようと思いながらも結局海を後にしたのは午後3時、それこそげっぷが出るほどグレを釣った。

 帰り間際に離れたところでグレ釣りに興じていた地元のおじいさんと知り合いになり、しばし雑魚釣りの楽しさを語り合う、やはり同好の酔狂はいるもんだ、あはは。

 朝食抜きだったのがいけないのか食べた物なのか、はたまた大病の兆しなのか、どうにもいけない。帰路、お気に入りの阿曽浦の食堂が休業日だったこともあり伊勢のコンビニで気紛れに衝動買いしたチーズ入りハンバーガーを食べたのがいけなかったようで帰宅後、例によって一切合財の洗濯と整理をしているとき吐き気がして僅かだかもどしてしまったのだ。

click
♪〜

よほど柔な胃袋のようだが其の後、ケロっとして持ち帰ったグレの調理に取り掛かる。二日前のグレの昆布締めも冷蔵庫にいい感じに漬かっており、夕食にはこれだなと、今日の一番大きいものは刺身で明日にするとして、あとは塩をパラっとふって冷凍にし後日ムニエルかフライにしてやろうと目論む、うっしっし。

click
♪〜グレの昆布締め。

 グレは鯛などと同様、〆た後24時間以上経過すると身の組成が変化して大幅に旨みが増す。夕食に戴いた昆布締めの美味しかったことったら釣り人冥利に尽きるなぁ。しっかし魚を捌くのがすっかり上手になり我ながら手際が非常によろしい。が、試みたグレの薄つくり、包丁のせいかなぁ、全然薄く切れないのだ。


STOP

web拍手_履歴



2009年11月24日(火) No.3010 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

単独行。


click

 昨夜一応メール送った舎弟が珍しくも本業の都合で時間が取れないと言うので独善敢行の南伊勢もうで、早朝4時に起きせっせとお握りなんぞを作り準備万端整えていざ出発、神前浦・吉津漁港に向かう。すっかり寒くなり気温は8℃まで下がって山中は濃霧だ。いつものことで、海に近づくと抜けるような秋空が広がりそれこそ晴々とした気分になる。


click

 神前浦の手前、堤防が工事中の贄浦漁港に寄ってみると漁港中央部の網干し場で竿を出しているので広々としたそこで練り餌作りや道具の整理などをして様子を見たのだが、肝心の海はというと単に直感なのだが魚影が濃いとはどうしても思えないのでやはり吉津漁港で釣ることにしてそこを離れる。

 吉津漁港の赤灯台堤防、祭日とはいえ釣り人も数人、お気に入りのポイントに釣り座を構え12尺の1号細竿で紀州仕掛けのグレ釣り開始だ。北西の風が意外と強かったが背中に受ける形なので左程気にならず、切れ間なく中小サイズのグレが釣れ続く。

 今日は仕掛けをほとんど替えず、1.5号浮きに中錘1号程度を入れ、チヌ針2号・ハリス1.5号30cm、がん玉を針上10cmに打ち、餌はボイルと生のオキアミ、煉りえ、海苔、休憩時にタナボタを期してチヌ向けにコーン、サナギ、押し麦と多彩だ。ヘラブナ釣りの要領で煉りえで釣ると当たりを取るのがとても面白く、大型が掛かる率も大きいので楽しめる。

 もっとも喰いの良いオキアミ餌の時は煉りえで団子に包み下まで一気に下すのだがここは水深が7.5m〜9mもあり今日は海水が澄んでいて海底の様子がおぼろげに見え、大きな平岩が敷き詰められたような場所で岩の隙間まいたるところに連続してありそこに落ち込まないようにタナ取りすると比較的大きなグレが掛かるという按配なのだ。

 半数以上は海に戻していたがスカリに入れた分だけでもずっしりとなった頃日も暮れだしたのであぁ面白かったと大満足でお仕舞いにする。25cm以上の3枚だけ〆て頭と腹を落としクーラーボックスに確保した。

 さぁ帰ろうかなと思って車中から港内の岸壁をと見ると何人かが電気ウキを飛ばして夜釣りをやっている。あれだけ長時間釣りしてたのにむくむくと釣キチ魂が蒸し返し早速準備して結局その後夜中の10時頃までやってしまったが結果は小さなメバルと小あじが一尾づつと散々たるもの。

 天気予報を見ると明日も日中は穏やかな秋の日が続くとあり、ならばこのまま居続けてやれと思ったのだが夕食がまだだ。お昼は持参のオムスビで済ませていたがさてどうしたものかと携帯で検索したところ20kmほど離れた紀伊長島に24H営業のコンビニが一軒みつかったので早速向かったのだが港を出てすぐに中華食堂がのれんを出していてシメタとそこに飛び込む。メニューも豊富で灰皿もあり明るい感じの店だったのは幸いだった。サービスメニューというラーメンとチャーハン、サラダなんかのセットを注文しいてカウンターにあった中日新聞などに目を通すも奇妙な記事しかないことに驚くばかりだ。特に1000台も携帯電話を買ったというマニアっぽい評論家の「子供には禁止するより教えるほうが大切」という論調、世界に通用する人間となるためには幼児期からの英語教育が大切などと同じく知的・文化的とはもっともかけ離れた視点なのだ。
STOP

web拍手_履歴





2009年11月23日(月) No.3009 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

旅の絵葉書。


 三連休の中日かな、今日の日曜日は曇り勝ちながらも穏やかな日になりそうだ。今朝はさすがに起き上がるのがやっとというほどの疲労感があり7時に一度起き上がりカーテンあけてお昼まで寝ていた。なにやら右胸の筋肉痛があり、思い至ったのはこの数回の紀州釣りでの右手の使い過ぎだ。なんせ長時間団子を握り仕掛けを投入する同じ動作を繰り返すのだからいい加減悲鳴を上げたのだろうな。

 昨日、弟夫婦にお裾分けした手前料理の〆サバとサバの味噌煮、シロート料理としては上出来とメール、どんなもんだいと気を良くする。お世辞ってこたぁないよな。
STOP
【絵葉書】

click
♪〜もちろん無断拝借。

 旧友のNさんからいつものようにポスト・カードが届いた。早期リタイア後も年数回の海外旅行が何よりの生きがいという方で旅の情報サイトも発信しているがもう還暦は迎えている頃かなぁ。なによりも折々に撮る写真のセンスが素晴らしく、いつも感心しているのだが、かといってそれをどうだと言わんばかりに出すのではなくごく自然に使っているのがいい。今回のphotoだって何万回もあるであろうシャッターチャンスの一瞬を撮っているのだろうが構図なんかは持って生まれた感覚でしか捕らえられぬのではないかと思う一枚だ。

click


 写真に関しては精緻な画像への興味からデジカメやデジイチを弄り始め、誰が撮ってもオンナジさっ、ではないことを思い知った拙者なのだが表現媒体の如何にかからわずそれは存在する要素に違いない。

 ないものネダリは悲劇だが面白くもある、だはは。

web拍手_履歴



2009年11月22日(日) No.3008 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

釣りで遅刻なんて、おどろいた。


click

 習慣のようになっていたブログ、今日は忘れて寝てしまった、少しくたびれているのかなぁ。21日は天気予報が若干ずれ込み、熊野灘は穏やかな秋晴れになるというので、神前浦に行くことにして、早朝6時に一緒するという弟を迎えに。約束は5時だったが珍しく起きられなかったのだ。

 良く晴れてはいて、予報では風速1メートルということだったが午前中はかなりの風でなかなか集中できなかったが、前回同様にたくさんの魚が掛かり退屈しなかった。 弟は風を避けて右側の赤堤防側にまわり午後4時まで遊んでいたのだ。

 15cmほどのシマダイが釣れたのを水槽にとブクに入れ持ち帰ったが、やはり傷付いてしまう。でも少しの間、綺麗な水の中を泳ぐ様子を見ていると心安らぐのだ。
STOP

web拍手_履歴



2009年11月21日(土) No.3007 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

仕切り直し。


click
♪〜寒かったけど。

 今朝は4時30分に起き、昨日と同じ神前浦・吉津漁港で釣りをと弟を迎えに。道具立てはそっくり積み込んだままなので顔を洗ってすぐ出た。昨日は風が強く、イマイチ面白くなかったので今日こそは心行くまでとしつこいのだ。

 津を出たのが6時前で8時には吉津港に到着、拙者は白灯台堤防の中ほどに陣を構え準備にかかるも、風はないものの曇り空でサムイ寒い、一度車に戻り、防寒服と雨合羽まで重ね着してなんとか間に合わせる。思えば一月二月の厳寒期に数回来ているのだから今日の出で立ちではインナーの防寒不足なのだろう。


 同行の舎弟は一休みの後、彼お気に入りの港内側の岸壁で釣るという。
しっかしよくもこれだけ釣りの志向が同じ風だとおかしみさえ覚える。一緒に来たってそれぞれまるっきり自分の世界に入り込んでしまうのだ。昔はそんな協調性に欠けるような一人勝手はよろしくないとも思わないでもなかったが、今では大手を振っての勝手気侭、気楽なもんだ。

 今日は仕掛けを一種類に絞り、湧き上がる木っ端グレには目も触れずベタ底でのグレの紀州釣りに終始したが、これが大当たり、次々と一号竿で一番面白いサイズのグレやチヌが釣れまくる。どうやら堤防の周りを群れで回遊しているようで15分周期くらいで当たりが止まったりまた釣れ出したりと実に面白い一日となった。

 大声出しゃぁ声が届きそうな港内側でやっていた弟が電話を掛けてきてどうだいと言うので入れ食いだよと答えると、じき同じ堤防の離れたところに移動してきてもっぱらフカセ釣りでグレを狙っているもなかなか合わせきれないようだ。改めて歴史ある紀州釣りが優れた手法であると認識したものだが、とは言っても、まぁ、好き好きだ。

 昼過ぎだったろうか、拡声器でなにやら漁協でサバを特別販売しますというのを聞きつけ、この3月に隣の方座浦でバカウマのカツオを市価の四分の一の値段で買ったことを咄嗟に思い出し、多分同じ思いだったのだろう弟が目聡く買いに行った。丸々と太った秋サバが三尾200円だったと言って9尾手に入れてきた。地元の方優先でようやく買えたらしいが、どこから沸いたかというほど大勢のおばあちゃんが並んでたと言っていたが愉快なことではある。
ちゃっかり二尾を譲ってもらうことにして、また釣りに没頭する。

 午後4時、あぁ〜面白かったと竿をたたむ。今日は釣った魚を半分くらいスカリに入れておいたのだがそのほとんどを放流し、食べる分だけと、中型のグレ3枚を捌いてクーラーボックスに、あと水槽にと子メジナ2枚と25cmのチヌ一枚だけブクに活かし持ち帰ることにした。

 サバの刺身で夕食を一緒しようというので弟宅に寄り、捌く様子を観察、包丁捌きは彼が一枚も二枚も上手だから見て覚えようって訳だ。しかし今日のサバはいかにも大漁の網で揉まれたもののようで身が煉れていて見てくれは悪いが食味は良く、一本釣りのサバとは別物のよう、ご飯に合うこと、美味しかったなぁ。


click
♪〜これじゃぁ窮屈。

 帰宅したのはもう8時を過ぎていた、我ながら良く遊ぶ、がっ、なにやら胃のあたりがムカムカする。ひょっとして食あたりかと舎弟に電話で聞くと何でもないという。そのうち口の中がすっぱい感じがしたと思ったとたんもどしてしまったのだ。見るとサバの刺身が消化されずに見て取れる、どうやらウマイウマイと調子にのっての早食いがいけなかったようだ。前にもこんなことがあったなぁと思い出したのは松坂牛での腹痛だ、食い意地が勝ると碌なこたぁない、だはっ。


click
♪〜・・・

 いい加減眠いはずなのに、持ち帰ったサバ2本を、さてどうしてやろうと考え、決めたのが「サバの味噌煮」と「しめ鯖」、あんなことがあったので刺身は止め、しかしどれも初挑戦だがうまく言ったらお慰みってとこ。

 25cmのチヌは60cmタンクにはちと大き過ぎるようだ。鱗が剥がれて弱っていたこともあって一度放流した水槽から取り出し〆て冷蔵庫に、なにやら生け簀料理もどきだ。しかし今使っている小さなエアポンプ付きバケツでの長時間の運搬は魚にかなりダメージを与えるようで生存率が芳しくない。これは何とかしなくちゃ。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月19日(木) No.3000 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

南伊勢の海。


click
♪〜新入居者。

 今朝は4時起き、昨夜舎弟と約束していて南伊勢への釣行だ。天気予報<では晴れで北西の風1メートルとあり天気図でも低気圧<が東に去り等圧線が列島を縦に3本と緩やかだ。一人でも行こうとおもいつつ電話したのだが、釣竿もガイドを修理したとのことですぐにいくいくとなり迎えに行く。    

 最初は神前湾の吉津漁港を目指したのだが到着すると強風が回っていて、いちど贄浦に戻るも、なんと堤防の港湾工事が始まっており入ることが出来ず、再度吉津漁港に戻る。拙者は二度三度新仕掛けで底を狙うも魚が回ってくる気配がないので、足元の小魚狙いに方針変更、木っ端グレとチンタを釣って遊ぶ。釣り針のダメージが無いものを選んでブクに確保、海水槽の二回目の住民をなって貰うべく慎重に扱う。

 午後3時には切り上げでもっぱら足元の小魚を狙ったのだがこれは良く掛かる。入れ過ぎがなと案じつつもチンタ3枚と子メジナ5、6枚を選んでブクに確保。出きればカラフルなものをと思ったのだが今日はチンタと木っ端ブレどまり。

 昨日作った新趣向の深場のグレ用の仕掛けはピクリとも当たりが無かったのだが、たぶん冷え込みで沖目の深場にグレが移動しちゃったのだろう。それで撒き餌で浮いてくる木っ端グレを狙いで、ふかせ釣りに興じる。10枚に一枚の割合でチンタ、多分へダイの子、がポツリぽつりと釣れあがる。返しの無い釣り針だがダメージの無いものを選んでブクに入れるがすぐに一杯になる。

 午後3時丁度に仕舞うことにしたのだが舎弟が昼寝していた1時間ほどの間に車のバッテりーが上がっていてJAFの厄介になってしまった。5月にも確か隣の方座浦の港で同じトラブルに見舞われ、その後点検に出したがバッテリー関係に異常が無かったはずだがどうしたことか。

 幸い30分ほどで近くのJAF提携業者が来てチャージして貰い何とかエンジンが掛かるようになる。しかし原因がワカラナイのが気にかかる。拙者の見立てでは漏電してるのではないかなぁと思うのだが同じような症状が10ケ月間で3回というのは多すぎる。

 弟を送った後、ホームセンター内のペット・ショップでまたまた追加アイテムを衝動買い、そして帰宅後早速ブクの小魚を水温を合わせた後、放流したが今回は何日持つことやら。照明もさらにアクアリウムらしい色温度最大のランプを買ってきたので早速装着、一層雰囲気が出る。

 舎弟と分かれる時、明日は風も弱まるだろうからとまたまた一緒に早朝出ることを約束する、スッキヤナァ〜♪。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月18日(水) No.2998 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81][82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen