LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


早起き?


 23時就寝、3時起床とイカ漁でもしそうな時間帯だが何故かテンションが高い。夕べは久しぶりにぐふふな調理でまたまた大量の天婦羅など揚げて、それはオーソドックスな衣を配合して冷凍保存してあったグレの切り身とサツマイモ、玉ねぎ、戯れに葉野菜のサンチェなども。今回は上手に出来て美味しく頂けた。市販の旨味醤油はじつに巧く出来ているなぁと感心する、妙にオイシイ。

click

 アクティブになると部屋にこもっているのがつまんなく、そうだ、深夜営業している舎弟の陣中見舞いに行きがてら早朝のヨットハーバーでも行ってみるかとこの寒さゆえこれでもかというほど着込んで出かける。もちろん釣り支度も万全でだ。そして埃をかぶっているデジカメも持って、夜明けの海を撮ってもやろうと。


click

 ニュースで聞いていた住基ネットの端末がコンビニなどに設置されるとかいうアホな事も確認したかったが未だだったね。住民票と印鑑証明を取れるという事らしいが費用対効果を考えてるんかいと咄嗟に感じている。

 住基ネットといやぁ名古屋市長が離脱を突き付けているが、大変お粗末なシステムとは云え国家として莫大な税金を掛けて作ったネットワークだからして一か所でも抜けるのは宜しくない。彼の目指す改革には大賛成だが如何せん知識不足からくるミスリードは感心しない。個人情報が漏れるとか人間に番号を付けるのがどったらこったらというのは時代に逆行する間抜けなことだ。国を為す根本である戸籍の将来像は出生から徴税、医療保険、年金に至るまで公正に一本筋が通らなきゃいけないのだよ。あれこれごまかす口実をもっともらしく理屈つけちゃぁいけない。


click

 てなことはともかく、コーヒーをゴチになった後まだ暗い時間だったが津マリーナに向かう。あはは、さすがこの寒空、大堤防には人っ子一人居やしない。運動がてらということでキャリーを使わず釣り道具一式を肩にかけ、先端までとも思ったが遠いなぁと中ほどまでに、以前おおきなアイナメやハゼが釣れたポイントに投げて様子を見ながら夜明けの伊勢湾をデジカメに写す。日が昇る伊勢湾の海と空は実にきれいだ、まさに心洗われる思いがするのだが、いくらこの寒い時期とはいえ生物の気配のない海は面白くもなんともない。


click

 だいたいが海藻も貝も無いのだから明治以降の港湾行政の拙さに思いが及ぶ。いくら利便性や防災を手当てするにしてももうちっとアイデアがなかったものか。いや、釣りの事などは別にしてもだ。あのトキだって居なきゃ淋しいもの。

 ピクリともしない竿を仕舞、一時間ほどで帰ってきたのだがあれだけ着込んでいたのに体中冷え切っていたのは驚いた。4℃しかなかったもなぁ。
STOP

 午後、晴れ渡った空を見て窓を全部開け放ち大掃除にしゃかりきになっていると、買い物ついでか朝方会った弟が顔を出し、明日あたり南伊勢に行こうよと、もち即諾だ。そして話題の3D映画のアバター観に行こうというのを今日は観たくないとつれない返事をする。
 
 もう腹が立つので名指しで記すが観賞魚用製品メーカー「ジェックス株式会社」製のエアーポンプ、3か月持たずして空気量が激減したため先日交換部品を買ってきてセットしたのだが、信じられぬことにエアーが出ないのだ。工作大好きでメカニズムには相当に詳しいと自負するがとんでもない製品だ、詐欺で訴えてやろうか。STOP

web拍手_履歴




2010年02月04日(木) No.3147 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

平成22年2月2日。


click

 5時就寝、11時起床と停滞期はまるっきりの夜型になっちまう。晴れ間が広がったので出かけようとしながらずるずる国会中継など見てしまい小雨が降り出した午後6時過ぎになってようやく家を出る。雑用数件と二週間ぶりの買い出しだ。活発に動き回らない時はあまり食事も摂らないのであまり日々の買い物というのも無いのだ。

 最後に寄ったホームセンターのアクアリウム・コーナーで何点か生物ろ過のバクテリア溶液と濾材、エアポンプなど購入、ついでに目にとまった丈夫で飼い易いという安価な熱帯魚を二種類衝動買い、水作りのパイロットになってもらおうという魂胆。

click

 釣りの対象魚ではないためか買うときに知った魚の名前を失念してしまった。そのほかにもエアチューブやアクリル塗料など工作部材など見繕っているうちに気分がどんどんアクティブになって来て、いろいろと食材を買い込んだものの今夜はチカラを付けようと自炊は止めにして隣接する焼き肉店で一人焼き肉、昔から何かを気合入れてやろうとする時に決まってやっていたパターンだ。初めて入る店だったが清潔で明るく値段もリーズナブルなもので大満足、頼まれたアンケートには満点を付けて気分良く帰ってきたのはもう22時を回っていた。

 今日の日付は平成22年2月2日ということで、22時22分22秒の携帯電話の時計画面を写真に写そうと考えていたのだが、撮り損なった。この数字の横並びはなんとなく楽しい。この次は2月22日、その後は平成33年だからずいぶん先だ。西暦だと来年の'11.1.11と'11.11.11の11時11分11秒がメデタイな、あはは。STOP

web拍手_履歴


2010年02月02日(火) No.3145 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

雨の月曜日。


 今朝は一度目覚めるもそのまま二度寝して11時にしぶしぶ起床、雨はやはり好きじゃぁない。点けたTVで数年前の英国映画「クィーン」が放映されていて途中からだがじっくり観た。進化する大衆民主主義の微妙な部分を見事に表現されているように見え、佳作ではあるなぁと感心した。封切り当初には王室よりの内容だという批評も多かったやに聞くがそんなこたぁない、なにより主演のヘレン・ミレンは拙者と同じ年の生まれといのも親しみを覚える。

 そういやぁDVDなんぞ久しく借りて来てないがこの冷たい雨の中に出かけるほどの映画好きでもない。

 午後2時頃か外出ついでに寄ったという弟とお茶のみながらひとしきり相撲協会の理事えらびの報道を見る。公的な組織に外部からの人材を入れない事には増々おかしなことになる、ヘンだもの。STOP

web拍手_履歴



2010年02月01日(月) No.3142 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

熟睡。


click

 昨日は丸一日快晴の海辺での釣りの後、義妹が「ちらし寿司」を作ったから帰りに食べに寄ってというので喜んでごちそうになり、お腹いっぱいで帰宅後いい加減バテているはずなのにもかからわず、南伊勢の海からポリタンクに入れて持ち帰った天然海水をえっちらおっちら部屋に上げ、4時間かかりで水槽の水換えを敢行、どうも人工海水での水作りが上手くいかなかったことから磯の小魚には向かないのかもと思い、天然海水での水作りに再度チャレンジすることにしたのだ。


click

 そのせいで、今朝は10時までぐっすりと眠っていて気分よい目覚めだ。寝るために遊んでいるのか遊ぶために寝るのかなどとアホなことを考えたりしつつ覗いたサイトの「一週間のmp3参照回数」が500回をうわまっているを見てますます気分を良くする。じつは今週の火曜日だったか、この集計cgiプログラムがweb翻訳サイト経由などで他国語で書きこまれると重大なエラーを起こす事が解り、あやうく今までのデータが壊れるところだったのだ。なんとも柔なものであるが遊びだからと言い訳するしかないな。


 それでふと気になり、web翻訳サービスと商用サイトの送信フォームの関係を実害の出ない程度に探ってみたのだが、やはり不用意にweb翻訳したフォームを送信すると受け取る側は対応できない、というよりそんなこと対応する価値もないのだと理解した。ただ老舗の「Exciteウエブ翻訳」は送信フォームを表示しないようになっていたのは正しいことだと感心した。Yahoo翻訳、MSN翻訳、Google翻訳はそのあたり無頓着というか知ったこっちゃないといったサービスだ。「動的ページには対応できません」と一行書いてあるだけというのは無責任でナサケナイことだ。STOP
 【選挙】
 今日は三重県に移住後、初となる選挙投票日、もちろんローカルの市長と市議会員を選ぶものだ。正直なところ小雨降る中、億劫ではあったが民主主義国家の国民としては行かぬわけにはならぬのだと自分に言い聞かせてしぶしぶ投票所へ、歩いてすぐの近い所だったのは幸いであったが、こういう無関心の輩が今のような変な政治家を生みこのような世の中を作りだしたのだと思うとなんとも気持ちの収まりが良くない。悪いことはシトのせいにするのが一番と考える情けない小市民がここにいる、とほほ。

web拍手_履歴



2010年01月31日(日) No.3141 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

三月上旬のはづが・・・


click

 今朝は5時30分起床、4時間ほどの睡眠だったが元気に出発、南伊勢・神前浦の吉津漁港に向かう、もちろん弟も一緒だ。今日の紀伊半島はすっぽりと高気圧に覆われ良く晴れ、気温も三月上旬並みの暖かさになるとの予報だったので上下ともに防寒着を一枚減らしていつもの赤灯台堤防に陣取る。

 丁度干潮いっぱいの頃で、魚の動きももうひとつぱっとせず、それ以上に強風ではないが南寄りの風が意外に冷たく、こりゃサムイはと防寒服を着に車に戻るしまつ。お昼のサイレンがなるまではさっぱりで二人とも子メジナがぽつりぽつり、しかし堤防の際で丸々とした美味しそうなメバルが大きく竿を曲げてくれたのは幸運だった。

click
♪〜春告魚。

 昼からは風が止み、ポカポカとホントに春のような陽気で、撒き餌に群がる魚も活発となり次々と良型のグレが釣れさかる。どうやら眼前にタムロしているものでなく沖目から寄ってくるものが釣れるようだ。

 今日一番の大物は27cmの太い黒メジナ、18cm〜23cmクラスが数多く釣れたが数では弟のほうが多かったようだ。

 3時頃までのつもりが釣れ続けるので結局山に日が陰る5時過ぎまでやっていて仕舞にした。拙者は活かしバケツに小ぶりなグレ4枚とチヌの子を一尾入れ、後は全て弟の友人にあげるのだとスカリごとビニール袋に入れた。今年の夏はその友人にボートを借りる約束をしているという。津の街道沿いで大きな食堂をやっているので夕食もそこで食べようと意気揚々と向かったのだった。

 その店は弟宅にほど近く、義妹も合流して食事したのだが、プレゼントしたグレを早速捌いて刺身とアルミホイル包焼きを作ってくれたのには、さすがプロの料理人だと感心しちまった。刺身なんかはいかにも「お造り」といった見栄えの良さ、これは見習わなくちゃ。味のほうは言わずもがだ。
STOP
 昨年暮れに北海道で拙者がタチの味噌汁に大感激したのを聞いていて義妹がスーパーで見つけたからとマダラの白子を買ってきていた。そして作ってくれるというのを強引に自分で調理してみたいからとその白子を貰ってしまった。 そして帰宅後、おなかいっぱいなのになぜか調理魂に火がつきメバルの煮付けとタチの味噌汁を作ってしまった。お味のほうは・・、まぁ80点といったところ、頂くのは明日だな。

web拍手_履歴



2010年01月27日(水) No.3133 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ストレス。


 今朝は4時頃に目覚め、チャイナ・ドラマの「項羽と劉邦」を延々と観てしまったが心底にこんな活劇を見ることになんとなく疾しさみたいなものがあってこれはイカンと他のことに手を出すがどれも大して面白くもない。朝方には次第に雲が取れ良い天気となったのだが風があるしなぁと部屋にこもる理由を言い聞かすありさまで停滞期特有の行動だなぁと客観視する。

 徒然に遊ぶWindows7マシン、実にストレスを感じさせない動きでここにきてようやく完成に近いO.Sではないかと感心することしきりである。我が侭なユーザーとしてこのパソコンなる道具は汎用製品としては実に稚拙なものと思っていたがやっとトラブル無しの日用品となった感じだが、そうなるとなったでチト物足りなく思ったりと勝手なもんだ。内臓疾患などの大きな要因ともなるこのストレスはどうやらそれを乗り越えようとする本能が活力の源泉でもあるようで、確かに思うように魚が釣れないとか水槽の水が綺麗にならないとか好い音楽が出来ないとかまともな文章が書けないとか上手く写真が撮れないというのは可愛らしいストレスだ。

click

 午後から一大決心で、海水槽の水換えをする。この数週間の水質管理の失敗で魚が全滅したので心機一転、一からやり直しをすることにしたのだが、なかなか骨の折れる作業ではある。幸いフィルター関係は正常に機能しているようで3時間ほどで見違えるような海水槽となった。生き残ったシラサエビがきょとんとしていたが与えたペレットにすぐ喰らいつき一安心。エアレーションの細かな水泡を見るだけでも楽しいってのは我ながら不思議な嗜好だ。
STOP
 ブログ更新のさなか、明日は暖かい好天だということで「行こうか?」とこちらを見透かしたかのような舎弟からのメールだ。もちろんO.K.レスして釣行準備、できれば潮だまりのある小磯で遊びたいのだが良い所がまだ見当たらない。よくぞこれだけコンクリートで覆ったものだと感心するばかりだ。

web拍手_履歴



2010年01月26日(火) No.3130 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

物憂げな月曜日。


 今日一日は寝たり起きたりと昨日来からメリハリのない時間が過ぎていて、さて日記という段になると何やら虚ろな感じだが、以前と異なりそれが嫌とか不快でもないのはきっと精神に一本筋金が通ったのだろうと身勝手に思うことしきりである。躁だ鬱だと一喜一憂していた50代の頃がアホらしく思えるのは成長なのか衰退なのかは定かでないのだがいずれにせよ時の過ぎゆくまま流れに身をゆだねるというのが凡人の王道なのだ。まぁ言うならぐ〜たらということに尽きるが少し前の総理ダイジンには勘弁ならぬことだろうなぁと可笑しみを覚える。

 それにしても齢70近くにあって後進の育成こそ使命と断じえる人格というのも想像を絶するのだが世の40代、50代に際立ったしとが見当たらないのが残念でならない。STOP

web拍手_履歴



2010年01月25日(月) No.3129 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73][74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen