LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


珍しい事。


 8時就寝、12時起床。予報通りに良く晴れ上がった暖かな日になっている。

 昨日来、一大決心をし、ホーム・ページの構文を全てインターネットの共通規格でもあるW3Cバリデーションに合致させてみようという目論見なのだが、一から作った方が良いのではないかと思えるほど難航しているのだ。

 サイトのトップページなど当初、にぎやかでスーパーのチラシみたいとオホメに与かったくらいのものだが、がちゃがちゃとつぎはぎしていたせいでエラーの数も300以上だったものを20時間近くかけて、やっと残り40個くらいにまで減ってきたところだ。

 キーボードとにらめっこしていた夜中の3時頃か、弟が来て良い天気になりそうだから紀伊長島の赤岩の磯に行こうよというのを、なんと天気予報の風速ははずれそうだからイカナイと珍しく断る。

 お昼頃に釣れてるかなぁと電話を入れてみるとこれから始めるんだといっていたが、遅く出たようだ。こっちもあまりの天気の良さゆえ、そうだマリーナ堤防の先まで散歩がてらボラの風船釣りでもしてこようかと、さてっ・・STOP


【インターネットでの立ち居振る舞い、あはっ】

 W3C推奨基準にはブラウザ固有の機能はペケとなるのでMS-IE独自のmarqueeやimagemagicはいけないのだが、marqueeなどはかなりのブラウザが対応していると知った。「BrowzerShot.org」というサイトで四大OS上の合計66ものブラウザで表示した結果を示してくれるので今回は良い機会なのでどこまでアクセシビリティを向上出来るかチャレンジだ。
 ついでといっては何だが、お気に入りのサーバーソフト「BlackJumboDog」の新バージョンと旧バージョンでの比較も興味本位でやっている。それがドウシタという世界ではあるが面白いんだからしょうがないやね。

 夜、メールあってやはり今日の紀伊長島の磯は天気晴朗なれど春の風強く難儀したようだった。拙者はというと出かけるつもりがついグダグダと楽な方に傾き小空間で世界を夢見る、また大きな地震があったようだが怖いなぁ。


STOP

【新旧サーバーソフトBJDの比較】

 全く新たに作られている新バージョンは未だ正規版前のベータ版で作者は気の遠くなるほどの検証の数々を日々おこなっていると想像するも、利用するこちとらは呑気に見てるだけしかないのだが、トラブルは別にしてもサクサクすいすいと走らなくてはやはり具合が良くない。特に複数のリモートホストからの同時接続の際のperlとの連携が渋滞してしまうのが気になるが追々改善されるとこれはこれで楽しみなことだ。

click

 強風下の3日の吉津漁港から持ち帰ったカサゴ、こちらではガシラと呼ぶ根魚だが三日目にしてようやく落ち着き保護色も鮮やかに底にじっとしている。こうして見るとその胸鰭はまるで動物の足と同じように体を支えていると判る。しかしこのガシラ、針を飲み込んだのを無理に外さず糸だけ切って持ち帰ったのだが最初の一日はその影響かエラの周辺の色が白化していたのがすっかり回復しているので驚いた。

web拍手拍手 履歴




2010年03月05日(金) No.3230 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

つまらない時は・・・


 今朝は8時起床、どんよりとした曇り空に連動するかのように気持ちが奮い立たないね。フロアに広げた浮きの手入れをと始めるもあまり気が乗らない。ひとつには工作に使う材料と塗料が払底していることもある。いずれもガラクタとして処分しちまっているせいだ。

 近頃はさっぱり映画やDVD、音楽などに目が向かないのはどうしたことかなぁと不思議に思う。オリンピックなども何の感慨もなかったのだがこれはニッポン国民として拙いなと感じるも、期待していた民主党がチープな労働者集団の教員組合なんぞとつるんでいる矮小な政治と無縁じゃない。誇りが持てないもの。

 ブログ・スクリプトの不具合を調べ始めるもすぐ眠くなってしまう根性の無さ、今日は長い一日になりそうだ。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月04日(木) No.3225 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

風に吹かれて。


 今朝は4:30起床、買い物がてら舎弟のお店へ陣中見舞い、すると明日から雨だし今日は晴れるから釣りに行こうよと、まぁホントに好きなんだなぁ。予報では北西のち南東の風3mとあったので大丈夫だろうということで、早速取って返し支度をして待つ。6時過ぎには早々とやってきて即出発だ。電話で予約しておいた玉城インター側の餌屋さんで餌を調達、並んで大量の撒き餌や餌を購入していた釣り人はさっぱ舟の持ち主で17杯目だといっていたがボート釣りマニアらしく乗せてくれると誘ってくれたがまた今度と言って分かれる。度し難いマニアは我々だけではないようだ。

click

 到着した神前湾・吉津漁港はやはり風が強めだったが今日の仕掛けは使い慣れた0.8号中錘を抱かせたお気に入りの棒浮きで最初からヒトヒロの浅いタナで湧きあがる木っ端グレの群れに狙いを絞ったところ立て続けに良型のグレやチヌ、タナゴが掛ってきてこりゃぁ漁獲制限しなくちゃと思っていたところ風が強くなるとともに湧きが急に無くなり当たりもさっぱり、餌も取られなくなってしまった。18尺の長竿の弟は強風に耐えられず一寝入りするよと言うのでじゃぁ仕舞にして風裏に移動しようと久しぶりに贄浦漁港に行く。

 昼寝する弟を置いて拙者だけ早速釣り開始、ここでもすぐに数枚のグレを掛けたところでやはり風が気になりもうひとつ面白味がない。一休みの後の弟が釣り始める頃には一段と風が強くなりグレの群れもどこかへ行ってしまったようなのでお仕舞いにしたがそれでも午後3時近くになっていた。

 良く晴れてはいたがこの強風下、揃いもそろって良くやるもんだと互いに自嘲、これは趣味なんて上等なもんじゃぁないなと意見が一致したのであったSTOP


【BJD5-a19テストランニング】

click

 帰宅後走らせていたサーバーソフトの最新バージョンBJD5-a19に見慣れないアラートウインドウが表示されていた。「トレース・エラーの詳細」で詳細のテキストをコピー&ペーストしようとして失敗、詳細は分からずじまいだったのが残念。しかしサーバーは順調に走っていた。なにかimageデータがどうのこうのというような内容だったようにも思うのだが。

しかし、0:15〜22:45の間の2.4MBになるログデータでエラーが一行のみ、それもgoogle-robotが存在しないcgiのURIをリクエストしたものだった。

 ただ頭の痛いことに48種に及ぶ各種OSとブラウザでのアクセシビリティが軒並みペケになっていること、これは多分にサイトコンテンツの不備が原因なのが明らかなのでなんとかしなくちゃと、雨の日が多いことを願うしかない。
STOP


【断る】
 先日来、依頼を受けていたjob、どうにも予算案が折り合わない。目新しい内容でもないし会社員でもなきゃ無理に引き受ける筋合いの事じゃないとキッパリ断る。文科省がらみの仕事で、その予算でやって誰が潤うのかと考えるとさすがにアホらしさが先に立つのだが、おもえばそんなことを面白おかしくやっていた昔が懐かしくも愛おしく感じられる。

web拍手拍手 履歴




 
2010年03月03日(水) No.3224 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

敢えて言ってみよう。


 今朝は4:30起床、昨夜弟からどうにも消化不良の感じなので仕切り直して今日もどうかと連絡あり、天気図と予報から風も弱そうなのでイイよと返事し5:15に迎えに行く。あんな津波騒ぎの後だってぇのに余人には多分想像出来ぬ行動だろうなと思いつつ一路神前湾は吉津漁港を目指す。

 カーラジオで聞くニュースはやはり昨日の津波騒動が大半を占めるも、誰も指弾しない「大津波警報」は誤報だったろうという事実で、国民の皆さんは来なくて良かったと安堵するのだが、3m以上が想定される場合に出す警報ということでは「誤報」だろう、気象庁の謝罪のひとつもあってしかるべきなのにシレッとして予報は難しいなどと無駄に碌を食むことを恥じる様子もない。官の堕落が実に不愉快で、責任のかけらも感じられぬ。津波の高さの記録グラフを示して幼児に説明するがごとくが専門家と言えようかと、長年何を研究してるんだと情けなく思う。信賞必罰のない組織に安住する専門家はそのうち重大な過失を犯すだろうね。

 帰宅後、報道で避難勧告に従って退避所に移ったしとが6%だったという。そして住民の危険意識が希薄で問題だなんていう奴もいたが、発生から十数時間後に起きる現象をシュミレーション出来ないというほうが余程真剣味に欠けるというものだ。そりゃぁ安全サイドに警報出してりゃ無難だろうがチリの太平洋岸で巨大地震が発生となりゃ日本の沿岸住民は予報などなくたってピリピリするに決まっている、住民はそれほどバカじゃないよ。

 そんな予報はともかく、この自然災害の威力は抗いようもなく、今日の南伊勢の海でも、昨日あれだけ津波に備えたというのに真珠だなや養殖生簀に被害が続出、あれが実際に3m近い津波だったらどれだけの被害になったかと思うとさすがゾッとする。 STOP
【BJD5-a18不調】
 今朝方出しなにふと思い立ち、ニューバージョンのサーバーソフト「BJD-a18」を試しにXP互換モードで立ち上げ様子を見ることにして、お昼頃に携帯auのフルブラウザoperaで書き込みを試みたところオフラインとなり閲覧不能に、帰ってきてログを見るとやはりperlの多重起動が原因と思われる「メモリー不足」のエラーが出ていて通信が滞っている。しかしサーバーソフトがハングアップしている様子は無く、明日はとことん調べてやろうと闘志を燃やす。STOP
【そして肝心の釣りの記事】

click

 吉津港には珍しいベタ凪の一日、湧きあがる多彩な小魚に気分は高まるも、次々と付け換える仕掛けがもうひとつ納得できない。そして良く良く海中のグレの就餌動作を見ていると仕掛けの錘や浮きの色、浮き止めなどの目立つものがあると餌針の近くまで来て反転することが如実に判った。早速浮きから下に目立つ色物を一切無くしたところ、一投毎に必ず当たりが出る。ははぁ〜、この時期はこれだなと納得、湘南の海でやっていたボラの浮き釣りなんかと同じだ、カラフルなシモリ浮きやビーズ玉、浮き止めは釣りたくない時に使うものだ、あはは。グレがもっとも警戒するのは赤、次に黄色、そして白。やっぱ魚もバカじゃない、レインコートの赤もまずかったなぁ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月01日(月) No.3219 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

なんともアズマシクない。


click

 今朝5時過ぎに、めずらしく弟が迎えにきて6時出発じゃなかったかと聞くと、いやいや津波警報が出ているしどうしようかとニュースに見入る。17年ぶりの大津波警報となったのだが、官邸や政府の動きは早かったものの、いつもこの津波警報の曖昧さにはいらいらしてしまう。こんな時こそジェット機を飛ばせよとゆうことと、各地検潮所のデータ公表の遅さ、この情報化時代などと云われだして30年も経つのにさっぱりピンとこない。早朝のこの段階で、信頼に足るお方の予想では紀伊半島には午後3時前後であるという。津波の伝播速度は初期段階の数字が判りゃぁそれほど外れることはまずないものの、断言するにはあまりにも責任が大きいということかなぁ。。
 それでも行くか止しとくか一応は迷ったのだが、まぁ行くだけ行ってお昼過ぎには帰ってこようとなり、やっと着替えに取りかかる。

 表に出ると雨がまだ降っている。しかし衛星画像で見る雨雲の動きから南伊勢は8時頃に青空が広がるだろうと、予想通り神前湾に着いた頃にはすっかり晴れ上がった良い天気になっており、早速支度にかかり釣り始めるも、新しい軽い仕掛けがイマイチしっくりとこない。

 早くも町内放送や広報車がひっきりなしに用心を呼び掛けているが、まだ七時間も先のことだしと思いながらもやはり落ち着かないもんだ。目の前の筏には早朝からの釣り客が二人、道具を仕舞いだしたが迎えの渡し船がなかなか来ないのが気の毒ではあった。

click

 今日は大潮だったが魚の湧きはすごかったがなかなか餌に反応しない。でも珍しくクロメバルが元気よく竿をしならせたところで、もういいやと片づけ、早々に帰ってきた。

 津波警報に関するニュースを聞きながらの帰路、もとになったチリの大地震の情報も知ったがマグニチュード8.8だってんだから凄まじい天災だ、被災者200万人・・・
STOP
【旧に戻す】
 帰宅後20時間近く走っていたサーバーBJD5-a18のログを確認、やはり解決出来ないエラーが三つ出るので止むなく21:30にVer4.2.3に戻す。原因究明にはしばらくかかりそうだ。


web拍手拍手 履歴



2010年02月28日(日) No.3218 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

南の風。


 まだ2月というのに、すっかり春めいた陽気に鋭意今日も懲りずに南伊勢の海へ。到着した朝の8時前にもう10℃になっている、日中など日も差して17℃と十二単を半分まで減らして大丈夫であった。吉津漁港のいつもの場所に陣取りいざ釣らん、やはり南からの高気圧の接近ゆえか汐に濁りが入っていて海底まで見通せないのが唯一物足りないことだったが、木っ端グレ名人の腕は冴え渡り午前中で10枚近い釣果、他にメバルやタナゴとひっきりなしにタナを変えながらの忙しい釣りではあったが午後からはさっぱりで2時頃には嫌になりサビキを投げてカマスでもと遊ぶも錆びついた仕掛けじゃ釣れるハズもない。

 隣で釣る弟は絶不調で、先日来のリベンジだと今日は張り切っていたのだがどうやら仕掛けがしっくりこないようで迷っている様子がありありと分かる。帰りの車中でもこのスランプを抜けるには練習あるのみだともう次回の釣行の話だ、オイオイ。

 それにしても暖かかった、仕舞にした午後5時でも14℃もあったから4月中旬の気温だ。7時前に帰宅、道具を片づけ持ち帰った2匹の子メジナを水槽に入れて夕食もそこそこにバッタリ横になる、運動過多ではないのかと思うも、明日からはしばらく雨模様、休息の日々が続く。STOP

web拍手_履歴



2010年02月25日(木) No.3212 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

青空に誘われて。


 今朝は10時起床、8時間以上も熟睡だったが断片的に夢を見た、珍しいことだ。外は実に良い天気で南からの高気圧に覆われると天候が一変する。まるで4月の陽気だ。カーテンどころか窓まで開け放ち空気の入れ替え、ついでにフロアーの掃除などする。実に気持ち良いものだ。

 午後3時近くになって、あまりの天気の良さに釣られ近くのマリーナへ出かける。そして大堤防先端まで行き新しい仕掛けのテストと竿を出す。

 水温が14℃まで上がっていて地元のベテランの釣り人が伝統のボラの風船釣りで50cmオーバーのボラを10尾以上特大のスカリに確保していた。20尺の延べ竿で短冊状に切った風船をひらひらさせて餌を食わないボラを掛けバリで釣るこの時期特有の釣り方で掛る確率は抜群だ。ただあの長竿が苦手であまりやろうとは思わないのだが、なんとかダマクラかして餌釣りできないものかといろいろテストして遊ぶも、そうは問屋がおろさない。今日は駄目だったがボラが回遊していることが判ったのでなんとか餌釣りの方法を見つけたいものだ。

 暗くなる前には帰ってきたが往復3kmの散歩みたいなもんでイイ運動にはなるなぁ。と、帰る間際に釣りキチの弟からのメールで明日以降天気が崩れるから明日「久しぶりに」釣行しようよとのお誘いだ。なにが久しぶりだよと思いながらも否応もなしで了解、腰の軽さは一流だね。STOP

web拍手_履歴



2010年02月24日(水) No.3204 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70][71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen