LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


包丁。


click

 昨夜は眠いのを我慢してサイトのメンテナンスをなんとか終えたところでバッタリと、今朝9時まで熟睡、外は明るい曇り空、天気は下り坂とのことだが今週は海に行かないのでいい塩梅だと身勝手な感想。

 昨日、海辺で魚を絞めたときナイフの切れ味がまるでダメになっていてこれは拙いと今日は鋭意包丁研ぎに勤しむ。ついでにキッチンの出刃包丁もと道具立てを準備していざ開始。やはり何事もカタチからやらなくちゃぁ気合が入らぬのは性分だ。


click

 水槽の透明度が一段とクリアになり、魚も落ち着いてきて別世界がそこにある。まぁ、拙者も別世界に居るようなもんだが、あはは。

click
♪〜釣餌のあまりのシラサエビ。



STOP
【国会中継】
 のんびりと昼食を戴きながら見ていた国会の予算委員会、与党委員のメモを見ながらのどうでもいい内容の質問に、なんたる時間の無駄使いかと改めて感じたのだが、与党内で合意された予算案につまらん質問は不要だろうに。質問は疑問があってこそするものなのだよ、予算案の説明をさせるが目的なのかなぁ。

【キチッと】
 一心不乱に包丁研ぎのはずが点けっ放しの国会中継で時々気になる答弁があって思わず見てしまったりと、どうにも集中力に欠ける、というか消しときゃいいのに。
 なかでも「キチッと」を口癖のように使う演説はいただけない。というかそういう方に有為なしとが居たためしがない。その場しのぎを得意とする方々の常だが要所で使うのではなくやたら出てくる。

web拍手_履歴




2009年11月09日(月) No.2982 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

良い天気だ。


click
♪〜やっと透明に。国家予算もこうでなくちゃ。

 今朝は7時起床、外は良く晴れ絶好の釣り日和だが何故か釣りには気が向かない。まさに気儘たぁこのことだ。数日前から手を掛けている海水魚の水槽の水が麦飯石の効果か見違えるほど透明になり気分が良い。

 全国各地にある水族館というのは一種の異空間で人気のある所だがさもありなん、海中は別世界だ。この小さな水槽の中でさえ人間社会とは隔絶している感じだ。

 夕べは夜12時を回ったころからお気に入りのジャズをかけて横になったのだが3曲目を待たずして寝入ってしまったが悶々とした日々などあったのかと信じられぬくらいのなんとも心安らかな時間だ。有り体に言えば現実離れしているともいえるが拙者にとっては間違いなく現実だ。

 このところの我がニッポンの政治の光景が様変わりしていて傍観者としてはワクワクしてしまうのだが、あの事業仕分けなんてのも寝穢い国税の無駄使いの仕組みを白日の下に検証しようというのだから愉快ではないか。なんらかの大義名分のもとに費やされた費用の多くの部分がずる賢い奴らの懐に入っていて国民に利していなかったことが良く判ると思うが守旧の政治家や地方議員なんかも現在の大衆のほとんどがそれに業を煮やしていることに気付いているのか疑問のある言動が未だに多い。どう言い訳しようが半世紀の反省がちっともないのだ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年11月07日(土) No.2978 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

津・マリーナ大堤防。


click
♪〜マストに太陽。

 今朝もなぜか6時起床、こうも規則正しいと妙な気持ちになるのはよほど天邪鬼なのだ。すっぽりと高気圧に覆われて今日も良い天気、一瞬南伊勢の海とも考えたが少し疲労感があるので止めて朝食のあと2時間ほど眠る。起きたのは11時、ここは南向きの全面ガラス戸なのでカーテンを全部開けると実に明るい部屋になり気分が良い。

 水槽の魚で持ちこたえられなかったテンジクダイ2匹とヘダイの幼魚を出した。他は元気に泳ぎ回っているのを見ているうちに、マリーナで何か小物を釣ってこようと出かけることに。


click
♪〜途中目にした総髪のおじいさん、釣れたかな。

 今日は運動がてら大堤防の先まで行ってやれとキャリーに椅子代わりのクーラーボックスと竿ケースを縛りつけテクテク歩く歩く。

 秋の太陽がマリーナに繋留しているヨットのマストごしにやたら眩しい。風もなく気温も20℃前後で快適な秋の日の午後だ。


click
♪〜ちっちゃいのに精悍な顔付きだ。



 先端より100m程手前の港内側に釣り座を構えのんびりと細竿を出す。オキアミ餌ですぐにヘダイとチヌの子が釣れ、しめしめとブクに確保。その後、ゴカイ餌に木っ端グレが何枚か掛かったところで暗くなりだしたので仕舞いにして帰ってきた。

 途中、サティという全国展開の大型ショッピングセンターによってペットショップをと探したが、これがナイ。どうしてもという事でもなかったのであっさり諦め真っ直ぐ帰宅して早速ブクのチヌを水槽へ入れる。しばらくすると落ち着いた様子で、かなり澄んできた槽内でひときわ精悍な顔を見せてくれる。
新入りはなかなか餌を食べないが前から居る魚はパクパクと食べるので面白い。

 夜、電話とメールが何件かあり来週はどうやらシゴト週間となりそうなので日取りを大きくメモ書きをして良く見えるように貼る。忘れないようにしなくちゃ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年11月06日(金) No.2976 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

南伊勢町・贄浦〜♪。


click
♪〜日暮れ前の贄浦。

 今朝は6時起床、10時近くなって良く晴れた空を見ているうちにこうしちゃおれんとばかり大急ぎで準備を整え、今日は単独釣行で南伊勢・贄浦に向かう。昼過ぎに到着した赤灯台堤防の中ほどで今日は港内側に向かって釣り座を構えて店開きだ。丁度下げ潮いっぱいの頃だったせいもあるのかちっとも魚の反応がないのでツマンナイ。他の2、3人の釣り人も同じ様だが4時近くになってぽつりぽつりと当たりが出だし、グレやメバルなどが掛かったがあまり面白くない。しかし足元で小物を狙ってウミタナゴとテンジクダイが釣れたので水槽に足してやろうとブクに確保する。

 夕方のラッシュを避けるため7時までやろうと決め電気浮きに変えてすぐに20cmほどの煮付けにぴったりサイズのメバルが小気味良く竿を絞り込み釣れてきたので満足して仕舞うことに。時間を遅くしたかいあって渋滞もなく、本当に高速利用と同じ時間で帰ってこれた。

click
♪〜ウミタナゴ。


 帰宅後、例によって水槽と持ち帰ったブクの水温を合わせるためヒーターを使ってブクの温度を上げる。14℃まで下がっていたのには驚いた。そういえば贄浦の海水温、夕方計ったところ17℃とずい分低かったがこの何日かの急激な冷え込みのせいだ。


click
♪〜メバル。


 煮付けにしてやろうと活かして持ち帰ったメバルが意外に元気なので気が変わり、様子を見てやろうと他と一緒に水槽に入れた。餌が難しいので何日持つかは判らないが構やしない。


click
♪〜クロホシイシモチ。


 このテンジクダイはクロホシイシモチという名で咥内飼育で有名だが、テンジクダイ科には270以上もの種があると知って驚く。ベラ科についで多いのだという。


STOP_

web拍手_履歴



2009年11月04日(水) No.2971 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

あぁ、よく寝た。


click
♪〜クサフグ。

 今朝は6時起床、熟睡だったようで気分は上々、今日は文化の日で晴れの特異日にたがわず青空が広がっている。夕べ書きかけのままのブログ記事をアップしたころ弟が顔を出しコーヒーを煎れてしばし雑談、拙者が海水魚水槽のことをあれこれ話すと、それは興味がないから話題にしないでくれとシドイことを云う、実に遠慮のない奴だ。こうなったら来るたびに水槽のことを話してやろうと心に決める、ぎゃはは。


click

 まだ海水が馴染んでいないのにどうかとも考えたが、えぇい、ままよとサンゴ砂と砂利を水槽に追加して少しずつ思い描く海の中を作っていく、なんとも楽しい作業だが中の魚にとってはいい迷惑だ。そして水槽の周りは飛び散ったシブキでびしょびしょ、海水は匂うのでそのつどキレイにふき取るのだが、面倒なことといったら、これほど手が掛かるものは無い因果なプレジャーではある。
STOP_

web拍手_履歴



2009年11月03日(火) No.2970 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

あっという間の11月。


click
♪〜養殖真鯛の水揚げ風景。。

 今朝は4:30起床、真っ先に昨日持ち帰ったフグとウマズラハギとグレの様子を見るとハギだけやや弱っている感じがしているもののフイルターを追加したせいもあってか海水が澄んできているのが良くわか。ハギは今日一日持たないかもしれないなぁと思いながら5時にはもう出発、昨日と同じ吉津漁港に行く。天気予報では夕方から雨とあったが三時前には止めて帰って来ようと決める。

 通り道の国道23号線は今日の日曜日、駅伝があってお昼時に通行規制がかかると聞いていたが我々の行き帰りには然したる影響もないだろうと。

click
♪〜

  引っ越しして、丸二ヶ月になるがもう昔から住んでいるかのように勝手に馴染んでしまっている。大きく違うのは目論見通り、釣りの回数が圧倒的に増えたことで、10月などは21日間も釣りに行っている。首都圏に居る頃はこんな回数というのは思いもよらぬことで、遊びの一端だったが、こちらに来てからは釣りが殆んどになっている。

 朝方、多気から玉城の山中は濃い霧で南伊勢の海沿いに出る頃にはすっかり晴れ上がり、無風でベタ凪の神前湾が待っていた。今日は新しい試みをするので昨日は舎弟が陣取った港内の真鯛養殖生簀の水揚げと仕分けをする作業場所近くにポイントを決め、道具の一切合財を広げる。丁度弟とは並んで竿を出す形だが始めだすとまぁ二人ともめったなことで会話なんぞはしない、それぞれの釣りを楽しむわけだ。でないと続かないもんね。

 養殖真鯛の水揚げを真近かで見るのは初めてだったので釣りを中断してしばし見物、年中休み無くある数を水揚げして仕分け後出荷しているのだと言う。当然こぼれて逃げた奴は港内に居るものの生簀の餌に慣れているから離れないらしい。

 しかし、今日は本当に良い天気で今年18回目の最高の釣り日和り、グヤジィのは底が平坦でなく労作の仕掛けを3個も根掛かりさせちまったこと、獲物の方は中型グレが狙い通りに釣れ、もっぱら仕掛けの交換と練り餌の工夫に時間を費やす。

 午後1時ころか、さぁ〜と気温が下がってぽつりポツリと小雨模様、少し早いが切り上げようと仕舞いに掛かる。帰りも舎弟の運転でやはり楽チンだ、お昼抜きだったので少しお腹が空いたねと津に付く頃珍しく拙者が誘って混雑前の回転寿司チェ〜ン店に寄る。ここは日曜日などとても混雑するのだが4時くらいだと空いていて、さらにネタがどれもこれも良いのはお店が今日の混雑を見越して大量に仕入れた魚の一番良いタイミングを戴いたせいではなかろうかと、来るならこの時間だねと同感する。

 そして何を言い出すかと訝ったが、実は明日も休みなので行こうよということだった。あはっ、天気予報では晴れだし一人でも行こうと思っていた矢先なので、じゃぁ迎えにくるからと言って分かれる。

 やはりカワハギは駄目だった。運搬時に小さなブクだったのがいけないのだろうと見当をつけ、小型のものにしなくちゃと思った。
STOP_

web拍手_履歴



2009年11月01日(日) No.2964 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

海はホントに気紛れだ。


click
♪〜これは昨日の贄浦で広げた店。

 神前浦の吉津漁港で3時間ほど仮眠の後、暗いうちから練り餌作りに励む。市販の配合餌の他、米ぬか、サナギ粉、小麦粉、パン粉でベースになる物を大量に作り、固めと柔らか目の二種類を小さなポリバケツに作る。

 そして空が白み始めた頃に赤灯台堤防の中ほどに釣り座を構え、グレの団子釣り仕掛けでベタ底を狙う。とっ、直ぐに25cmの口太グレが釣れこりゃぁ幸先良いではないかと頬が緩む。

click
♪〜木っ端グレ名人だぁ。

 その後も次から次へと休む間もあらばこそ中小のグレが釣れ続き、自作の仕掛けが抜群の威力を発揮したことに大満足。餌の配合も良かったに違いないが分量などは適当なものだったから幸運としか言えない。

 しかし海は実にキマグレというか良く判らない、昨日はまるで魚の気配も反応もなかったのに、一転、今日はどうしたことか。先日、水槽のセットを求めた時に小型の携帯用水温計をポケットに忍ばせてきていて、昨日は19℃、そして今日の海水温は20℃と1℃高くなっているのが原因かも知れない。

click
♪〜南島大橋

 昼前にはさすがにもうイイやと仕舞うことにして刺身に出来るサイズだけ捌いて他はカモメとトンビにプレゼント。

 10cm足らずの可愛いカゴカキダイが釣れたのをエアポンプ付きのバケツに生かしておいたのを持ち帰り、組み立ててある水槽に一番乗りとさせてやろうと考え、海水もと思ったのだが急カーブ続きの帰路を考えると、待てよ、津の海で汲んで帰りゃ無難だと思い直し魚だけを積み込む。

 途中、贄浦の先、阿曽浦の真っ赤な南島大橋が見えるあたりまで来て、そういえば昨日からおにぎりと菓子パンとバナナ一本しか食べていないと気づき目についた食堂に入る。なんとなく懐かしさを感じる典型的な食堂で、女給さんがまるでドラマから抜け出たかのようなたたずまいなのが感じよく、お勧めはありますかと尋ねると、皆さん良くカツどんとか生姜焼き定食を注文されますよと云うので、じゃぁ生姜焼き定食をお願いしますと。

 料理が出来るまで真正面に見える真っ赤な南島大橋をカメラにおさめ、きっとあの橋の塗装は毎年のようにやってるんだろうなと妙なことを考えるが、悪かぁない。山々と内湾の光景は以外とくすんだ色合いだけにピリッと効く唐辛子みたいに存在感満点だ。

 空腹だったせいだけじゃなく、味も量も自分にぴったり、とても美味しかったが満腹になると当然眠気が、ということで30分ほど居眠りのあと水槽に入れる海水の事をあれこれ思案しながら途中、ホームセンターで20リットルのポリタンクを買い、先に津マリーナに寄ってそれと釣用のバケツ三つに海水を汲み用心深くトランクに載せようやく帰宅だ。

 20リットルってこんなに重かったかと嘆きつつ、何往復もして全て部屋に運び込み、さぁそれからが大仕事だった。こんなに馬力があったのかと嬉しくなったので書き出すと、

まず着ていた衣服を全部洗濯機にかけ
全身シャワーを急いでして
水槽に敷く砂利を研ぎ洗いし
運んできた海水を入れフィルター通して循環させ
海水を運んだバケツを洗い
絞めて持ち帰った獲物を捌き
水温が同じになったところでカゴカキダイを放流。

この間、4時間。

click
♪〜熊野灘からようこそ。

そしてブログを更新しながらようやく記念撮影だ。元気に泳いでいるので嬉しいったらありゃしないが、油断は出来ない。アンモニア濃度が心配種、対策を調べなくっちゃいけない。

 海水はまだまだ綺麗に透き通るはず、今は殺風景だが徐々に海底らしくするのだ。

STOP_

web拍手_履歴



2009年10月29日(木) No.2959 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66][67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen