LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日もサイコ〜♪


click

 早く寝たのは良いが案の定3時間ほどでシャキっと起床、釣り行くときはいつもそうだ。予報では27度くらいまで気温が上がるとあったが一応コットンシャツの上に毛糸のベストも着用、ウインドブレーカーも着て4時半過ぎには舎弟を迎えに行った。同行する友人というのは、はるばる栃木県からきているということだがこの一週間は雨にたたられてまだ一回しか釣行できていないという、ついてないね。
 
 道中、度会郡山中は濃い霧に覆われ楽天家としては風の弱さを期待しちまったが、いつもの神前浦、吉津漁港に着いた時にセメント工場の8時の始業サイレンが正確に鳴り響き、我らも定位置に釣り座を構える。

 今日は中潮、10時が下げいっぱいであったのだがそれまではポツリポツリと木っ端グレが釣れ、上げ出した頃からは俄然として絶好調、狙い通りの釣れかたでいやはや面白いのなんの、敵の習性を知ると釣りは100倍も楽しくなる。 なんせ仕掛けを投入するたびに必ず当たりがでるのだから忙しいことこの上ないのだが数釣るのが目的じゃぁないのでもっぱら仕掛けをいろいろ換えて反応と掛かる確率を体感する。

 魚はすれてくるとやはり上部の異物を警戒することは間違いないようで、当たりが少し遠ざかったところでハリスを1メートルと長めにとり中オモリを警戒させないようにすると、ハリス30cmの時に比べ断然食いつきは良くなるものの、針を飲み込まれてしまうのが面白くない。結局針上8cmのところにがん玉を打って僅かなあたりをヒョイと合わせるようにするのだが、0.6号は弱すぎるなぁ、都合3回ブチンと切られてしまったのは残念、大きいのも回ってきているのだ。

 今日は南東の風2mとあったが幸い日中ほとんど微風程度、気温は27℃までも上昇、当然ベストもウインドブレーカーも脱いで午後2時過ぎまで面白い釣りが出来た。

click

 帰りに弟宅で晩飯をと誘われるも時間が早いこともあり、加えて筑前煮と竜田揚げを調理してやろうと鶏肉を準備していたこともあり遠慮して真っすぐ帰宅。一休みの後、筑前煮を調理した。最後に水分を飛ばす段階でタレのお味の良さにハタと頭にうかんだのはあんかけ状態にすりゃ美味しいじゃなかろうかと脱線、そうしたのだ。アンカケ仕立ての筑前煮、こんなの初めて食べたが美味しかったよ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月25日(火) No.3370 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

あれもこれもじゃ。


click
♪〜「http://nature.desktopnexus.com/」すごい枚数の壁紙だ。

 雨の月曜日、読んでる本もなかなかけりがつかないしと事業仕分けに聞き耳たてたり古い映画を見てみたり、挙句の果ては雨なのに洗濯機をまわしてみたりと落ち着かない奴だ。しっかし、モニタの4窓での視聴はさすがに何を観ているのか、どうでもよくなっちゃうような拙い行いだな。

 サッカーはザンネンだったね、まぁしゃぁない。プレーしているわけじゃないからね。そのころに舎弟からのメールで明日の釣行を決める。友人も一緒らしいが面倒はかけないからと拙者の人嫌いを慮っての気使いだが、それほどには偏屈じゃぁないよと独り言、あはは。

 夕食を忘れていて午後8時過ぎにさてどうしたもんかと思いヤミ、手短なレトルト・カレーで済ませた、便利だねぇ。昨日のサーモン・マリネやピリ辛らラッキョの封を切り、スープに同じく昨夜の味噌汁、美味だと続けても平気だ。そういや鶏肉で竜田揚げを作らなきゃいけなかったのだがなぜか今日は気分が乗らない。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月24日(月) No.3369 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ゆったりと日曜日。


 今朝は3時間ほどの睡眠で8時半には起床、無用にすっきりとしたお目覚めだが朝食をとりながら今日の夕食には昨日買い込んだ食材で調理に時間をかけようと妙にテンションがあがる。

 時間をおいて10頁くらいずつ読み進めている司馬遼太郎さんの「空海の風景・下巻」、上巻ほど辞書を引き引きとでもなくなったがそれでも何度か読み返さなければ頭に入ってこないまどろっこしさもあったりする。それでも得心する一文であればまだ救われるがそうでもない時にはぐふぅとばかり気落ちする身勝手な読者なのだ。残りがわずかになってきたのだが明日には読み終えてるだろうな。

 夕方から始めた料理、スモークサーモンの切り落としとたっぷりのオニオンスライスを加えたマリネ、入念に調合した合わせ酢で漬けこんでやった。冷蔵庫に何時買ったか不明だが真空パックで色鮮やかなレモンが一個あったのでスライスしてみたところ痛んでる感じもなかったのでそれも加えた。

 さっぱりしたものが食べたいと感じてたので次に作ったのも似たようなものでレタスとオニオンと生ハムだけのサラダ、なんのこっちゃ同種の料理二品。その後、残っていた「乾燥糸ワカメ」をお湯で戻し、豆腐と長ネギの美味しい味噌汁を作ったところでもうイイヤと調理終了、なんかメインに作るはずだったが忘れてしまっていた。

 夕食を食べながら思い出したのは鳥肉の竜田揚げと茄子の浅漬けも作るはずだったのだが、いまサラダ、今更だ。

 ちょうどその夕食時にあのハーバードの「白熱授業」の第8回目の再放送がされているのを見つけ、しめしめと拝聴、見てなかったからね。この回は能力主義の是非、正義を問うものでなにが面白いって講義を受けているおそらくは国民の上位2%に属するであろう学生の反応や解釈がとても興味深い。今回は教授の解説がほとんどだったが次回は受講学生の討論がメインになるみたいなのでチャンスがあれば視聴したいものだ。

 持って生まれたような才能や能力は限りなく自然現象であってそれが価値ある存在となりえるのはそういう社会に限定され、逆にいえばそういう社会だからこそその能力が評価されるってえのが納得のいく話で、であれば当然その社会に還元すべきだろうというリベラリストの考えにはとても善を感じるね。

click
♪〜出典は「http://nature.desktopnexus.com」さんとこ。

 ブログに写真がないとやはり殺風景なもんだ。龍馬伝も観たし気分も上向き、来週はアウトドア・・多分。

 そういやぁTwitterの「自動フォロー」簡単にできそうだなぁと思っていたところ半年も前から作ってたしとがいた。やはりこの世の中、すばしっこい奴はいるもんだ。

フォローしている「カラパイア」さんご紹介の壁紙、テーマは自然色ってんだがなんかあの世みたいだなぁ、いや、見てきたわけじゃないが。

STOP
【撃ちてし止まん】
 ほんの70年も前には我が日本もそうであったなぁ。国破れて山河ありだ、一度はぶち壊すのが善いのかも知れんなぁ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月23日(日) No.3367 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

あ〜、ついに。


 今朝、衛星放送のワールド・ニュースで知ったのだが、英国の生化学者がついに人口生命体を創り出したという。彼らは神の領域を侵すつもりなど決してないのだと言っているがそもそも化学者とか科学者が有神論者とも考えられぬし、人為的核分裂の発明同様悩ましい問題だ。いずれグロテスクな生物が現実に現れるのは時間の問題だな。まぁそこまで生き延びるわけでもなかろうから勝手にやってろと思う反面、誰かが止めなきゃ核同様に人類にとって抜き差しならぬ問題を抱え続けることになるように感じて気分が悪い。STOP
【Twitter考】
 Twitterのおかげで日々世界中の興味ある人物の頭脳の深奥をチラリと見える感じがして実に面白い。そしてAPIを公開しているせいで多種多様のプラットホームと繋がって様々な利用のされかたがなされていて興味がつきない。  レストランの予約などをTwitter使ってサラリとやってる様子を見ると旧来のホームページのそれに比して電話と電報ほどの差があるようにも感じる。簡易ブログとかショートメールでのSNSとか固定ハンドルでの掲示板とか云われるが単純な仕組みにしたことで本質的な変化が生じたかのようで面白いのだ。なによりつぶやきといいつつ何かを訴えたいというのも良し独り言も良し、インタラクティブではあるがブロックも簡単にできるので下衆な書き込みを見なくて良いということが旧来ブログや掲示板とは違うなぁ。
 あのMSメッセンジャーなども容易にコミュニティを作れて便利なものではあったが反面うっとおしものでもあったのだ。
【ピックアップ】
 そのTwitterでふと目にするキーワード、文章で先日であったものに『「自由で貧乏」と「窮屈でお金持ち」のどちらが良いか』という問いかけがウオッチしている若者から発せられていて、つい「自由でお金持ち」が好いなぁと思ってしまったのだが究極の選択でどちらかと云われりゃ間違いなく前者だ。
【知ってて選んだのなら・・・】
 先日の事業仕分け後半のAグループだったかBグループだったかニコニコ生放送の休憩時間帯のBGMに「ワルキューレの騎行」が流れていて違和感を覚えたものだが誰もが畏怖するほどの作曲家であるR.ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の第一幕、年に一度の魔女の祭りに馳せ参じるワルキューレの飛翔を見事に音楽化したものなのだ。ワルキューレをググると解るように語源には「戦死者を選ぶ者」という意味がありこの仕分け論議の場には生ナマし過ぎ公平性に欠くような感じもして厭だったなぁ。将来ドキュメンタリー映画にでもする時には合うかもしらん。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月22日(土) No.3365 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

行きそびれて。


 今日は昼ごろから近くのヨットハーバーに出かけるつもりが事業仕分け後半二日目となるUStreamのネット中継に目が行ってしまい、結局行かずじまいに。午後、南伊勢に釣行した弟達に釣れ具合を尋ねるとあいかわらず木っ端グレばかりだが同行した友人というのは栃木県から遊びに来てとのことで面白くやってるらしい。

 さすが最近ではこの政府の事業仕分け、問い詰める側のけつまずきが甚だしくその非をあげつらう向きも居るが、ここは一点突破、6000からの腐れ法人を解体してゆくには広く公に晒し出すしか方法はないと確信するので、せめて時間のある拙者などは関心を示して見守るのが応援だろうと思うのだ。

 しかし、この「UStream」や「ニコニコ動画」での生中継やコンテンツ配信がマス・メディアに成り得るかというと、それはちとナイように思える。旧来のTV局の底力というのはやはり番組制作のノウハウにあって、いかに大多数に享けるかをとことん追求してきた蓄積ゆえニュース・報道なども長短要約して流すわけで、通信網が整備され自由化されたとしても集金の仕組みさえ工夫すりゃぁ残る組織なのではなかろうか。

 ソニーとGoogleが連携して作る旧来のテレビをブラウザーの一コンテンツとした装置を販売するといっていたが、さてどうなることやら。今のTVチュ−ナーボードを挿したPCと何が変わるのか楽しみだが単にユーザーインターフェイスが変わるってぇんなら面白くもなんともない。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月21日(金) No.3364 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

天候不順のおかげで。


 もう本を読むということを止めて6年以上も経つのだがこの天候不順でたまたま手にした司馬遼太郎さんの「空海の風景」、先日来読み始めて上巻出だしはそれこそ日に10頁も進まず、内容もその引用の莫大なことに圧倒されるのみではたして下巻まで行けるかと思っていたが、ここにきてようやく上巻を読み終え下巻にはいったのだが少し文体も変わってとても面白い。あやうく読み通してしまいそうなのを止めて後日に回すことにして、昼前から始まっていた事業仕分けの中継に目を、今回は怒り心頭に達していた空港の駐車場運営に関わる役人集団が見られるとあって注目したのだ。それだけではなく、まぁ特にヒドイところを選んだせいもあるのだろうが運転免許講習や国家資格の講習であぶく銭をかすめ取ってるところなどが次々出るに及んでそこに働く方々には申し訳ないがその存在理由の説明というより言い訳にうんざり。我が国の労働人口6600万人のうち400万公務員が一部とはいえまぁなんといろいろ工夫をこらしてきたことか、余計な心配だが現役の頃はともかく退役してからもしめしめ巧くやったと満足するものかとついあらぬ思いに駆られてしまった。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月20日(木) No.3363 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

何事も無かったかのように。


 今朝は5時半起床、昨日来用心深く消化の良いモノをと心がけ朝食には珍しくお粥など作って、頂き物に「わさび振り掛け」なる卓上タイプの一缶があり初めて封を切って食したところ、あはっ、これは美味しい、危うく丼いっぱいも食べそうになり気が付き止したのだ。程々が肝心、さっそく学習の成果が、と上機嫌、バッカだねぇ〜♪。

 今日も見事な五月晴れ、低温続きで新茶が二週間も遅れての収穫だとニュースで知る。新茶は一芯二葉を抜くように摘むんだ。ふんふん、「一槍二旗」とも云うんだね、摘んだことはないが全国の著名な茶所は一通り見ているせいかニュースで見る茶畑には心ひかれる。

click

 今日は中潮で午後2時半頃が下げいっぱいで暗くなる頃に満潮になる、ということで3時頃から津のヨットハーバー大堤防に出かけた。ほんとに雲ひとつない快晴の海、岩田川河口から伊勢湾に向かって人っ子一人居やしない、まるで空と海を独り占めの感すらして、まさにこの世の春、な〜んて浮かれているときっとまたバチが当たるな。

click

 気温が25℃にもなっていて、セーターを脱いで道具一式をキャリーに載せ大堤防の先端まで行くことにした。河側の低い方に釣り座を構え、今日は柔らかめの9尺の投げ竿で底魚が掛かるのを待とうという悠長な釣りに徹する。

 道糸2.5号を8号の中通しオモリに通しサルカンの先に30cmほどの1.5号ハリス付き丸セイゴ針を一本だけの超シンプルな仕掛けで、石ゴカイを付けひょいと投げ込んでじっと竿先を見てるだけ、なぜか昔からこの釣法が案外好きでこの間、ホントにな〜んにも考えていない。普段なにか考えてるのかと問われても答えに窮するが、やはり人並みに人間に混じっているとあれこれ思いを巡らしているように思うのだが、それに比べればということでただただぼぉ〜っとしている。

click

 満ち潮に乗って上ってくるオサカナを期待するわけだが、この釣りは工夫もなにもあったもんじゃぁない、魚が仕掛けを見つけてくれるのを待つだけで運だけが頼りってぇんだから、まぁ賭け事みたいなもんだけに恨みっこなしでなんら高邁なる意味があるとは間違っても無い。拙者の格付けではこれはもう道楽の極致ではないかとさえ思うのだ。

 とっ、竿先が激しく揺れて急ぎ巻きあげて上がってきたのは、むふふ、狙い通りのアイナメで26cmの大きさ、満足満足。そのころから続々と釣り人が来だしたのだが満潮までの2〜3時間を狙ってだろうが正解だね。

click

 その後も2度ほど当たりはあったが針掛かりせず、日が沈むころにはお仕舞いにして帰って来たのだが途中腹の調子も良いことだしと、中華食堂「あじへい」によりラーメンと餃子で夕食を済ます。もちろんいつもは頼む「おろしにんにく」はパス。
STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月17日(月) No.3356 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62][63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen