LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


気付けば早25日。


 昨日は早朝4時に出かけてあの炎天下延べ16時間も遊びまわり帰宅してからさてブログに記録と思いながらもバッタリ寝てしまった。でも出かける前に一応更新してあるので良しとするも、日記としては行動の一端を記録しておきたいと夜中の2時に起きたのでワールドカップの始まる前に書いとこ。

 24日は全国的に晴れマーク、梅雨の合間のカラッとした貴重な一日とあって仲良し舎弟をともなっていつもの南伊勢、吉津漁港に釣行。今回の餌の予約の際にはすこし厳しい言葉で念を押していたのでビックリするほど新鮮なアミエビだったのは結構なことだったね。

click


 到着した吉津漁港の赤灯台堤防、わんさかと木っ端グレやスズメダイが沸いていて、それでも工夫を凝らしてなんとか仕掛けを底近くまで落とすと10回に一度くらいの頻度で22cmオーバーのグレが掛かる、これが面白い。正確に調べたわけじゃぁないが5〜8cmのものが今年生まれたやつで、10〜18cmくらいが2年生、20〜23cmは3年物のように思うのだがこれが秋には28〜30cmになるのだろうか、このクラスが一号竿に掛かるのが一番面白いのだ。今日は持ち帰らないので全て放流、いつものポイントには朝6時前からという釣り人が一人先に入っていて10時頃には上がったのだがここにも木っ端名人がいたね、スカリにはどっさりと木っ端グレが上がっていた。

 お昼のサイレンが鳴るころ、たいがい餌取りの多さに少しうんざりしていたトンマ・ブラザーズは暑い日ざしもあって、そろそろ止そうかとなり1時には漁港を出て帰って着た。

 津に到着した頃にはまだまだ日が高く、餌もたっぷりあるしということで弟を降ろした後拙者はそのままハーバーに寄る。サバっ子を一本針で誘って釣る面白さが後を引いていてそれをやろうという魂胆。

click


 ハーバーの車を停める場所近くの船上げ場に大型クレーン船が係留されていてなにやら大きな鋼鉄製の構台を組み立てていた。尋ねると水深が浅くなったので浚渫するらしい、あはっ、良い釣りポイントになりそうだと期待しちゃうね。

 それにしても大型の重機は存在感あるよなぁ〜、つい見とれてしまう。堤防でのサバっ子は5尾ほど掛けたころから少し風が出てきたので直ぐに仕舞いにして帰って着たが御殿場から自転車で様子見に来たというおじいさん(拙者に比べ)、鋼管町の方の様子など教えてくれたのだが来週にはこちらで遊ばしてもらいまっさーと元気に帰っていった。

click


 帰宅後改めて万歩計を見ると1日で4945歩、よく歩いたなぁ。足が攣らなきゃいいけどね。シャワーを浴び急いで夕食は冷凍保存のサバっ子の味噌煮で、これホント美味しいわ。

 で、ブログ更新しようとしたのだが眠気に負けて日付が変わった25日の深夜2時過ぎ起床、上手い具合にワールドカップの日本戦が観戦できるわい。
STOP
【皆勤賞?】
 運よくワールドカップ日本vsデンマーク戦の中継を見ることが出来、しかも快勝、サッカー大好きってぇわけじゃないがこれは嬉しい。専門的なことは判らぬが前二戦とはパスの回し方がまるで違って見えたのだが気のせいかな。  ニュースで観る大喜びの群集は見ていてさらに楽しいね。あの時間帯でのTV視聴率の数字を見てビックリ、さらには視聴占有率が85%ってんだから大変なもんだ。小学生も早起きして見たなどとインタビューに嬉しそうに答えているのを拝見すると、この調子で勝ち続けるとどうなることやら。選挙がすっかりかすんでしまうが、メゲズに頑張ってもらいたいものだ。

 サッカー観戦中、ツイッターでソフトバンク・孫正義さんの株主総会?での講演があると知り拝聴した。企業家とか商売人の範疇にはとうてい収まらない明晰な頭脳の持ち主で20代の頃からその動向に注目しているのだが今回は諸手を挙げて賛同とは云えない内容だったなぁ。まぁご当人が大法螺といってるくらいだから夢のある話とも云えるがこれもまた頑張ってほしいものだ。

 昼過ぎにはさすが眠くなり2時間も昼寝の後、空を見ると今にも降り出しそうな梅雨空で雨雲レーダーで見ても広範囲に覆われて予報は小雨、でもなぜか強く降らないように思って、ヨット・ハーバーに出向く。3時間ほどの釣りだったが足元に落とし込んで小型中型のガシラが3尾ほど釣れるも今日は放流、一度はチヌらしい引き込みで上げきらずに潜られ糸を切られてしまったのだが竿が違うので止む無しだ。しかし強力な引きだったなぁ。

 雨合羽は装着していたものの、時おりポツリポツリと降るくらいで暑くなくて良かった。帰りにふと思い至ったのはなんと今週は月曜日から連日欠かさず釣りに出ている、皆勤賞ならぬ皆釣賞。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月25日(金) No.3449 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

万歩計。


 今朝は10時起床、良く寝たなぁと飛び起きる。10時間以上も寝ていたことになる、寝すぎだな。
 昨日疑いを持った万歩計、気になりだすとどうにも確かめずにはおられない、で、雨は降らないようだしサバっ子の釣り味もなかなかに楽しいので昼からハーバーに出かける。

 大堤防の付け根で万歩計をセットしキャリーに釣り道具一式を括り付けイザ出発、歩数を数えて先端まで行った。結果は実測で645歩、万歩計の表示は590歩だからして不正確というほどでもない。拙者のぶらぶら歩きのストロークは0.6mだから距離にしてなんと380mくらいしかないではないか。中ほどに表示してあるプレートの「延長1500m」ってぇのは何のことかとしばし考える。ははぁ〜、松坂側に向かって横に伸びている堤防や対岸の堤防も入れての距離ではないのかなぁ、それとも基点が違うのか、いずれにしても無意味な表示だね、プンプン。

 今日は北西の風だったので背に受けて海側に向かって陣取り1号竿での餌釣り、薄曇で日差しは柔らかく暑くも寒くもない最高の釣り日和、ただ海水をくみ上げた所赤黄色っぽく濁っていたのは赤潮でも発生しているのかな。

 しかし魚の方は良く寄って面白いように釣れる、竿下の岩場では20cmクラスのグレも釣れたり、先端の黒鯛師は良型のチヌを何枚も上げていた。タモに入る直前に糸が切れて悲鳴が上がるのも楽しい光景だ。姿を見て逃げられちゃうんだからポールにはじかれたシュートみたいなもんだ。

 日が暮れる前に仕舞おうとしてたところに舎弟から明日の釣行の打診メール、もちろん即諾、サバっ子要るかいと聞くと「要らないっ」、煮魚が嫌いなんだよなぁ、美味しいのに。

 帰宅後、明朝の冷凍アミブロックの全解凍を予約の際、前回のひどい商品のことを云って今度あのようなものを売りつけたら名指しで非難するよと注意した。悪徳商人は大嫌いなのだ。STOP
【どう考えて良いのか判らない】
 Twitterで紹介されていた動画、うぅ〜ん、確かにここ数年都会も田舎も可愛い女の子ばかりが目について不思議な感じもしていたがこうも見事にカモフラージュできるとはやはり技術の進歩ということかなぁ。確かに自然というか神様は不公平に人間を作り出しているとは思うが昔はそれこそそういう場所に行かなきゃなかなか目にすることのなかった目元パッチリ、シミひとつない美肌の女の子が全員だとなると何かつまらないもんだ。これは正義なのか「白熱授業」のサンデル教授に聞いてみたいものだ、あはは。
 でもこのモデルさんはごく普通だとも思えるが変わりようはスバラシイ。

こちら


web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月23日(水) No.3439 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

油断。


 今朝も7時前に起床するも朝食の後眠気が襲いつい居眠り、2時間ほども眠ったろうか10時過ぎにはちゃんと起きて近くの郵便局へぶらぶら用たしに。待ってるあいだ飾ってある切手シートできれいなものがあったがまだ手持ちがあるしなぁと思い止まる。

 気圧の移動がゆっくりなようで九州地方ではまだ大雨、レーダーに映る雨雲は紀伊半島も覆っているが薄曇で時おり青空さえ見える。風も穏やかだしと今日もヨーットハーバーに出向く。今日は15尺の1.5号竿でまたまたサバっ子を釣って遊ぼうという魂胆、風向きは昨日と異なり南東寄りで、海側には回ってこないようだったので、河口側に向かって陣取り釣り始める。

 程よい間隔であたりが出てサバっ子が釣れるのだが、どうも4.5mの今日の竿がしっくりこない。バランスが悪いというか対象魚が小さすぎるせいかちっとも面白くないのでじきいつもの10尺3mの一号竿に変えて釣った。

click


 しばらくして今日の暑さからいつもは手放さない長袖の綿のヨットパーカーを持ってきていないと気付いたのだが、すでに左腕がジリジリと日焼けでヤバイ感じ、いつの間にやら青空が広がって太陽がぎらぎら照っているのだ。不思議と右腕は日焼けしないのは休みなく動かしているせいだろうな。

 今日は氷をクーラーボックスにたっぷり持ってきていて少量の海水で手がしびれるほどの冷たさの中に釣ったサバっ子をキープ。20尾も釣った頃には日焼けが心配になり止めて帰ってきたが実にお手軽な釣りだ。

 出掛けにテーブルの上にあった万歩計を着けて行ったのだが帰宅後見ると2900歩、1500mの大堤防を往復するのだから5000歩くらいには成るように思っていたがちゃんとカウントしてるのかなぁ。今度数えてみよう。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月22日(火) No.3436 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

サバっ子再び。


click
♪〜大漁だ。


 今朝は7時起床、降ったり止んだりの梅雨空だが風は弱いようなので、10時頃からハーバーに新しい仕掛けを持ってサバっ子を釣りに行った。汐廻りは長潮で7:19干潮、13:51満潮なので上げ潮いっぱいまで釣ろうかということだ。
 最初は河口側を狙ったがちっとも回ってこないので外側に移動して0.5号遊動浮きの一本針での餌釣り、潮廻りとは関係なく15分周期くらいで群れが回遊しているようで面白いように釣れる。サビキでも良く掛かるのだが手返しの早さから一本釣りのほうが効率が良いし面白い。今日は先日の南伊勢での撒き餌を冷凍保存してあったものを少し持って行ってたのでタナひとヒロで狙い通り当たりが出る。嫌われ者のサバっ子だが狙って釣ると難しくはないが案外面白い。今日は持ち帰って味噌煮にしてやろうと氷持参で来ていたのだが3時間ほどで小さなバケツいっぱい、40尾近くも釣れ氷も解けだしているので急いで帰ってきた。堤防先端ではベテラン黒鯛師が昼頃に50cm近い年なしのチヌを上げていた、居るんだよなぁ。

 帰って早速捌いたがやはり始めのほうに釣った何尾かは身がやわらかくヘタっていて、なるほど、サバの生き腐れだと実感、氷をもっと持参しなくちゃと思った。

 帰りに郵便局に3件ほど用があり立ち寄ったが窓口営業が4時でお終いだとなにやらATM故障の張り紙しているお二人が妙な顔つきでおせーてくれたが、ふぅ〜ん、だるい仕事ぶりだね。STOP
【最小不幸社会の実現】
 憲法の定めるところにより万民に対して最低限度の生活を国家が保障するとともに自立を助長するという現在の生活保護のボトムアップを言っているのかワーキング・プアーと言われる搾取される労働者を救おうとするものなのか定かではないが、五体満足でも収入を得るシゴトの何たるかを理解出来ない方々とか単に駄々こねてるかのようにシゴトをしない方々を、それでも生存させようという真に篤信あふるる思いなのだと理解するのだが、現実社会で例えばパチンコ屋さんや競輪競馬場、ゲームセンターにたむろする群集を見ているとなんともやり切れない思いがするのは拙者だけじゃない。

 先日の報道でもシゴト斡旋詐欺というのか、パチンコ打つだけで収入を得られますと言って80万円の権利金を詐取されたというお婆さん、この国には自己責任がずいぶん希薄になっている。詐欺師は許せないのは当然としても、なんなんだ、これに飛びつく精神てぇのは。

【アホじゃなかろうか】
 寝ようと思ったところ菅直人新総理の消費税についての会見を見て、何を寝ぼけたこと言ってるのかと、現実的なことやるなら先に国費削減やれよと誰もが思う、アホじゃなかろうか。わが国の税を見てみろよ、所得税だけじゃない、後付けの省庁のぼったくりや保険料を入れるといい加減にしろよとぶん殴ってやりたいね。なにやら眠そうな顔つきで原稿読んでたが財務省に誑かされたのかなぁ。Twitterで毒づいてやろうとしたらOverLoadだって言うし、まったくぅ〜。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月21日(月) No.3435 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

一休み。


 今朝は6:30起床、顔を出した舎弟がマイルドセブンの新製品だといってタバコを持ってきてくれたが当人は二週間ほど前から、なにやら電子タバコなるものにはまってこの調子だと禁煙できるかも知れないと言う。それは結構なことじゃぁないかとあまり関心も沸かぬがちゃっかりタバコは頂戴するも、後でメンソールだったと気がついて折角貰ったのになぁと残念。

 朝食に昨日のサバっ子を塩焼きにしてみたが、・・・まるで美味しくなかったのはこれも残念、やはり旬、脂の乗っていないサバ塩はぱさぱさして不味いもんだ。がっかりして天気も悪いしと午前中は不貞寝を決め込む。

 日曜日はテレビと思っていたのだが、今日は「たかじんの・・・」もつまらないので釣り道具の手入れに没頭、一番良く使う一号磯竿の小型スピニングリールを分解してスプリングを作り直したり道糸を新たに巻き直したり、まぁそれだけで海辺にでも居るような錯覚さえするシンプルライフだ。

 「白熱授業」の最終回ということで18:00から一時間拝見、「正義」についての考察のまとめということもあってか特にスリリングな展開もなくちと退屈な授業だったが20:00からの「龍馬伝」は先入観を持って観るのだからして面白かったね。笑顔のチカラは大変なもんだがその威力を知らないしとや知っていても出来ないしとが居るのも其々で、強要するのは難しいなぁと感じ入る。

 昨年のこの時期もそうだったなぁと思い出したが、なぜかぶらりと小旅行が頭に浮かぶ。この地に来てはや10ヶ月、あちこち釣りに出かけるもそれが日常的となったということか、今考えているのは何故か黒部ダムと山陰の日本海沿岸、石見、隠岐の島。何度か訪れてはいるが遥か昔のこと、そういえばその頃には歳とってからの旅行なんて思いもよらぬ事だったなぁ。STOP
【父の日】

click
♪〜My Father


 6月の第三日曜日は父の日なんだ。

 皆そうだよとは良く聞くが幸せなことに拙者の場合も、思い出はどんどん良き事ばかりが膨れ上がり、思うだけで気分が良くなる。そしてこれといったエピソードも思い浮かばないのに亡くなって早40年近く経つ父親を考えると、なにはともかく物心付く頃から社会に出た後も、全て自分の好き勝手を何も言わずに許していてくれていた事に尽きるのだと、今更ながらに感謝の念は増す一方なのだ。

 それで数十年来立てかけている写真を見るだけで気分が良くなるのだからしてあだや親子の関係というのは理屈の入り込む隙がないとも思える。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月20日(日) No.3434 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

サバっ子。


 夜更かしにもかからわず今朝は6:30起床、小雨が降ったりやんだりだが昨日来家事全般に意欲的で次から次へとすることが出てくる。しかし、なんだな、身の回りをきれいにするとホントに気分が良くなる。
 昨日twitterで知った朝10時からのBS朝日の「激論!クロスファイア」で田原総一郎さんと仙谷由人官房長官の対談があるということで仙谷さんが何を語るか興味あって、めずらしく真正面からながらでなく視聴、よき統治者の資格十分と見受けられたがはや65歳になるという、つい御身大事にと健康の心配をしてしまった。

 昼前になって空が明るくなったので、完全に夏用の出で立ちでヨットハーバーにサバっ子でも釣りに行こうかと潮汐表を見ると、なになに、10:45干潮で17時頃が底裏。下げ3分から下げいっぱいまで遊べるとイソイソと出かけた。

 湿気は高めだが気温は暑いほどでもなく風も弱いので釣りには良い。大堤防先端には常連のチヌ釣り師が10人近くも居たのではないかな。サビキでサバかアジを狙うファミリーフィッシングの人々も多数いてなかなかの賑わいだが堤防が長大なこともあって混雑という程ではない。

 先端から50mくらい手前の低いほうの岸壁に道具を広げ、一号竿で浮き下ひとヒロの一本針の餌釣りでサバっ子を釣るのだが、今日は程よい間隔で当たりだ出て20cmくらいの真サバの子が二時間ほどで5尾釣れたので2時過ぎには帰ってきた。一週間前より一回りも大きくなった感じがして気分上々、途中\100ショップとスーパーなどに寄り雑貨類の衝動買い、またまたガラクタが増える。

 厳重注意が功を奏したか心なし郵便物が以前とおりポストに入っている。

 サバっ子を捌いていて、このサイズの塩焼きはどんなだろうと興味が沸き塩を振って一晩冷蔵庫に入れて置く事にした。それからやおら裁縫道具を持ち出し、買い込んできたパーツをフィッシングベストに取り付け、いっそう俊敏なるアクションを思い描く、というよりより横着に輪を掛けるわけだ。

 そんなことしているうちにサッカーが始まっていてあわててテレビを点けるも前半25分過ぎていたがまだ無得点、ガンバレ日本。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月19日(土) No.3433 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

連投。


 今朝は3:30起床、アラーム握って危うく寝過ごすところだったが45分にコールがあり、パっと起きる。大急ぎで持ち物を確認してそそくさと出発、弟を迎えに行く。あはは、外に出て待っていた、5分ほど遅刻だったからね。
 合いも変わらずだが伊勢道に乗りいつもの神前湾目指して行ったが途中玉城インター出口の餌屋さんで受け取った予約の解凍アミエビが相当痛んで古いものなのでガッカリする、こういう商売しちゃいけないなぁ。

click


 6時前には赤灯台堤防のほぼ指定席に陣取り練り餌の調合から念入りな準備にかかる。中潮で9時満潮なので一番いい時間なのだが海の色がいまいちピンとこないし、ぱらぱら撒くコマセにはスズメダイと他の小さな魚の群れが見えるのみでいつものようにグレが沸いてこないのだ。底近くに仕掛けを投入すると活発な餌取りで15秒と持たないほど木っ端グレが居ると判り、それではと仕掛けをいちだんと細く繊細にして次々と釣り上げるも今日は全て放流、たまに20cmクラスのが大きく竿を曲げるのが面白い。しかし手返しの回数は半端じゃない、暑い日ざしもあり昼頃にはや〜めたと二人の意見が一致して帰ってきた。

click


 帰路は弟が運転するというので拙者は助手席で一眠り、津の手前の嬉野PAで交代し送り届けた後帰宅したのがまだ午後3時、天気は相変わらず上々だしと荷物を一度整理したあと、今度は一人でヨットハーバーに出かけた。夕方から上げ潮で午後9時頃満潮ということで半夜釣りまでは行かぬが暗くなるまで竿を出そうかと、あわよくば先日のようにサバっ子の群れでも寄ってりゃあと考えたのだが甘かったね。3時間ほどピクリともしない浮きを眺めて夕暮れの雲を写メして帰ってきた。海は気まぐれ、魚は勝手だ。追いかける拙者は何なんだと思いながらも梅雨の合間の好天の一日をフル稼動して気が済んだ。

 夕食は久しぶりにハーバー近くの「かつ勢」でロースカツご膳の小を食す。ご飯とキャベツの御代わりは自由ですよと言われてもなぁ〜、出たものを残さぬように食べきるだけで精一杯なんですよ。勘定の時、財布にサービス券が入っていたのは幸運、日付けを見ると2月とあったから4ヶ月ぶりということか。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月17日(木) No.3429 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59][60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen